小松飛行場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小松飛行場(小松空港)
Komatsu Airbase (Komatsu Airport)
Komatsu airport terminal building.jpg
ターミナルビル
IATA: KMQ - ICAO: RJNK
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 石川県小松市
母都市 金沢市福井市
種類 軍民共用
所有者 防衛省
運営者 航空自衛隊
所在部隊 第6航空団
飛行教導群
小松救難隊
石川県消防防災航空隊
標高 6 m (18 ft)
座標 北緯36度23分38秒 東経136度24分27秒 / 北緯36.39389度 東経136.40750度 / 36.39389; 136.40750座標: 北緯36度23分38秒 東経136度24分27秒 / 北緯36.39389度 東経136.40750度 / 36.39389; 136.40750
公式サイト 小松空港公式サイト
航空自衛隊 小松基地
地図
小松飛行場の位置
小松飛行場の位置
KMQ/RJNK
小松飛行場の位置
小松飛行場の位置
KMQ/RJNK
小松飛行場の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
06/24 2,700×45 コンクリート
06T/24T
閉鎖中
2,700×45 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
上空より俯瞰

小松飛行場(こまつひこうじょう)は、石川県小松市にある軍民共用飛行場である。防衛省が管理しており、航空交通管制は航空自衛隊が行なっている[1]航空自衛隊小松基地(: JASDF Komatsu Airbase)と民間航空(民航)が滑走路を共用し、民間の施設は通称として小松空港(こまつくうこう、: Komatsu Airport)と呼ばれている[2]金沢市の南西30 kmに位置する。

概要[編集]

小松飛行場の空中写真。(1975年撮影の6枚より合成作成)。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

小松市・金沢市福井市をはじめ、石川県南部(加賀地方)および福井県北部(嶺北地方)へのアクセス拠点となっている。2001年、公共事業見直しの風潮が広まったことや福井県が「北陸新幹線・小松空港重視」に政策転換したことで福井空港のジェット化が事実上白紙になり、福井県の要望により航空会社の時刻表などには「小松(金沢・福井)」と表記されるようになっている[3]

滑走路の両側に誘導路があり、山側を航空自衛隊が、海側を民航のターミナルが利用している。民航の定期便として過去にはボーイング747クラスの離着陸があり、1980年から全日空が747SR-100を、1993年1月からは747-400を2008年3月末まで就航させていた。本州日本海側の空港では乗降客数が最も多い。計器進入装置であるILSを設置しているため、冬季の悪天候時でも欠航は比較的少ない。

主に貨物便を想定した欧米との直行便を就航可能にするために、2005年から2006年にかけ、本滑走路の舗装をかさ上げ(路盤の厚さを10cm増加)する工事が行われ、2006年12月21日から供用が開始された。本滑走路の重量制限は工事前の320tから396tに増加し、燃料を満載した国際貨物定期便などの大型機材の重量にも耐えられる構造となり、航空自衛隊の空中給油機KC-767の重量にも耐えられるものとされる。この工事に伴い、本滑走路と平行して仮滑走路が建設され、2005年3月17日から2006年12月20日まで供用された。仮滑走路は用地確保の関係上、本滑走路と97.5mしか離れていないため、2本の滑走路を同時に使用することはできない。仮滑走路は解体せず、今後の本滑走路に対する長期的な工事などがあった場合に、再び滑走路として使用される予定であるため、定期的に点検・管理されている。仮滑走路には、誤進入を防止する目的で16か所に「×」の印(禁止標識)が表記されるとともに、中央部に横書きで「KOMATSU」着陸地点付近2か所に縦書きで「こまつ」と表記されている。

統計[編集]

利用者数[編集]

元のウィキデータクエリを参照してください.

