多良間空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
多良間空港
Tarama Airport
TRA.JPG
IATA: TRA - ICAO: RORT
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 沖縄県宮古郡多良間村
種類 商業
運営者 沖縄県
運用時間 8:00 - 18:00
開港 1974年7月
敷地面積 34.9 ha
標高 10.3 m (33.8 ft)
座標 北緯24度39分14秒 東経124度40分31秒 / 北緯24.65389度 東経124.67528度 / 24.65389; 124.67528座標: 北緯24度39分14秒 東経124度40分31秒 / 北緯24.65389度 東経124.67528度 / 24.65389; 124.67528
地図
多良間空港の位置
多良間空港の位置
TRA/RORT
多良間空港の位置
多良間空港の位置
TRA/RORT
多良間空港の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
18/36 1,500×45 舗装
統計 (2016年度)
旅客数 36,331人
貨物取扱量 265 t
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
多良間空港付近の空中写真。
(1977年撮影)島の南端にあった。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

多良間空港(たらまくうこう、: Tarama Airport)は、沖縄県宮古郡多良間村多良間島)にある地方管理空港である。

概要[編集]

旧空港は、琉球政府時代の1971年に主に急病人搬送のために建設された。しかし、滑走路が短かく大型の機材が就航できなかったため、増加する航空需要を満たすことができず、また、天候の影響を受けやすかった。このため、2003年10月10日に滑走路を拡大した新空港の供用が開始された[3]。旧空港跡地は多良間村が中心となって太陽光発電を軸とした跡地利用計画を進め、2010年沖縄電力によって太陽光発電設備が完成している[4]

年間利用客数は、国内36,331人(2016年度)[2]

沿革[編集]

  • 1971年3月 - 滑走路780 mの緊急着陸場として建設[3]
  • 1971年12月12日 - 民間航空機の運航開始[3]
  • 1974年 - 滑走路を800 mに延長。第三種空港の多良間空港として供用開始。宮古空港線及び石垣空港線を開設。DHC-6(19席)が就航[3][5]
  • 2000年8月 - DHC-6が老朽化のため退役し、代わって小型のBN-2B(9席、1日7-9往復)が就航[5][3]
  • 2003年10月10日 - 新多良間空港が滑走路1,500 mにて供用開始し、DHC-8(39席、1日2往復)が就航[5]。旧空港廃止[3]
  • 2004年7月8日 - 多良間空港に名称変更[3]
  • 2006年3月 - RACによる石垣空港線廃止[6]

施設[編集]

ターミナルに売店あり[7]。空港入口には交通安全を訴える「多良間まもる君(宮古島まもる君)」が設置されている。

路線[編集]

2015年現在、琉球エアーコミューターにより宮古空港との間に1日2往復の定期便が運航している。なお、同区間はJALマイレージバンクのマイル積算対象外となっていたが、2012年7月18日搭乗分からマイル積算の対象となり、同区間は40マイルとなる[8]

かつては石垣空港との間にもRACが就航していたが、2006年3月に廃止。RAC撤退後にはエアードルフィンが不定期便として夏期季節運航していた[10]2013年10月には第一航空が多良間空港 - 石垣空港線を2015年10月を目途に運航開始する計画を表明[6]。しかし、2015年8月18日には台風の影響等で運航乗務員の訓練が遅れたため運航再開を12月1日に延期することが決定され[11]、さらに8月28日には同社の同型機が粟国空港でフェンスに衝突する事故を起こし、原因究明まで同型機の飛行ができない可能性があることから、就航時期は未定となった[12][13]2016年8月には、第一航空が、2017年6月頃に操縦士等の要員補充を考えており、2年後以降に就航見通しがあるとの見解を示している[14]

アクセス[編集]

  • 民間の路線バス、タクシー等なし。宿泊施設の多くは、空港送迎を行っている。
  • 村が道路運送法第78条に基づく自家用自動車有償旅客運送を行っており、航空機やフェリーの発着時刻に合わせ、多良間空港・多良間港(普天間地区・前泊地区)と村中心部の間で26人乗りの車両が運行されている[15][16]航空機の到着遅延時には乗客を待たず出発する場合もある。[要出典]

その他[編集]

  • 多良間VOR/DMEは整備されている[3][17]ものの、管理官所は、那覇空港事務所システム運用管理センターである。[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 多良間空港”. 沖縄県の空港. 沖縄県土木建築部. 2015年9月14日閲覧。
  2. ^ a b “平成27年空港管理状況調書” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省航空局, http://www.mlit.go.jp/common/001141842.pdf 
  3. ^ a b c d e f g h 多良間空港 沖縄県
  4. ^ 太陽光発電設備完成、旧多良間空港で実験 宮古新報、2010年8月27日
  5. ^ a b c RAC、宮古=多良間線の航空機大型化を決定 (PDF) 日本トランスオーシャン航空、2003年7月25日
  6. ^ a b “再来年10月めどに運航/多良間-石垣線”. 宮古毎日新聞. (2013年10月10日). http://www.miyakomainichi.com/2013/10/55356/ 
  7. ^ 多良間空港(空港情報) 日本航空
  8. ^ 琉球エアーコミューター(RAC)ご利用時におけるJMBサービスでの取り扱い変更について 日本航空
  9. ^ “エアードルフィン破産 負債総額は13億400万円”. 琉球新報. (2009年11月13日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-152732-storytopic-4.html 
  10. ^ 同社は2009年11月に自己破産を申請し経営破綻した。[9]
  11. ^ “第一航空、12月1日就航”. 八重山毎日新聞. (2015年8月19日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/28121/ 
  12. ^ “粟国空港事故で就航延期 第一航空(株)”. 八重山毎日新聞. (2015年8月30日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/28198/ 
  13. ^ “第一航空の波照間・多良間就航再延期へ 操縦士訓練に遅れ”. 沖縄タイムス. (2015年8月29日). http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=130663 
  14. ^ “第一航空、粟国便の来年7月再開意向を打診”. 沖縄タイムス. (2016年8月9日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/56669 2016年9月2日閲覧。 
  15. ^ 沖縄総合事務局陸運事務所『平成27年版業務概況 (PDF) 』 p.35 「自家用自動車有償運送登録一覧表」
  16. ^ アクセス・交通情報 多良間島ねっと
  17. ^ 沖縄県離島空港の現況 沖縄県

外部リンク[編集]