ストバートエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エアーアランから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストバートエア
Stobart Air
Stobart Air ATR 72.jpg
IATA
RE
ICAO
STK
コールサイン
STOBART
設立 2014年3月19日
拠点空港 コーク空港
ダブリン空港
親会社 ストバートグループ
保有機材数 19機
就航地 31都市
本拠地 アイルランドの旗 アイルランド
ダブリン9区サントリー
代表者 アンディ・ジョリー(取締役社長)
従業員数 570名
外部リンク stobartair.com
テンプレートを表示

ストバートエアStobart Air、正式法人名:Stobart Air Unlimited Company)は、ダブリン9区サントリーに本社を置くアイルランドのコミューター航空会社である[1]

概要[編集]

ストバートエアは、エアリンガス・リージョナルFlybeBAシティフライヤーKLMシティホッパーの各ブランドに代わって定期航空便を運営している。ストバートエアは、エアリンガス・リージョナルのコークダブリン、Flybeのロンドン・サウスエンド、BAシティフライヤーのロンドン・シティ空港、KLMシティホッパーのアムステルダム空港に営業拠点がある。当社は570人以上を雇用している[2]

エアーアランとして1970年に設立され、2014年の大規模な借り換えによりストバートエアへの名称に変更された。エアーアラン(エアーアラン・リージョナルとして運航)は、アイルランドのダブリンに拠点を置くコミューター航空会社だった[3]。当社は、コークダブリンシャノンを拠点にエアリンガス・リージョナルに代わって定期便を運航した。

2014年3月19日、エアーアランは2014年末までにストバートエアに社名を変更すると発表した[4]

歴史[編集]

エアーアラン[編集]

エアーアラン
Aer Arann
Aer Arann logo.svg
IATA
RE
ICAO
REA
コールサイン
AER ARANN
設立 1970年
運航停止 2014年3月19日
ハブ空港 ゴールウェイ空港
マン島空港
ウォーターフォード空港
焦点空港 ダブリン空港
コーク空港
シャノン空港
マイレージサービス シルバークラブ
親会社 エバーディール・ホールディングス有限会社
保有機材数 11機
就航地 26都市
本拠地 ダブリン9区サントリー
代表者 パドレイグ・オ・セイディグ(取締役社長兼所有者)
テンプレートを表示
ダブリンのエアーアラン本社(現在はストバート本社)

エアーアランは1970年8月にジェームス・コーエンとラルフ・ランガンによって設立され、アイルランドの西海岸沖のゴールウェイアラン諸島間の路線をブリテン・ノーマンアイランダーで運航していた。当路線は、コネマーラ空港に移動され、「エアーアラン・アイランズ」として現在運航されている。2019年8月現在でも、島民用および観光用に、ピークシーズン中は1日当たり25便を運航している。

1994年に、パドレイグ・オ・セイディグとユージーン・オケリーがエアーアランを購入した。オ・セイディグとオケリーは、航空会社の路線と機材を拡大し、1998年に定期便を開始した。また、同年にアイルランド政府は、航空会社にドニゴール空港 - ダブリン空港間の公共サービス義務(PSO)路線とスライゴ空港 - ダブリン空港間のPSO路線を与えた。

2002年イギリスジャージーへの路線が開始され、2004年にはフランスブルターニュロリアンナントへの路線の導入された。

2007年、エアーアランの売上高は1億ユーロ、乗客数は115万人を超えた。

コリン・ルイスは、2008年に同社のマーケティング実績であるセールス・マーケティング部門の功績が認められ、アイルランド・マーケティング研究所から全アイルランド・マーケティング・リーダー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞した[5]

2008年、エアーアランはネクス航空とフランチャイズ契約を結び、の数か月間にBAe146航空機を使用し、アムステルダムボルドーマラガファロへの路線を導入した。ATR 72-500によって運営されていたアムステルダム線は、2009年1月14日に終了した。

2008年10月、乗客の減少により、チャーター便と他の航空会社への航空機とその乗務員のリースに焦点を当てることを含むコスト削減プログラムを実施すると発表した。最大従業員100名の解雇が必要になると述べたが、後に70名に改訂され、20%の削減に相当する。航空会社の主要ルートは変更されないままだった[6]

2010年1月、エアーアランとエアリンガスエアリンガス・リージョナルを設立し、新社の下でコークダブリンにあるエアーアランの拠点を廃止した。

2010年7月、エアーアランはコーク - ベルファスト間とコーク - ダブリン間の路線を2010年8月31日に終了することを確認した。同社のプレスリリースでは、「これらの路線を廃止する必要があり、残念ながら1機がエアーアランから離れ、スケジュールに明らかな影響を与える」と表明を出した。これにより、自社内でコーク空港から運航を行っていないが、エアリンガス・リージョナルのもとでコークでの存在感を拡大し続けていた。

