BAシティフライヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BA CityFlyer
IATA
CJ
ICAO
CFE
コールサイン
FLYER
設立 1991年 (Euroworld Airwaysとして)
ハブ空港 ロンドン・シティ空港
マイレージサービス Executive Club
会員ラウンジ Terraces Lounge
航空連合 ワンワールド
保有機材数 10機
就航地 6都市
親会社 ブリティッシュ・エアウェイズ
本拠地 イギリス エディンバラ
外部リンク http://www.british-airways.co.jp/
テンプレートを表示

BAシティフライヤー (BA CityFlyer) はブリティッシュ・エアウェイズ傘下の地方航空会社。エディンバラを本拠としているが、ロンドンシティ空港ハブ空港とする。

概要[編集]

1991年3月にAir Europe Expressが親会社のILG(International Leisure Group)の方針により解散させられた際、Air Europe Expressの経営陣が、同年5月から同社の機材Short 360と乗組員によって運航を再開させたEuroworld AirwaysBAシティフライヤーの母体である。

当初からブリティッシュ・エアウェイズとのコードシェア運航を行い、1992年には社名をCityFlyer Expressと変更する。1993年にはブリティッシュ・エアウェイズフランチャイズを受けて、当時のATR 42型機などが全てブリティッシュ・エアウェイズの塗装となり、1997年にはBAe 146型機を導入してジェット機の運航を開始、ロンドン・ガトウィック空港ハブ空港とするブリティッシュ・エアウェイズの地方路線運航会社であった。

2006年2月1日、BAコネクトに吸収合併されるが、2007年3月ブリティッシュ・エアウェイズがBAコネクトの路線の大部分をFlybeに譲渡した際、ロンドン・シティ空港発着路線はFlybeに譲渡せず、この路線を運航する路線として現在のBA CityFlyerと言う名称で復活した。

就航都市[編集]

国内線

国際線

保有機材[1][編集]

現在

※2018年現在

退役済

[編集]

  1. ^ https://www.britishairways.com/ja-jp/information/about-ba/fleet-facts

外部リンク[編集]