クロタル (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
駆逐艦トゥールヴィル(D610)」艦上のCrotale EDIR

クロタル(Crotale)は、フランスのトムソンCSF社(現在のタレス社)製の対空ミサイル。短射程・軽量であることから、短距離防空ミサイルおよび個艦防空ミサイルとして運用される。

概要[編集]

イギリスによる開発を拒絶された南アフリカ国防軍の要請によって、移動式地対空ミサイルとして1964年より開発が開始され、マトラ社のミサイルとトムソンCSFのシステムにより構成されたシステムが、1971年よりカクタス(Cactus)の名称で配備が開始された。なお、南アフリカ共和国が、開発費用の85%を負担している。同時期にフランス空軍がテストを行い、これを採用したものが、R.440 クロタルである。その後、フランス海軍でもCrotale EDIR(Crotale Naval)として採用されている。

地上型のクロタルは、P-4 Rと呼ばれる車両の上部にレーダーを配し、レーダーの左右に各2発のミサイルを装備して運用される。そして、2~3両につき1両のレーダー車両が加わり、対空戦闘を支援する形となっている。 艦船搭載型のクロタルEDIRは、8発の即応弾に18発の予備弾を組み合わせたシステムである。

クロタルは採用後も発展を続け、様々なバージョンが存在する。

  • クロタル 1000/2000/3000/4000/5000:1000は初期型。2000以降は、IFFデータリンクなどの機能増強を行った発展型。
  • クロタル エヴォリュエ(Crotale évolué):電子戦に対応した発展型。
  • シャヒーンシステム(Système Shahine):サウジアラビア向けに、AMX-30の車台を利用し6連装とした装甲型。
  • クロタルNG(Crotale Nouvelle Génération):ミサイルをローランドと共通のタレス社製 VT-1に変更して8連装化し、機器を一新した新世代型。

また、中華人民共和国HQ-7ミサイルは、クロタルのコピーであるとされており、トムソンCSFの協力を得て1989年7月から開発した大韓民国KSAM天馬[1]は、クロタルNGの派生型である。

要目[編集]

R.440 クロタル クロタルNG
画像 Crotale missile launchers DSC00866.jpg Crotale p1040750.jpg
種類 短距離防空ミサイル / 個艦防空ミサイル
ミサイル マトラ R.440 タレス VT-1
全長 2.89m 2.35m
直径 150mm 165mm
全幅 540mm
重量 84kg 76kg
弾頭 高性能炸薬 (15kg) 高性能炸薬 (13kg)
射程 13,000m 11,000m
射高 5,500m 6,000m
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 指令照準線一致(CLOS)誘導
速度 マッハ2.3 マッハ3.5

脚注[編集]

  1. ^ KSAM自走地対空ミサイル「天馬」 - 日本周辺国の軍事兵器

関連項目[編集]

外部リンク[編集]