年間利用客数は、国内線1,581,054人、国際線243,874人(2018年度)[4][5]

旅客数[編集]

以下に年度別の乗降客数を示す[6]。国際線にはチャーター便を含む[6]マウスポインタを棒グラフの各要素に合わせると、該当年度の数値がポップアップする。

500,000
1,000,000
1,500,000
2,000,000
2,500,000
3,000,000
1960年度
1965年度
1970年度
1975年度
1980年度
1985年度
1990年度
1995年度
2000年度
2005年度
2010年度
2015年度
  •   国内線
  •   国際線

歴史[編集]

小松基地に関する事項は、後述の「航空自衛隊小松基地」の歴史を参照。

年表[編集]

  • 1941年昭和16年)8月 - 旧海軍農林省営林財産約140haを中心にした航空基地の整備計画に基づき、今江潟西側周辺民有地約241㎡を買収[7]
  • 1943年(昭和18年)
    • 4月1日 - 小松飛行場建設事務所を開設し、旧海軍・舞鶴鎮守府の飛行場として建設開始[8]。当時は「むじなが浜」と呼ばれた砂丘地帯であった。太平洋戦争に伴う太平洋側の基地への空襲の発生を受け、日本海側の疎開基地として整備開始されたのがきっかけとなっている[9]
  • 1944年(昭和19年)
    • 9月1日 - 小松海軍航空隊が柴山(現・加賀市)にて開設される[10]
    • 9月20日 - 豊橋海軍航空隊の退避飛行場となる[10]
    • 11月15日 - 東西1500m×100mと南北1700m×100m、2本の滑走路が完成[8]し、海軍攻撃隊2個中隊を配備。
  • 1945年(昭和20年)
  • 1952年
    • 1月 - 小松市長、小松商工会議所会頭、石川、富山、福井の各県の知事の連名で小松飛行場の民間転用を求める請願書が衆参両院に提出されたのを受けて、北陸航空輸送が同年11月に設立認可、12月1日に事業免許が交付された[12]
    • 7月26日 - 日米行政協定に基づき米軍の補助レーダー基地となる[12]
  • 1953年(昭和28年)
  • 1955年(昭和30年)
    • 7月2日 - 日本ヘリコプター輸送(現・全日本空輸)と北陸航空輸送の提携による小松 - 大阪線の週3回1日1往復の定期路線を開設[12]
  • 1956年(昭和31年) - 防衛庁より地元に対しジェット機の離着陸を希望する旨の意向を表明。以後地元では賛否両論に沸く。
  • 1957年(昭和32年)
  • 1958年(昭和33年)
    • 2月19日 - 米軍の接収解除[13]
    • 小松市長和田伝四郎が航空自衛隊と民間との併用飛行場化の立場を表明する。
  • 1959年(昭和34年)
    • 3月6日 - 国有財産北陸地方審議会の答申により北陸財務局が防衛庁が小松飛行場の使用を民間空港の併用を条件として許可。
  • 1960年(昭和35年)
    • 4月19日 - 第1次拡張工事着工。東西滑走路を2400m×45mに延長して主滑走路とし、南北滑走路を副滑走路とし1200m×45mで整備した。当時購入用地では開拓事業が進行中だったが、規模を261町歩から129町歩に縮小した[14]
  • 1960年(昭和35年)
    • 11月24日 - 防衛、運輸両事務次官による「小松飛行場に関する協定」が締結され、民航との運用協定が成立し、12月の運輸大臣告示により併用飛行場化した。
  • 1961年(昭和36年)
  • 1962年(昭和37年)
    • 4月1日 - 全日本空輸による小松 - 大阪線開設。
    • 9月23日 - 末広運動公園と共に『伸び行く日本 産業と防衛大博覧会』の会場となる(~11月6日)[注 1]
