屋久島空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
屋久島空港
Yakushima Airport
Terminal building and rotary in Yaku-shima Airport Kagoshima, JAPAN.jpg
IATA: KUM - ICAO: RJFC
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 鹿児島県熊毛郡屋久島町
小瀬田
種類 商業
運営者 鹿児島県
運用時間 8:30 - 18:30
標高 37.3 m (122.4 ft)
座標 北緯30度23分08秒 東経130度39分33秒 / 北緯30.38556度 東経130.65917度 / 30.38556; 130.65917座標: 北緯30度23分08秒 東経130度39分33秒 / 北緯30.38556度 東経130.65917度 / 30.38556; 130.65917
地図
屋久島空港の位置
屋久島空港の位置
KUM
屋久島空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
14/32 NO 1,500×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
屋久島空港の位置
屋久島空港の位置
KUM/RJFC
屋久島空港の位置
屋久島空港付近の空中写真。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

屋久島空港(やくしまくうこう、: Yakushima Airport)は、鹿児島県熊毛郡屋久島町屋久島)にある地方管理空港

概要[編集]

屋久島の東側の海岸に所在する。滑走路は1500メートルで、北西から南東へ向いている。平行誘導路ターニングパッドはなく、計器着陸装置も設置されていない。エプロンは小型機対応の2バースである。

屋久島が世界遺産世界自然遺産)に登録された以降は観光需要が増加している。年間利用客数は、177,559人(2014年度)[1]

歴史[編集]

  • 1956年 - 上屋久村の村立空港として開港。500メートル滑走路を持ち、小型セスナ機でぎりぎり着陸できる規模であったという[2]
  • 1963年 - 滑走路を1,100メートルにて供用開始[3]
  • 1975年 - 滑走路を1,200メートルに延長。
  • 1976年 - 滑走路を1,500メートルに延長。

施設[編集]

路線[編集]

交通[編集]

路線バス[4][5]

運行本数は、種子島・屋久島交通が比較的多く、朝から夕方にわたり運行している。一方、まつばんだ交通バスは各路線の運行本数が非常に少ない。 ※運行本数・運賃・所要時間等の詳細は、公式サイト・観光協会サイトなどを参照。

※航空路の就航時間帯から著しく外れている路線は割愛。
自動車[6]

宮之浦港まで24 - 30分程度。安房まで20分程度。

その他[編集]

  • 屋久島VORDME/ILSが整備されているものの、管理官所は、鹿児島空港事務所システム運用管理センターである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “管内空港の利用状況概況集計表(平成26年度速報値)” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省大阪航空局, http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/pdf/h26syuukei.pdf 
  2. ^ 『目で見る種子島・屋久島の100年』(郷土出版社、2004年)、61ページ
  3. ^ 外部リンク(鹿児島県)による。(2011年8月19日閲覧)
  4. ^ 屋久島交通バス時刻表 (PDF) - 種子島・屋久島交通(屋久島観光協会サイト、2011年3月1日改正、同年8月19日閲覧)
  5. ^ 路線バス時刻表 (PDF) - まつばんだ交通バス(屋久島観光協会サイト、2011年3月1日改正、同年8月19日閲覧)
  6. ^ 屋久島空港(空港アクセス) - 日本航空(2011年8月19日閲覧)

外部リンク[編集]