オート・メラーラ 127 mm 砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オート・メラーラ 127mm/54C
Kirishima oto.JPG
きりしまの54口径127mm単装速射砲
種類 艦砲
原開発国 イタリアの旗 イタリア
運用史
配備期間 1972年 - 現在
配備先 採用艦艇を参照
開発史
開発期間 1965年 - 1971年
製造業者 オート・メラーラ社
諸元
重量 40.6t
要員数 遠隔操作

砲弾重量 31.75 kg
口径 127 mm (5.0 in)
仰角 -15°/+83°
俯仰速度: 30°/s
旋回角 360°
旋回速度: 40°/s
発射速度 45発/分
有効射程 ±30km (誘導式VOLCANO弾の場合100km)
装填方式 マガジン・ドラム 66発

オート・メラーラ 127 mm 砲(Oto Melara 127mm gun)は、イタリアオート・メラーラ社が開発した艦載砲システム。高発射速度と軽量化を両立し、優れた性能を有する。

従来使用されてきた54口径長モデル(127/54 Compact)に加え、近年、新型の長射程弾に対応した軽量化64口径長モデル(127/64 Light Weight)も開発された。

概要[編集]

オート・メラーラ 76mmコンパクト砲のスケールアップ・モデルとして、オート・メラーラ社によって開発された速射砲システム。この当時使用されていたMk 42 54口径5インチ単装速射砲と同等以上の発射速度を維持しつつ、問題視されていた砲塔の重量化を解決し、40.6tまでの軽量化を実現した。

アメリカ海軍がMk 42の後継として開発したMk 45 5インチ砲とは異なるアプローチとして各国海軍より注目され、開発国イタリアをはじめとして、カナダ海軍日本海上自衛隊韓国海軍などでも採用された。

来歴[編集]

本砲は、後にベスト・セラーとなる76mm砲のスケールアップ・モデルとして、その1年後の1965年10月より開発が開始された。1969年5月には最初のプロトタイプが完成し、陸上射撃試験を経て1971年12月、実艦に搭載されての洋上性能試験が実施された。

1972年にはイタリア海軍に制式採用され、この年に竣工した同海軍のアウダーチェ級駆逐艦に搭載された。

機構[編集]

たかなみ型護衛艦に搭載される127mm砲

本砲システムは、露天甲板上の砲塔部と、その直下の即応弾マガジン・ドラム、さらにその下の下部揚弾ホイストおよび管制室より構成される。

弾薬は、弾火薬倉から人力で取り出されて2系統の下部揚弾ホイストに給弾され、即応弾マガジン・ドラムに装填される。使用する弾薬は半固定弾薬で、Mk 42などで使用されるアメリカ軍の54口径127ミリ砲用の弾薬も使用可能である。また、新型の64口径長モデルにおいて対地支援射撃に使用するため、ヴォルカノ減口径弾も開発されている。

即応弾マガジン・ドラムは3つ設置されており、砲塔旋回軸を中心に等間隔で配置され、各22発(計66発)が装填されている。各ドラムには異なった種類の弾薬を装填可能であり、従って、最大で3種類の弾種を即応準備弾として用意することができる。127/64 Light Weightでは4つのドラムに各14発が装填される。

マガジン・ドラムに装填された弾薬は、コントロール・パネルの操作で必要な弾種が選択され、砲塔軸上に設置された上部揚弾ホイストによって砲塔内に運弾される。砲塔内の弾薬装填装置上で信管が調整され、砲に装填されることになる。発砲後、薬莢は砲身下部の排出口より砲塔外に排出される。

砲塔は完全防水構造の強化プラスチック製シールドを備えており、Mk 45と同様、砲塔内は無人化されている。ただし下部揚弾ホイストへの給弾は人力であり、各ホイストあたり少なくとも2名の給弾手が必要であり、最大発射速度で発砲する場合、8名が配置される。

改良型[編集]

2003年より、オート・メラーラ社は本砲の砲塔を軽量化するとともに砲身を64口径長に延長し、ヴォルカノ減口径弾の射撃能力を付与する計画を実施した。この計画に基づいて開発された砲は127/64ライト・ウェイト と呼称され、砲塔重量は25トンに軽量化されているが、発射速度は毎分35発に低下し、旋回速度も遅くなっており、対空射撃の比重が減ったかわりに、対地支援が重視されているものと見られている。

