UTエアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UTエアー
UTair Aviation
UTair logo 2.svg
IATA
UT
ICAO
UTA
コールサイン
UTAIR
設立 1967年2月
ハブ空港 ハンティ・マンシースク空港
スルグト国際空港
スィクティフカル空港
ヴヌーコヴォ国際空港
ロシノ国際空港
ノヤブリスク空港
マイレージサービス STATUS
保有機材数 67機(64機発注中)
就航地 72都市
本拠地 ロシアハンティ・マンシースク
代表者 アンドレイ・マトロソフ (MD)
外部リンク http://www.utair.ru/
テンプレートを表示

UTエアー: «Авиакомпания «ЮТэйр»)はロシアハンティ・マンシースクに本拠地を置く航空会社である。ロシア国内以外にもウクライナスロバキアアルメニアペルーインド南アフリカにも子会社及び拠点を持つ。

沿革[編集]

前身は、1967年2月に設立されたアエロフロートチュメニ総局である。ソビエト連邦が1991年に崩壊した後、チュメニトランスアビア航空(TAT)になり、その後2003年に社名が現在のUTエアーになった。

就航都市[編集]

コードシェアパートナー[編集]

[2]

機材[編集]

現役機材[編集]

ATR42
国連人道支援航空サービスのために運航される737-500
UT Air 機材一覧[3]
機材 運用機材 発注機数 座席数 備考
C Y 注釈
ATR 72-500 15 70 70 [4]
ボーイング737-400 6 6 144 150 [5]
ボーイング737-500 30 8 108 116 [6]
126 126
ボーイング737-800 10 8 165 173 [7]
186 186
ボーイング737 MAX 7 30 TBA ボーイング737-400/-500後継機[8]
ボーイング737 MAX 8 TBA
Boeing 767-200ER 3 249 249 [9]
Total 65 30

その他にもヘリコプターを保有している。

退役機材[編集]

UT Air 退役機材一覧[10]
機種 運航開始 退役 備考
エアバスA321-200 2013 2015
アントノフAn-24 1993 2014
ATR 42-300 2005 2014
ボンバルディア CRJ100LR 2010 2014
ボンバルディア CRJ200LR 2010 2014
Boeing 757-200 2010 2015
ツポレフ Tu-134 1999 2014
ツポレフ Tu-154M 1992 2014
ヤコヴレフ Yak-40 1992 2012
ヤコヴレフ Yak-42 2006 2013


事故[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ UTエア・アビエーション 就航都市・路線一覧”. Flyteam. 2020年4月5日閲覧。
  2. ^ UT Air Airlines-partners”. UT Air. 2020年4月5日閲覧。
  3. ^ UTair Aviation Fleet Details and History”. Planespotters.net. 2020年4月5日閲覧。
  4. ^ ATR 72-500 Salon scheme”. UT Air. 2020年4月5日閲覧。
  5. ^ Boeing 737-400 Salon scheme”. UT Air. 2020年4月5日閲覧。
  6. ^ Boeing 737-500 Salon scheme”. UT Air. 2020年4月5日閲覧。
  7. ^ Boeing 737-800 Salon scheme”. UT Air. 2020年4月5日閲覧。
  8. ^ Russia’s UTair unveiled as customer for 30 Boeing 737MAXs”. Russian Aviation Insider. 2020年4月5日閲覧。
  9. ^ Boeing 767-200 Salon scheme”. UT Air. 2020年4月5日閲覧。
  10. ^ UTair Aviation Fleet Details and History”. Planespotters.net. 2020年4月5日閲覧。
  11. ^ ロシアのUTエアのATR72が墜落-乗員乗客43名が死傷 - Flyteam

外部リンク[編集]