コナート・ラグビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コナート・ラグビー
愛称 The Devil's Own
創設年 1885年
本拠地 アイルランドの旗 ゴールウェイ
グラウンド ゴールウェイ・スポーツグラウンド
収容人数 8,100
コーチ パット・ラム
主将 ジョン・マルドゥーン
最多キャップ ジョン・マルドゥーン (275)
最多得点選手 イアン・キートリー (688)
最多トライ選手 フィオン・カール (42)
所属リーグ プロ14
2015–16 2位 (プレーオフ優勝)
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
www.connachtrugby.ie
テンプレートを表示

コナート・ラグビー(Connacht Rugby)は、アイルランドゴールウェイに本拠地を置くラグビーユニオンクラブである。現在スコットランドウェールズアイルランドイタリア南アフリカ共和国のクラブで構成されるプロ14に所属している。

歴史[編集]

1885年、アイルランドコナートの地域代表クラブとして創設されたのが始まりである。当時他の3地域の代表クラブ(レンスターマンスターアルスター)はすでに創設されていた。

1995年ラグビーユニオンのプロ化を受けてアイルランドの4クラブもプロ化することとなった。同年初めて開催されたハイネケンカップ(ヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップの前身大会)にレンスター、マンスター、アルスターは参加したがアイルランドの参加クラブの枠が3であり、コナートは参加できなかった。翌シーズン下部大会にあたる欧州チャレンジカップが開催され、ウォーレン・ガットランドに率いられたコナートはこの大会に参加することとなった。1997-98シーズンにはプール戦をトップで通過し準々決勝まで進む成績を残している(準々決勝ではフランスのSUアジャンに敗れた)。またこのシーズン限りでガットランドはコーチ職を退いている。

2001年にケルティックリーグがスタートし、コナートはこのリーグ戦でも戦うこととなった。初年度から2シーズン連続で準々決勝に進むもスコットランドグラスゴー・ウォーリアーズ、マンスターにそれぞれ敗れた。2003年にはアイルランドラグビー協会(IRFU)が経費削減のためプロクラブとしてのコナート・ラグビーを閉鎖することを検討したがファンなどの強い反対によりクラブは維持されることとなった。[1]その後チャレンジカップでプール戦を勝ち抜くことはあっても資金不足もあってケルティックリーグでは下位に沈むことが多く、2007-08シーズンからは3年連続で最下位に終わっている。

2011-12シーズン、前シーズンにレンスター・ラグビーがハイネケンカップで優勝し自動的に翌シーズンの同大会出場権を得たため、規定により同じアイルランドのコナート・ラグビーが繰り上がってハイネケンカップに初めて参加した。プール戦では5連敗で迎えた最終戦でイングランドハリクインズを破り初勝利を挙げている。また、同シーズンからケルティックリーグがプロ12と名称を変えている。

2013年、元サモア代表のパット・ラムがコーチの職についた。前シーズンのレンスターの成績により(チャレンジカップの優勝チームも翌シーズンのハイネケンカップ出場権獲得)このシーズンもハイネケンカップに出場したコナートはフランススタッド・トゥールーザンを16対14で下し、このゲームはハイネケンカップ史上最も大きな番狂わせの一つであると報じられた。[2]2015-16シーズン、プロ12のリーグ戦で2位となりプレーオフに出場すると決勝で同じくアイルランドのレンスターを20対10で下し創設から131年目にして初のタイトルを獲得した。[3]

タイトル[編集]

   優勝 - 1回 (2015-16)

関連項目[編集]

脚注[編集]