2010年8月26日、エアーアランに審査官が任命された。9月8日に会社の申請についての完全な審理が行われ、エアーアランは裁判所の保護の下、暫定的な審査を経ていた。エアーアランのすべてのフライトは引き続き通常どおり運航し、ダブリンの高等裁判所はエアーアランが2011年に黒字化することを目的とした[6][7]

2010年10月イギリスの物流会社のストバートグループがエアーアランの優先買収社に指名され、2011年3月からロンドン・サウスエンド空港を拠点にし、アイルランドとおそらくフランスまで運航し、同国に拠点を開設すると発表した[8]。同年11月10日に契約は完了した。エアーアランは現在、エバーディール有限会社が所有しており、当時はエアーアランの会長であるパドレイグ・オ・セイディグが67.5%所有していた。27.5%はイギリスを拠点とするビジネスマンであるティム・キルローが所有している。ストバートグループは、2010年11月10日にそれぞれ35ユーロの優先株1ユーロを取得し、5%を保有した。同グループは、保有株式をさらに27.5%から32.5%に増やすことを開始した[9]

2011年4月7日にエアーアランは、アイルランド政府がダブリンからゴールウェイ、ノック、スライゴへの路線の資金提供を撤回した後、PSO路線を終了することを発表した[10]

2004年から2011年にかけて使用されたロゴ(一部2014年まで使用された)

2011年10月、エアーアランはゴールウェイ空港からのすべての運航を一時停止することを発表した。これには、エディンバラ、ロンドン・ルートン、ロンドン・サウスエンド、マンチェスター、ロリアンまでの各路線を含む。同社によると、これらの路線は「財政的にもはや実行可能ではない」という。空港の唯一の運営者を失ったことにより、ゴールウェイ空港は40名の一時解雇が必要であることを確認した[11]

2012年2月8日、エアーアランの最高経営責任者ポール・シュッツが辞任し、ストバート・アイルランドの責任者であるショーン・ブローガンの後任となった。これにより、ストバートグループは航空会社を管理することができるようになり、エバーディール有限会社の5%の持分をさらに27.5%から32.5%増やすオプションを行使するとの憶測を促した[12]

2012年3月2日、エアーアランが自社で運航するすべてのフライトをエアリンガス・リージョナルに移行するための最終的な話し合いが行われていることが確認された。これは、エアーアランがエアリンガス・リージョナルに代わって運航することを意味し、自主運航を廃止することになる[13]。同年3月14日、エアーアランは、REのフライト番号のロンドン・シティ - マン島線を最後に、2012年4月10日に終了自主運行を廃止することを確認した。すべての路線は3月25日にエアリンガス・リージョナルに移管され、単一のブランドへの路線が合理化された[6]

2012年11月6日、エアーアランは「持続可能なレベル」まで機能していなかったため、ウォーターフォードから撤退すると発表した。ただし、「ビジネスケースが正当化できる場合」、将来ウォーターフォードに戻る可能性はある。

2012年12月12日、ストバートグループは、エバーディール有限会社の5%の株式を27.5%から32.5%に引き上げるオプションを行使し、さらに12.5%を取得し、株式の45%を取得した。これにより、パドレイグ・オ・セイディグ議長の持分は47.5%に、ティムキルローの持分は7.5%に希釈された[14]

2013年1月25日、エアーアランのパドレイグ・オ・セイディグ会長が辞任した。したがって、ストバートグループは、2013年2月の初めまでに、エバーディール有限会社の47.5%の株式を購入すると予想されていた。これにより、エアーアランは92.5%の株式を保有できるようになる[15]

2013年4月30日、エアーアランの所有権が再編された。現在、ストバートグループが45%所有するエバーディール・ホールディングス有限会社が所有している。 その他、インベスコが42%所有、センコス証券が8%所有している。5%は、エアーアランの元会長であるパドレイグ・オ・セイディグが所有している。ストバートグループは、持ち株をさらに55%から100%増やすことにより、完全な支配権を取得するオプションがある[16]

ストバートエア[編集]

元ストバートエアATR72-200

エアーアランは2014年3月19日、2014年末までに社名をストバートエア(Stobart Air)に変更すると発表した。ストバートエアは、ストバートグループ英語版が81%、チェンコス証券が10%、エアーアランの元会長であるパドレイグ・オ・セイディグが10%所有するエバーディール・ホールディングス有限会社が所有していた。ストバートグループは、持株比率を100%に引き上げることで、航空会社を完全に制御するオプションを選択した[17][18][19][20][21][22]

