ジェットエアウェイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェットエアウェイズ
Jet Airways
IATA
9W
ICAO
JAI
コールサイン
JET AIRWAYS
設立 1992年4月
ハブ空港 チャットラパティー・シヴァージー国際空港
インディラ・ガンジー国際空港
ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港
チェンナイ国際空港
ケンペゴウダ国際空港
マイレージサービス Jet Privilege
会員ラウンジ Jet Lounge
保有機材数 121機
就航地 63都市
本拠地 インドの旗 インド ムンバイ
代表者 Naresh Goyal
外部リンク http://www.jetairways.com/
テンプレートを表示

ジェットエアウェイズJet Airways)は、インド航空会社。2019年4月17日深夜に資金難により2019年4月18日から全便の運航を停止すると発表され[1]、同年6月20日よりインド倒産法による清算手続きに入った。

概要[編集]

ムンバイをハブ(本拠地)とする。民間のインドの航空会社の中では大手である[2]

航空券の座席予約システム(CRS)はSABREを利用している[3]

2019年4月18日より、全ての国内線、国際線を運航停止している[4]

歴史[編集]

1992年4月1日に設立されたジェットエアウェイズは、1993年5月5日に4機のボーイング737-300で商業運航を開始した。ヨーロッパ・北米路線を就航させ、インド第2の航空会社となる等、国営航空会社のみであったインドの航空業界に少なからず影響をもたらしたといわれている。

インドでは、同国国営のフラッグ・キャリアであるエア・インディアが主要エアラインであったが、欠航率や延着率が高い事がネックとなっていた。これに対し、ジェットエアウェイズは高い定時性を売りに、ビジネスマンなど時間に余裕のない顧客から支持を得て、2007年のインド国内における航空シェアは24.2%でトップとなった。翌2008年の調査ではキングフィッシャー航空エア・デカンの合併の影響で22.7%と若干シェアを落としたものの、エア・インディアの14.7%を凌駕しインド国内でのトップシェアを守った[5]格安航空会社が台頭する近年においても、2013年4月の調査では子会社を含めて22.6%となっており、IndiGoに続く2位につけていた[6]

2006年にエア・サハラを買収してジェットライトに社名変更した。2012年3月には、自社の格安航空部門であるジェットエアウェイズ・コネクト(Jet Airways Konnect)と統合し[7]、「ジェットコネクト(JetKonnect)」に再変更している。

2008年4月からは香港へも就航した。また、インドと北米を結ぶ路線に関しては、従来からのヨーロッパ経由に加え、アジア太平洋経由での上海経由サンフランシスコ線を運航していた(後に運休)[8]

2013年11月、エティハド航空がジェットエアウェイズの株式を取得後は同社との連携を強化、2014年10月に立ち上げた“エティハド航空パートナーズ”にも参加した[9]。なお、他国の航空会社との連携に関し、ジェットエアウェイズがスターアライアンスに加盟する可能性も報じられていた[10][11]

2014年12月からは単一ブランド戦略に伴い、ジェットコネクトについてもフルサービスに転換した[12]

2019年4月17日深夜(ムンバイ時間)、燃料費や各サービスにかかる費用を調達できなくなったため、全ての国内線、国際線の運航を4月18日から停止すると発表した[4]。ジェットエアウェイズの声明では運航停止は一時的としていたものの、資金不足に陥っており、つなぎ資金を調達できない限り運航は不可能であった[1]。最終便は、アムリトサルを発ち、4月18日にムンバイに到着したフライトだった[13]

2019年6月20日、同社はインド倒産法(the Insolvency and Bankruptcy Code)による清算手続きに入った[14]

保有機材[編集]

エアバスA330-200型機

2019年6月現在

2019年6月現在、全機運用停止となっている。

ジェットエアウェイズ 保有機材
機材名 受領済 発注済 座席数 特記
エアバス A330-200 2 254
ボーイング 737-800 2 168
ボーイング 737-900 1 166
ボーイング 737 MAX 8 3 174
ボーイング 777-300ER 6 346
合計 14  

路線[編集]

2019年6月現在、全ての便の運航を停止している。


日本への就航はなかったが、全日本空輸とコードシェア及びマイレージ提携を行っていた[15][16]

マイレージサービス[編集]

ジェット・プリヴィレッジという名前のマイレージサービスを運営していた。パートナーは以下の通り。太字はエティハド航空パートナーズ加盟航空会社。


受賞歴[編集]

  • 1997年7月 1996-1997年度 IATA国内ベスト航空会社
  • 1998年11月 インド国内ベストエアライン 国際ブランドサミット(International Brand Summit)
  • 2003年1月 旅行ホスピタリティー部門のインドで最も尊敬する会社に選出 (Business Weekly Businessworld)
  • 2004年2月 国内航空部門 (Business Traveller Awards)
  • 2008年 CNBC Awaaz Travel Awards 2008
    • ベスト ビジネスクラス
    • ベスト エコノミークラス
  • 2014年 CNBC Awaaz Travel Awards 2014
    • 国内線ベストエアライン


関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “印ジェットエアウェイズ、運航を停止 銀行支援まとまらず”. CNN. (2019年4月18日). https://www.cnn.co.jp/business/35135961.html 2019年4月24日閲覧。 
  2. ^ http://www.wlivenews.com/top-10-best-airlines-in-india-2015.html
  3. ^ Jet Airways Further Improves Operational Efficiencies with the Latest Sabre Airline Solutions Flight Operations System”. 2015年9月26日閲覧。
  4. ^ a b インドのジェットエアウェイズ、資金難で全路線を運行停止”. フライチーム (2019年4月19日). 2019年4月22日閲覧。
  5. ^ Air India sees drop in number of domestic passengers in first quarter”. The Hindu Business Line. 2015年2月8日閲覧。
  6. ^ IndiGo corners 32% of domestic market”. live mint (2014年5月20日). 2015年2月8日閲覧。
  7. ^ ジェット・エアウェイズ、LCCブランドをジェットコネクトとして統合”. フライチーム (2012年3月21日). 2015年2月8日閲覧。
  8. ^ ジェット・エアウェイズ、香港就航、5月には上海とサンフランシスコも”. トラベルビジョン (2008年4月7日). 2015年2月8日閲覧。
  9. ^ エティハド・エアウェイズ・パートナーズが始動 6社が参画”. フライチーム (2014年10月11日). 2015年2月8日閲覧。
  10. ^ スターアライアンス、インド航空会社2社の加盟を検討”. レスポンス (2013年6月5日). 2015年2月8日閲覧。
  11. ^ ライバルのエア・インディアが、全日空が所属するスターアライアンスへの加盟を保留となっていたため。2014年7月、正式に加盟した。
  12. ^ ジェットエアウェイズ、ジェットコネクトとあわせ全便でフルサービス提供”. フライチーム (2014年12月3日). 2015年2月8日閲覧。
  13. ^ India's Jet Airways suspends operations”. www.flightglobal.com. 2019年4月20日閲覧。
  14. ^ Jet Airways to go under insolvency” (英語). India Today. 2019年6月23日閲覧。
  15. ^ Jet Airways and ANA to commence Code Share on Mumbai-Tokyo route using ANA Business Jet - First Code Sharing Agreement Between an Indian And Japanese Carrier(英語)
  16. ^ ANAとジェットエアウェイズのコードシェアおよびマイレージ提携の開始について”. 全日本空輸、ジェットエアウェイズ (2008年4月7日). 2015年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]