ヴォルケカ減口径弾は推進薬と弾丸が一体化したユニタリー弾(単弾頭弾)で、ペイロードは従来の半分に過ぎないが、射程は、従来弾の30キロメートルに対し約100キロメートルにまで延伸される。

通常砲弾のほか、対水上射撃を主眼とした赤外線誘導弾、沿岸射撃を主眼としたINS/GPS誘導弾が開発されている。

採用艦艇[編集]

 イタリア海軍

 インド海軍

 ドイツ海軍

 オランダ海軍

 ナイジェリア海軍

 アルゼンチン海軍

 カナダ海軍

Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊

 大韓民国海軍


登場作品[編集]

アニメ・漫画[編集]

空母いぶき
こんごう型護衛艦ちょうかい」が、多良間島沖にて052A型駆逐艦「哈爾浜」と053H3型フリゲート「洛陽」に対し、本砲を用いて交戦を行い、精密砲撃によって両艦の兵装のみを破壊する。
ジパング
架空のイージス護衛艦、ゆきなみ型護衛艦の装備として登場し、その3番艦で第二次世界大戦時にタイムスリップした「みらい」に搭載されたものが、日本軍や旧アメリカ軍に対して使用される。当時としては考えられない命中率と発射速度で多数の航空機撃墜し、艦艇にはピンポイント射撃戦闘能力を奪うことを基本戦術としている。
空母ワスプ」との戦闘時、SBD ドーントレス艦上爆撃機の激突で破壊されるが、砲身は日本軍に仕様を伝え、再生に成功する[1]。アニメ版では砲身は折れず、故障と言及されるのみ。
新世紀エヴァンゲリオンシリーズ』
国連軍に参加する、こんごう型たかなみ型護衛艦に搭載されているほか、第3新東京市兵装ビルにも装備されている。
『超時空DDH ヘリ母艦南海の決戦』
第二次大戦時にタイムスリップした架空の護衛艦「うみなり」に搭載され、襲来する旧米軍機に対して使用される。

小説[編集]

川の深さは
こんごう型護衛艦こんごう」に搭載されたものが、主人公たちが奪取したAH-64 アパッチに対して使用されるが、コンピュータウイルスによって射撃管制装置が使用不能になったため、手動で操作された。
『ステルス艦カニンガム出撃』
超空自衛隊
第二次世界大戦時にタイムスリップした、たかなみ型護衛艦さざなみ」に搭載されたものが、襲来する旧アメリカ軍機を迎撃するために使用される。
亡国のイージス
架空のイージス護衛艦いそかぜ」の装備として登場。小説と漫画版では、架空のはたかぜ型護衛艦3番艦という設定のため、大規模なFRAM改修が行われたことにより、それまで搭載されていたMk 42 5インチ砲2門が、それぞれ本砲に変更されている。映画版では、「いそかぜ」役として出演した、こんごう型護衛艦みょうこう」に搭載されたものが登場する。
ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記
異世界に飛ばされた架空のイージス護衛艦「いぶき」に搭載されており、飛来する竜騎士に対する対空戦闘や対地攻撃に使用される。

ゲーム[編集]

『Wargame Red Dragon』
「Otobreda Compact」の名称で登場する。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、オリジナルの127mm砲にあった冷却装置が無く、射程や連射速度が劣るという描写がある

参考文献[編集]

  • 梅野和夫『世界の艦載兵器 砲熕兵器篇』光人社、2007年、177-182頁。
  • 野木恵一「イタリア製艦載兵器オンパレード」『世界の艦船』1986年6月号(通巻第365号)、110-111頁。
  • 松木秀夫「新しい砲弾の技術」『世界の艦船』2003年4月号(通巻609号)、76-79頁
  • 山本紀義「現代艦砲の新傾向を探る」『世界の艦船』2003年4月号(通巻609号)、70-75頁
  • 『艦載兵器ハンドブック 改訂第2版』、海人社、2002年、97頁。

外部リンク[編集]