2014年3月25日、ストバートエアは多様化した運用環境に応えるため、エアリンガスFlybeによる北欧とベネルクスにおける6つの路線を6月5日から5年契約で運航することを発表した[23][24]。2014年11月、ストバートエアはさらに、シティジェットに代わって2014年12月1日からカーディフからエディンバラパリ=オルリーの便を運航すると発表した[25]。後者の2つの路線はその後中止された。

2017年2月24日、ストバートグループは、エバーディール・ホールディングスの残りの19%を購入したことにより、ストバートエアの100%の買収を完了した。ストバートグループは、ストバートエアの航空機の多くを調達する航空機リース会社であるプロピウス・ホールディングス有限会社も100%所有した[26]

2018年4月、ストバートエアはFlybeから2機のエンブラエルE195をウェットリースしている。2018年後半から、ストバートエアのリース会社プロピウスは、リース会社GOALから3機のE195を取得した。これらの航空機は、2018年末までFlybeにリースされた[27]

エアリンガス・リージョナルATR72-600、ストバートエアが運営(2019)

2019年1月11日、ストバートグループとヴァージン・アトランティック航空は、Flybeの買収入札を行うためにコネクト・エアウェイズ(Connect Airways英語版)を設立した[28]。このコンソーシアムはまた、ストバートエアも引き継ぎヴァージンアトランティックのブランドで運営される統合された航空会社を作成することを目的としている[29]。他の航空会社向けのストバートエアのウェットリース事業は引き続き継続される[30]。2019年1月15日に、コネクト・エアウェイズは買収条件を増額し、Flybeの取締役会はそれを受け入れた[31]。アメリカのメサ航空による土壇場の入札にもかかわらず、取引は2019年2月21日に完了した[32]

2019年2月5日、ストバートエアは、1機のE195をKLMシティホッパーウェットリースすることにより、アムステルダム・スキポール空港ジュネーヴ空港間を毎日4便、スキポール空港とダブリン空港間を毎日4便運航することを発表した。フライトは2月25日から3月30日の間に実施される。

2020年3月5日新型コロナウイルス感染症の流行より、経営が悪化し続けている困難のため、Flybeは倒産し、自社とストバートエアが運航するFlybeのすべての路線は中止された[33]。2020年3月18日、コネクト・エアウェイズも倒産した[34]4月中旬、ストバートグループは、ストバートエアとその姉妹会社であるプロピウス・リースを買い戻す可能性を含め、行政機関と「すべてのオプションを検討する」ことを発表した[35]

2020年4月27日、ストバートグループはコネクト・エアウェイズの破産管財人からストバートエアとプロピウスリースを買い戻した。ストバートグループは当初、コネクト・エアウェイズに34万4,000ユーロを支払った。この取引は945万ユーロを超える価値があると設定されている。また、ストバートエアは、2022年以降にフランチャイズ契約を拡大するためにエアリンガスと交渉中である[36]

就航先[編集]

エアリンガス[編集]

2020年6月現在、エアリンガス・リージョナルとして運航(ウェット・リース)している定期便。

都市 空港 備考
フランスの旗 フランス レンヌ レンヌ・サンジャック空港
アイルランドの旗 アイルランド コーク コーク空港 拠点空港
ドニゴール ドニゴール空港
ダブリン ダブリン空港 拠点空港
ケリー ケリー空港
シャノン シャノン空港
マン島の旗 マン島 マン島 マン島空港
ジャージー島の旗 ジャージー ジャージー ジャージー空港 季節運航
イギリスの旗 イギリス アバディーン アバディーン空港
イースト・ミッドランズ イースト・ミッドランズ空港 2020年10月1日就航予定
エクセター エクスター空港 2020年8月28日就航予定
バーミンガム バーミンガム空港
ブリストル ブリストル空港
エディンバラ エディンバラ空港
グラスゴー グラスゴー空港
リーズ/ブラッドフォード リーズ・ブラッドフォード空港
マンチェスター マンチェスター空港
ニューカッスル・アポン・タイン ニューカッスル空港
ニューキー ニューキー空港
ベルファスト ベルファスト・シティ空港 拠点空港(2020年8月27日就航予定)
ロンドンデリー/デリー デリー空港


ブリティッシュ・エアウェイズ[編集]

