Q級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HMAS キベロン
HMAS キベロン
基本情報
種別 駆逐艦
命名基準 「Q」で始まる単語
運用者  イギリス海軍
 オーストラリア海軍
 オランダ海軍
建造数 8隻
前級 P級駆逐艦
次級 R級駆逐艦
要目
基準排水量 1,692 トン
満載排水量 2,411 トン
全長 109.2 m (358.25 ft)
全幅 10.9 m (35.75 ft)
吃水 2.9 m (9.5 ft)
ボイラー アドミラルティ式ボイラー×2基
主機関 パーソンズ式蒸気タービン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 40,000 shp
最大速力 36 ノット (67 km/h)
航続距離 4,675 海里 (8,658 km)
※20ノット巡航時
乗員 176名(嚮導艦は225名)
兵装
テンプレートを表示

Q級駆逐艦 (Q class Destroyer) はイギリス海軍駆逐艦の艦級。

本級は第3次戦時急造艦隊として1940年に建造発注され、船団護衛に従事した。本級のうち2隻が建造中の1942年オーストラリア海軍に移管され、さらに1945年の終戦直後には3隻がオーストラリア海軍、1隻がオランダ海軍に移管された。

本級では Yガンが取り外され、爆雷軌条または掃海具が追加された。

概要[編集]

O、P級に続く第3次戦時緊急計画のQ級8隻は、排水量をやや増大し、トランサム・スターンを採用しているのが特徴である。主砲は戦時型の標準装備である仰角40度の12センチMkIX単装砲に戻ったが、射撃管制装置に新型のMkII方位盤を搭載した。また2番弾薬庫を燃料庫に転用したため、O、P級より航続力はさらに延伸して15ノット換算で約6000浬に達した。レーダーや対潜装備を充実して実質的な性能が向上した反面、重量が増大し、速力も意外に低速だったが、これは当時のイギリス駆逐艦全体に共通する特徴である。

本級の在籍期間は極めて短く、大戦中に2隻が撃沈された。さらに戦没艦を除く6隻のうち5隻がオーストラリア海軍、1隻がオランダ海軍が譲渡または売却された。

また、オーストラリア海軍に譲渡された5隻のうち「クオリティ」を除く4隻が、イギリス海軍の15型フリゲートに準じる改修を受けた。


同型艦[編集]

 イギリス海軍 退役/再就役後
# 艦名 造船所 就役 退役 再就役先 # 艦名 再就役 その後
G70 クィーンボロー
HMS Queenborough
スワン・ハンター英語版 1942年
9月15日
1945年
9月
 オーストラリア海軍 G70
F02[脚注 1]
57[脚注 2]
クィーンボロー
(HMAS Queenborough
1945年
10月20日
1950年~1954年にかけて高速対潜フリゲートに改修。
1966年7月28日、練習艦に分類変更

1972年4月7日退役、1975年解体[1]

G67 クォードラント
HMS Quadrant
ホーソン・レスリー 1942年
11月26日
1945年 G11
F01[脚注 1]
クォードラント
(HMAS Quadrant
1945年
10月18日
1950年~1953年にかけて高速対潜フリゲートに改修。
1957年8月16日退役、1968年日本にて解体[2]
G45 クェイル
HMS Quail
1943年
1月7日
1943年11月15日、アドリア海にてドイツ海軍VIIC型UボートU-453」が敷設した機雷に接触し座礁。
1944年5月18日、修理のために曳航中、ターラント湾にて転覆沈没。
G62 クオリティ
HMS Quality
スワン・ハンター英語版 1942年
9月7日
1945年
10月8日
 オーストラリア海軍 G62 クオリティ
HMAS Quality
1945年
10月8日
1946年1月25日付で予備役編入。
1958年4月10日、日本にて解体[3]
G78 クエンティン
HMS Quentin
J・サミュエル・ホワイト英語版 1942年
4月15日
1942年12月2日、北アフリカにてドイツ空軍機の雷撃を受け撃沈。
G81 キベロン
HMS Quiberon
 オーストラリア海軍
就役前に移管
G81
F03[脚注 1]
キベロン
(HMAS Quiberon
1942年
1月31日
1950年~1957年にかけて高速対潜フリゲートに改修。
1964年6月26日付で予備役編入。1972年4月10日、日本にて解体[4]
G92 クイックマッチ
HMS Quickmatch
G92
F04[脚注 1]
クイックマッチ
(HMAS Quickmatch
1942年
9月14日
1950年~1955年にかけて高速対潜フリゲートに改修。
1963年4月26日付で退役。1972年7月6日、日本にて解体[5]
G09 クィリアム[脚注 3]
HMS Quilliam
ホーソン・レスリー 1942年
10月22日
1945年
11月22日
 オランダ海軍 D801 バンケルト
Hr.Ms. Banckert
1945年
11月21日
1952年4月付で退役。1957年2月1日、アントワープにて解体。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 高速対潜フリゲートに改修後の新ペナント・ナンバー
  2. ^ 練習艦に分類変更後のペナント・ナンバー
  3. ^ 嚮導駆逐艦

参考文献・サイト[編集]

  • 世界の艦船増刊第39集
  1. ^ Royal Australian Navy - HMAS Queenborough
  2. ^ Royal Australian Navy - HMAS Quadrant
  3. ^ Royal Australian Navy - HMAS Quality
  4. ^ Royal Australian Navy - HMAS Quiberon
  5. ^ Royal Australian Navy - HMAS Quickmatch

関連項目[編集]