スカイポートきたみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スカイポートきたみ
スカイポートきたみ
スカイポートきたみ
同センターハウス
同センターハウス
IATA: ? - ICAO: ?
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 北海道北見市豊田635番地3
種類 場外離着陸場
運営者 北見市
運用時間 水木金土日の午前9時30分~日没まで
標高 185.51 m (609 ft)
座標 北緯43度46分48秒 東経143度43分51秒 / 北緯43.78000度 東経143.73083度 / 43.78000; 143.73083座標: 北緯43度46分48秒 東経143度43分51秒 / 北緯43.78000度 東経143.73083度 / 43.78000; 143.73083
公式サイト スカイポートきたみ
地図
スカイポートきたみの位置(北海道内)
スカイポートきたみ
スカイポートきたみ
スカイポートきたみの位置(日本内)
スカイポートきたみ
スカイポートきたみ
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
10/28 NO 800×25 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

スカイポートきたみ(北見地区農道離着陸場)は、北海道北見市にある農道離着陸場。北海道や北見市などが国の補助を得て建設し、1997年(平成9年)10月に開場した。しかし当初の構想にあった旭川や帯広への農作物空輸は見通しは立たず、最初の利用はグライダーであった[1]

管理[編集]

施設は北見市が管理している[2]

施設概要[編集]

同滑走路遠望
  • 開場:1997年(平成9年)10月
  • 所在地: 北海道北見市豊田635番地3 東経 143度43分51秒 北緯 43度46分48秒
  • 管理者:北見市
  • 運用期間:5月上旬から12月下旬までの、水・木・金・土・日曜 09:30~日没まで[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「北見の農道空港、初利用はグライダー 苦肉の策は多目的化」『朝日新聞』1997年10月14日付(北海道)。
  2. ^ a b 北見地区農道離着陸場施設概要 -2017年8月23日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]