2020年6月現在、BAシティフライヤーとして運航(ウェット・リース)している定期便。

都市 空港 備考
ドイツの旗 ドイツ ベルリン ベルリン・テーゲル空港
フランクフルト フランクフルト空港
アイルランドの旗 アイルランド ダブリン ダブリン空港
イタリアの旗 イタリア ミラノ ミラノ・リナーテ空港
ローマ フィウミチーノ空港
オランダの旗 オランダ ロッテルダム ロッテルダム空港
スイスの旗 スイス ジュネーヴ ジュネーヴ空港
イギリスの旗 イギリス ロンドン ロンドン・シティ空港 拠点空港


KLMオランダ航空[編集]

2020年6月現在、KLMシティホッパーとして運航(ウェット・リース)している定期便。

都市 空港 備考
ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル ブリュッセル空港
ドイツの旗 ドイツ ミュンヘン ミュンヘン空港
オランダの旗 オランダ アムステルダム アムステルダム・スキポール空港 拠点空港
 ノルウェー オスロ オスロ空港
アイルランドの旗 アイルランド ダブリン ダブリン空港
スイスの旗 スイス バーゼル バーゼル空港
イギリスの旗 イギリス ノリッジ ノリッジ空港


運航機材[編集]

2020年7月現在、ストバートエアの機材は以下の通りである。

ストバートエアの機材
機材 運用中 発注 座席数 備考
ATR42-600 1 48 エアリンガス・リージョナルとして運航
ATR72-600 13[37] 72 9機がエアリンガス・リージョナルとして、
エンブラエルE190 2 98 1機がBAシティフライヤーとして、

1機がKLMシティホッパーとして運航

合計 16


退役機材[編集]

2020年6月現在、エアーアランの退役した機材は以下の通りであり、ストバートエアが退役した機材はない。

ストバートエアの退役機材
機材 運用中 発注 座席数 備考
BAe146-200 1 48 エアリンガス・リージョナルとして運航
フォッカー50 15 72 9機がエアリンガス・リージョナルとして、

2機がFlybeとして運航

パイパーPA-31ナバホ 2 98 1機がBAシティフライヤーとして、

1機がKLMシティホッパーとして運航

エンブラエルE195 1 118 KLMシティホッパーとして運航
合計 19


サービス[編集]

アビオス[編集]

対象フライトは、エアリンガスで親会社であるインターナショナル・エアラインズ・グループアビオスポイントを獲得できる。これらはアップグレードや割引フライトに利用でき、他の航空会社や割引運賃でもポイントを獲得できる。

機内サービス[編集]

ストバートエアは、フランチャイズ先であるエアリンガスとの機内販売を、航空機の設備を調整をすることでサービス提供している。

スポンサー[編集]

エアーアランはゴールウェイ・ゲーリックフットボールチームのメインシャツスポンサーであり[38]、ロゴはコナート・ラグビーチームシャツの背面にあり、マンスター・ラグビーチームのスポンサーでもあった。

2010年12月17日、エアーアランはゴールウェイ・ゲーリックフットボールチームのスポンサーを終了すると発表した。

事故・事件関連[編集]

エピソード[編集]