  • 1964年(昭和39年)
    • 9月 - 第2次拡張工事着工。F-104J導入のため滑走路を2700mに延長し、副滑走路を廃止。これにより残存開拓事業は中止となる[14]
  • 1972年(昭和47年)
  • 1973年(昭和48年)
  • 1979年(昭和54年)
  • 1981年(昭和56年)
    • 9月26日 - 国内線・新旅客ターミナル完成(鉄骨2階建て、一部3階建て、外観は金沢城の石川門をイメージ)[20]
  • 1984年(昭和59年)
    • 4月2日 - 国際線・新旅客ターミナル完成。
  • 1986年(昭和61年)
    • 10月1日 - 日本航空が小松 - 東京線を開設、ダブルトラック化される。
  • 1991年平成3年)
  • 1992年(平成4年)
    • 3月18日 - 防衛庁が外国の航空機の乗り入れ制限緩和を決定。これ以降、外国の航空会社によるチャーター便運用が多く行われる。
  • 1993年(平成5年)
  • 1994年平成6年)
    • 1月 - 日本とルクセンブルクの航空当局間の合意により、カーゴルックスの小松移転が決定。
    • 3月 - 石川県、小松市、空港ターミナル会社、運輸関連業界により輸入共同上屋会社として第三セクターHIACTを設立。
    • 6月 - HIACTの暫定貨物上屋完成。国際航空貨物受け入れ態勢が整う。
    • 7月2日 - 小松 - ルクセンブルク間にカーゴルックス航空による国際貨物定期便就航。
    • 12月 - 小松空港地域が輸入促進地域(Foreign Access Zone、FAZ)に指定される[注 2]
  • 1996年(平成8年)
    • 3月15日 - 国際線旅客ターミナル増改築工事完了[21]
  • 2002年(平成14年)
    • 6月27日 - HIACTの新ターミナル完成。
  • 2004年(平成16年)
  • 2005年(平成17年)
    • 3月17日 - 仮滑走路運用開始(現滑走路閉鎖)。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月28日 - 日本航空の小松 - ソウル線の運航を大韓航空に移管。同日よりコードシェア便運用を開始。
    • 12月21日 - 滑走路かさ上げ工事完了。エプロン拡張工事も完了し、駐機スポットが大型機5バースから大型機4バース、中型機2バースとなる。カーゴルックスは燃料搭載量を増大し、小松発便の千歳での技術着陸を取り止め。
  • 2009年(平成21年)
  • 2011年(平成23年)
    • 3月26日 - この日をもってフジドリームエアラインズの小松 - 静岡線が運休[24][25]
  • 2012年(平成24年)
  • 2014年(平成26年)
  • 2015年(平成27年)
  • 2016年(平成28年)
    • 3月27日 - 全日本空輸、羽田便を1日6往復から4往復に減便[28][29]
    • 3月31日 - 全日本空輸、北陸3空港(小松、富山、能登)のマルチエアポート制度の取り扱いを終了[30]
  • 2018年(平成30年)
  • 2019年(平成31年・令和元年)
  • 2020年(令和2年)
    • 3月29日 - 小松空港の運用終了時間が1時間延長され、22時30分までに変更[43]
    • 10月24日 - この日をもってアイベックスエアラインズが運航する成田便、福岡便、仙台便が運休となり、同社は撤退[44][45]。なお同社運航の福岡便は全日本空輸が運航を引き継いだ[44][45]
  • 旅客・貨物施設[編集]

