検疫法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
検疫法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和26年6月6日法律第201号
効力 現行法
種類 行政法
主な内容 感染症侵入防止
関連法令 感染症法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

検疫法(けんえきほう、昭和26年6月6日法律第201号)は、日本法律

目的は、国内に常在しない感染症病原体船舶航空機を介して国内に侵入することの防止と、船舶・航空機に関し感染症の予防に必要な措置を講じることにある(1条)。

構成[編集]

  • 第一章 総則(1 - 3条)
  • 第二章 検疫(4 - 23条の2)
  • 第三章 検疫所長の行うその他の衛生業務(24 - 27条の2)
  • 第四章 雑則(28 - 41条)
  • 附則

関連項目[編集]