エアーアランは、1997年のロマンティック・コメディの『The MatchMaker』と2014年の映画の『Calvary』で上映された。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ "Aer Arann Contact Information Archived 2010-08-21 at the Wayback Machine.." Aer Arann. Retrieved on 12 November 2009.
  2. ^ [1]. Retrieved on 10 January 2018.
  3. ^ Aerarann.com - Aer Arann Contact Information”. archive.is (2012年5月30日). 2020年6月3日閲覧。
  4. ^ Aer Arann to change corporate name to Stobart Air Archived 2014-03-20 at the Wayback Machine.. Retrieved on 19 March 2014.
  5. ^ All Ireland Marketing Awards”. web.archive.org (2012年2月18日). 2020年6月3日閲覧。
  6. ^ a b c Aerarann.com - About Aer Arann - News 2005”. web.archive.org (2005年12月10日). 2020年6月3日閲覧。
  7. ^ (英語) McAteer appointed Aer Arann examiner. (2010-09-08). https://www.rte.ie/news/2010/0908/135363-aerarann/. 
  8. ^ Regular flights from Southend airport from next March” (英語). Echo. 2020年6月3日閲覧。
  9. ^ Aer Arann on course despite plans to sell on its aircraft leasing unit” (英語). independent. 2020年6月3日閲覧。
  10. ^ (英語) Aer Arann to end three PSO routes. (2011-04-07). https://www.rte.ie/news/business/2011/0407/299606-aerarann/. 
  11. ^ (英語) Aer Arann to suspend winter Galway services. (2011-10-12). https://www.rte.ie/news/2011/1012/307304-aerarann/. 
  12. ^ Daly, Gavin. “Stobart in pilot’s seat at Aer Arann as Schutz departs” (英語). ISSN 0140-0460. https://www.thetimes.co.uk/article/stobart-in-pilots-seat-at-aer-arann-as-schutz-departs-dh9cs3mb87b 2020年6月3日閲覧。 
  13. ^ Hancock, Ciaran. “Aer Arann to cease flights in its own name” (英語). The Irish Times. 2020年6月3日閲覧。
  14. ^ Goold, Ian. “Aer Arann Rises from the Ashes” (英語). Aviation International News. 2020年6月3日閲覧。
  15. ^ End of an era as O Ceidigh quits Aer Arann” (英語). independent. 2020年6月3日閲覧。
  16. ^ Aer Arann takes off with first of new fleet” (英語). independent. 2020年6月3日閲覧。
  17. ^ Aer Arann on course despite plans to sell on its aircraft leasing unit. Retrieved on 17 July 2012.
  18. ^ Aer Arann takes off with first of new fleet. Retrieved on 19 May 2013.
  19. ^ Stobart Group Annual Report 2011 Page 68 Note 22[リンク切れ]. Retrieved on 24 September 2011.
  20. ^ Aer Arann Rises from the Ashes. Retrieved on 25 January 2013.
  21. ^ Authority to look at Aer Arann takeover. Retrieved on 25 January 2013.
  22. ^ Competition Authority clears Stobart acquisition of Aer Arann Archived 2014-02-22 at the Wayback Machine.. Retrieved on 25 January 2013.
  23. ^ Flybe agreement to bring 60 new jobs to Southend Airport. Retrieved on 29 March 2014.
  24. ^ Archived copy”. 2014年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月10日閲覧。
  25. ^ CityJet and Stobart Air ink routes agreement - Independent.ie”. 2017年12月16日閲覧。
  26. ^ [2]. Retrieved on 26 February 2017.
  27. ^ Stobart Acquire three Embraer 195's - FlyingInIreland.com”. 2019年8月27日閲覧。
  28. ^ Kaminski-Morrow, David (2019年1月11日). “Virgin Atlantic and Stobart link up to take over Flybe”. Flightglobal.com. https://www.flightglobal.com/news/articles/virgin-atlantic-and-stobart-link-up-to-take-over-fly-454952/ 
  29. ^ “Flybe rescued by Virgin and Stobart”. BBC News. (2019年1月11日). https://www.bbc.com/news/business-46834827 
  30. ^ Calder, Simon (2019年1月11日). “Consortium strikes takeover deal for Flybe” (英語). Insider Media Ltd. https://www.insidermedia.com/insider/northwest/consortium-strikes-takeover-deal-for-flybe 
  31. ^ Reals, Kerry. “Connect Airways raises takeover offer for Flybe” (英語). atwonline.com. http://atwonline.com/airlines/connect-airways-raises-takeover-offer-flybe 
  32. ^ Warrington, James (2019年2月21日). “Flybe completes sale to Virgin-led consortium” (英語). www.cityam.com. http://www.cityam.com/273638/flybe-completes-sale-virgin-led-consortium-after-dramatic 
  33. ^ Everything you need to know about the Flybe collapse” (英語). The Independent (2020年3月5日). 2020年6月3日閲覧。
  34. ^ Stobart Air parent Connect Airways in administration” (英語). ch-aviation. 2020年6月3日閲覧。
  35. ^ Dunn2020-04-16T14:02:00+01:00, Graham. “Stobart Group ponders move to buy back regional operator” (英語). Flight Global. 2020年6月3日閲覧。
  36. ^ Stobart Group confirms purchase of Dublin-based Stobart Air for €344,000” (英語). independent. 2020年6月3日閲覧。
  37. ^ 31 December 2019”. www.iaa.ie. 2020年7月11日閲覧。
  38. ^ Aer Arann swoops in to sponsor Galway | Galway City Tribune | galwaynews.ie”. web.archive.org (2011年7月21日). 2020年6月3日閲覧。
  39. ^ Shorts 3-60 Variant 100, EI-BPD. 2020年6月3日閲覧。
  40. ^ Ranter, Harro. “ASN Aircraft accident Shorts 360-100 EI-BPD Sheffield City Airport (SZD)”. aviation-safety.net. 2020年6月3日閲覧。
  41. ^ Avions de Transport Regional 72-212, EI-SLM Shannon Airport 17 July 2011 FINAL REPORT. 2020年6月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、Stobart Airに関するカテゴリがあります。