    ターミナルビル(自衛隊基地側より見る)
    北陸国際航空貨物ターミナル

    いずれの施設も、北陸エアターミナルビル株式会社が運営している。

    旅客ターミナルビル1階に、各社共同のレンタカー受付がある。

    旅客施設
    貨物施設
    • HIACT(ハイアクト:北陸国際航空貨物ターミナル)
      • 第一国際貨物上屋
      • 第二国際貨物上屋
    • 国内貨物上屋

    空港内に施設をもつ行政機関・企業[編集]

    定期就航路線[編集]

    航空会社名が2社以上の場合、最前の航空会社の機材・乗務員で運航する共同運航便である。

    国内線[編集]

    航空会社就航地
    日本航空 (JAL) 東京国際空港
    日本トランスオーシャン航空 (JTA) 那覇空港
    全日本空輸 (ANA) [注 3] 新千歳空港、東京国際空港、福岡空港
    オリエンタルエアブリッジ(ORC)
    ・全日本空輸(ANA)
    福岡空港[46]
    (小松空港発)2019年度就航路線別旅客数/順位[47]
    行き先 旅客数 国内線順位
    東京国際空港 約104万人 上位26位

    国際線乗継便[編集]

    東京国際空港および福岡空港の各便には、コードシェア便として海外航空会社便名が付与される便がある。海外航空会社便名での利用は国際線乗継旅客に限られ、国内区間のみの利用は国内航空会社便名となる。

    目的地 主たる航空会社 コードシェアする航空会社
    東京国際空港 日本の旗 日本航空 (JL) 香港の旗 キャセイパシフィック航空 (CX)
    日本の旗 全日本空輸 (NH) 中華民国の旗 エバー航空 (BR) シンガポールの旗 シンガポール航空 (SQ)
    福岡空港 日本の旗 全日本空輸 (NH) タイ王国の旗 タイ国際航空 (TG)

    国際線[編集]

    旅客便[編集]

    航空会社就航地
    大韓航空 (KE)
    日本航空 (JL)
    デルタ航空 (DL)
    大韓民国の旗韓国仁川国際空港(ソウル)
    エバー航空 (BR)
    全日本空輸 (NH)
    台湾の旗台湾台湾桃園国際空港(台北)
    タイガーエア台湾 (IT) 台湾の旗台湾・台湾桃園国際空港(台北)
    中国東方航空 (MU)
    ・ 日本航空 (JL)
    中華人民共和国の旗中国上海浦東国際空港(上海)
    キャセイパシフィック航空 (CX)
    香港の旗香港香港国際空港(香港)

    ※小松-香港便は季節運航の定期就航便

    貨物便[編集]

    国際貨物定期便として2社が乗り入れている。

    ルクセンブルクのカーゴルックス航空の定期便が、新千歳・香港・台北・仁川・フェアバンクスドバイアブダビを経由してルクセンブルクと往復で(ボーイング747-400Fもしくはボーイング747-8F型)運航される。なお、便によって北回りか南回りかがあり、各便がこれらすべての空港を経由するわけではない。

    アゼルバイジャンのシルクウェイ航空による定期便も2018年1月14日から運行が開始された。これまでも定期チャーター便として乗り入れており、機体は同社のボーイング747-400Fもしくはボーイング747-8F型を使用し、バクーからソウル経由で日曜と木曜日の午後の週2便の運航である。

    休廃止路線[編集]

    小松空港に就航していた路線は以下の通り[48][49]

    航空会社就航地
    ジェイエア (JLJ) 新潟空港、出雲空港広島西飛行場
    全日本空輸 (ANA) 大阪国際空港名古屋空港(中部国際空港開港前)、新潟空港(経由地、札幌発着路線)、福井空港(経由地、東京・名古屋発着路線)
    エアーニッポン (ANK) 鹿児島空港
    日本エアシステム (JAS) 東京国際空港(羽田)
    日本エアコミューター (JAC) 岡山空港高松空港松山空港
    フジドリームエアラインズ (FDA) 静岡空港
    AIRDO (ADO) 新千歳空港
    アイベックスエアラインズ (IBX) 仙台空港成田国際空港、福岡空港

    ANAの路線には、旧日本ヘリコプター輸送および中日本航空が運行していた時期も含む。エアーニッポンおよびジェイエアはそれぞれANAならびにJAL便で運行する以前の路線である。

    航空自衛隊小松基地[編集]

    小松基地正門
    救難展示を行なう小松救難隊UH-60J
    ブルーインパルス展示飛行(2005年 航空祭)

    小松基地(こまつきち、JASDF Komatsu Airbase)は、1961年2月に開庁された、航空自衛隊基地である。対領空侵犯措置の任務を担っており、国籍不明機に対するスクランブル発進を行っている[50]基地司令第6航空団司令が兼務。基地北方の日本海上空に広大な訓練空域(G空域)がある。 よって航空総隊戦技競技会の開催が多い基地でもある。

    歴史[編集]

