笠岡ふれあい空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笠岡ふれあい空港
Kasaoka Airstation
笠岡ふれあい空港管理棟
笠岡ふれあい空港管理棟
IATA: N/A - ICAO: N/A
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 岡山県笠岡市カブト西町91番地
開港 1991年(平成3年)10月
座標 北緯34度28分25秒 東経133度29分20秒 / 北緯34.47361度 東経133.48889度 / 34.47361; 133.48889座標: 北緯34度28分25秒 東経133度29分20秒 / 北緯34.47361度 東経133.48889度 / 34.47361; 133.48889
公式サイト http://www.kasaoka.org/
地図
N/Aの位置(岡山県内)
N/A
N/A
N/Aの位置(日本内)
N/A
N/A
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
03 800×25 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

笠岡ふれあい空港(かさおかふれあいくうこう、英名:Kasaoka Airstation)は、岡山県笠岡市に所在し、かつて農道離着陸場として整備された空港である。1988年(昭和63年)に始まった農林水産省の農道離着陸場整備事業(通称:農道空港)の第一号として建設され、1991年(平成3年)10月に開場した。農道空港としての正式名称は笠岡地区農道離着陸場

概要[編集]

当空港は、笠岡湾干拓地の中央部に設置され、農道空港構想当時の航空法第79条但し書き「運輸大臣(現:国土交通大臣)の許可を受けた場合はこの限りではない」を適用し、農道を利用し場外での離着陸を行う場所として農産物を出荷するために整備されたものである。

当初は岡山空港との間で小型機による輸送も行われたが、他の農道空港と同様にコスト高であることや、スピードの点でも高速道路(山陽自動車道)によるトラック便の方が断然優れていることから、現在では当初の目的での使用は皆無である。地元自治体や関係団体からなる運営協議会も、事業の継続は非常に困難として2008年(平成20年)8月6日付で解散した。

施設の概要[編集]

  • 滑走路 巾25m×長800m 着陸帯 巾17.5m×長920m
  • エプロン 巾40m×長50m 誘導路 巾9.0m×長37.5m
  • 管理棟 鉄骨プレハブ造り一部2階建(気象観測施設、駐車場など)

一般人も事前に申請すれば利用が認められている。

現状[編集]

他の農道空港と同様に遊覧飛行や模型飛行機の利用がメインである。遊覧飛行は2005年度には4月から10月にかけてセスナ 172により15回実施されている。また毎月第1日曜には申し込みがあれば実施しているようである。模型飛行機(ラジコン飛行機)については随時利用されているようで、模型飛行機界では西日本のメッカといわれている。1995年には模型飛行機世界選手権が開催され、毎年秋には「大空と大地のひまわりカーニバル」が実施されている。

また、毎年空港の周辺の農地には、春には菜の花、夏にはひまわりが植えられている。なお、滑走路の東側は農道と交差しているため、飛行機使用時は農道が閉鎖されるが、実際にはほぼ常時開放されている。滑走路内は立ち入り禁止。

ギャラリー[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 写真は滑走路と交差する農道側から管理棟方向を望む。運用時は、滑走路進入禁止の機能を持たせるために寝かせている鋼製の“棒”を立てて、航空機を離着陸させる。

外部リンク[編集]