    • 1958年昭和33年)2月19日 - 米軍による飛行場の大部分の接収が解除されると同時に、航空自衛隊小松分遣隊が配置。この年、折から活発化した左派による自衛隊基地反対運動に対し小松市長和田伝四郎が併用飛行場化の立場を表明する[注 4]
    • 1959年(昭和34年)6月1日 - 航空自衛隊小松分屯基地が設置。
      • 12月4日 - 小松基地に関する33カ条約定締結。
    • 1960年(昭和35年)4月19日 - 小松基地としての整備工事着工。
    • 1961年(昭和36年)2月1日 - 航空自衛隊小松基地開庁。臨時小松派遣隊編成。
    • 1962年(昭和37年)5月15日 - 警戒待機(アラート)運用を開始。
    • 1963年(昭和38年)1月24日 - 三八豪雪災害派遣
    • 1964年(昭和39年)4月30日 - 小松基地拡張に伴い、小松市からの要望事項に対して協定を締結。
    • 1965年(昭和40年)3月31日 - 第205飛行隊新編(F-104J配備、20機編成)。基地拡張用地42.3haを取得。同地の開拓団は解散。
    • 1969年(昭和44年)2月8日 - 金沢市の市街地に落雷を受けたF-104Jが墜落、4人が死亡する事故が発生。
    • 1974年(昭和49年)8月 - 当時の新機種であるF-4EJの配備を小松市へ申し入れ。
    • 1975年(昭和50年)6月 - 第4飛行隊解散。
      • 10月4日 - F-4EJ配備に関し防衛施設庁と地元自治体の間で「小松基地周辺の騒音対策に関する基本協定書」(いわゆる「10・4協定」)を締結[注 5]
    • 1976年(昭和51年)10月26日 - 第303飛行隊新編(F-4EJ配備、18機編成)。
    • 1981年(昭和56年)6月30日 - 第205飛行隊解散。
    • 1982年(昭和57年)11月 - 在日米軍への提供が決まり、以降自衛隊との共同使用(訓練)が実施される[52]。11月30日初の共同訓練を実施。
    • 1986年(昭和61年)11月1日 - 第303飛行隊がF-15Jに改編(18機編成)。
    • 1988年(昭和63年)3月31日 - 第301基地防空隊新編。
    • 1995年平成7年)11月22日 - 能登半島沖で訓練中のF-15Jが誤って僚機を撃墜する事故が発生(F-15僚機撃墜事故)。
    • 1997年(平成09年)3月 - 第306飛行隊がF-15Jに改編。
    • 2001年(平成13年)12月10日 - 小松管制隊が管制回数1,234,567回達成[53]
    • 2002年(平成14年)4月26日 - 配備機種がF-15Jに更新されたことと航空便増便で過密化が進行したため、防衛庁が「10・4」協定に基づく「昼休み時間帯の離着陸制限」および「東側編隊離陸制限」の緩和を小松、加賀両市に申し入れ。同時に石川県に通知。
      • 12月24日 - 小松市および加賀市と「協定書の一部を改正する協定書」を締結し、自主的騒音規制の一部を緩和。
    • 2006年(平成18年)7月 - 小松市、加賀市、川北町など周辺自治体が米軍機の訓練受け入れを容認表明。
    • 2011年(平成23年)10月7日 - F-15の燃料タンク落下事故が発生。同年12月16日に飛行を再開。なお、この年の航空祭は落下した部品捜索と飛行訓練中止により開催されなかった[54]
    • 2016年(平成28年)6月10日 - 飛行教導群新田原基地から移動。

    配置部隊[編集]

    中部航空方面隊隷下
    航空戦術教導団隷下
    航空総隊隷下
    航空支援集団隷下
    防衛大臣直轄部隊

    小松基地航空祭[編集]

    例年秋頃に開催される航空祭では、小松基地所属の戦闘機や救難機の展示飛行、アクロバット飛行を行う第11飛行隊(ブルーインパルス)の展示飛行が実施される[55]1990年代半ばまでは、毎年6月の開催だったが、梅雨の時期と重なっており雨天が多く、展示飛行もキャンセルになることがしばしばあったため、北陸で好天の多い9月に開催されるようになった。なお1990年代後半から2000年までは航空自衛隊では珍しく8月の最終土・日曜日に2日間開催されていたが、2001年以降は9月に1日のみの開催となっている。ただし、2001年は9・11テロにより実際には中止となり開催されていない。2009年は11月の開催となった。2011年はF-15の機外燃料タンク落下事故の発生に伴い中止になった[54]

    訴訟等[編集]

    一部周辺住民により離着陸の差し止めを求める「小松基地戦闘機離着陸差止等請求訴訟」が大分して2度にわたり提訴されていた。第1次、第2次訴訟については1994年12月、第3次、第4次訴訟については2007年4月に名古屋高等裁判所金沢支部にて棄却されたが、損害賠償支払いについては命令した。双方が上訴しなかった為判決が確定した[56]

    ただし、どちらの訴訟でもWECPNL75以上の区域に居住する住民は受忍限度を超えているとして国に損害賠償の義務を認めている[57]

    事故等[編集]

    2011年10月7日8時45分頃、小松基地所属のF-15Jが小松飛行場へ着陸する直前に、機体から左翼側機外燃料タンク及び一部部品が落下した[58]。この事故により2011年の航空祭は中止となった。

    交通[編集]

    本数・所要時間・運賃等の詳細は、該当項目や公式サイトを参照。

    路線バス[編集]

    2021年時点。

    無料バス[編集]

    2015年からあわら市が運営する予約制の金沢・あわら無料バス「KANAZAWARA号」(あわら観光)が、同市の芦原温泉駅あわら湯のまち駅へのルートで1日1往復で運行[59]。小松空港⇔金沢駅西口のみの利用はできない。2018年4月から平日のみの運行[60] となっていたが、2019年3月29日の運行を最後に廃止された。

    タクシー[編集]

    タクシー乗降場と待機所があり、原則としてタクシーが待機している。小松駅からはタクシーで10分程度である。

    2011年(平成23年)11月6日より「加賀越前観光ガイドタクシー」が運行されている[61]

    道路[編集]

    駐車場[編集]

    空港環境整備協会が運営する駐車場が、第1から第3まである。24時間利用可能で、普通自動車のみ入場から60分まで無料である。

    航空プラザ臨時駐車場は2011年(平成23年)12月1日から小松空港国際線駐車場となり、小松発着の国際線利用者および小松 - 羽田・成田便を利用して羽田・成田空港で国際線に乗り継ぐ旅客に限定して無料開放している。なお、24時間を超える駐車は可能であるが車両の入出場が可能な時間帯は限られている。

    周辺[編集]

    その他[編集]

    小松VORおよび小松ILS/DMEの保守官所は、2016年4月1日から管制技術官集約のため、中部空港事務所へ変更となった。[要出典]小松TACANは、防衛省管轄である。

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 『日本工業新聞』1962年1月5日[要ページ番号]、他9月の記事等
      この博覧会は産経新聞その他の協賛によって日本国内で向ヶ丘遊園など順次持ち回り開催されており、航空機や車両などの展示が実施された。
    2. ^ 2006年5月FAZ制度廃止
    3. ^ ANAウイングスの乗務員および機材による運航便含む。
    4. ^ 大阪防衛施設局長「小松飛行場-その運用と周辺対策-」『調和 基地と住民』No.33 1989年9月15日
      発言要旨「米軍から返還後、民間航空機が使用しているが、施設が不十分、自衛隊の航空基地として整備し、併せて民間航空施設も完備すべきである」
    5. ^ 防衛施設庁長官、石川県知事、周辺8市町村長(小松市長、加賀市長、松任市長、根上町長、寺井町長、辰口町長、川北村長、美川町長)による締結。自治体名はいずれも当時のもの。
      小松基地周辺の騒音対策に関する基本協定の締結 (PDF) 防衛施設庁史第3章第9節 2007年

    出典[編集]

    1. ^ 航空自衛隊 航空保安管制群小松管制隊
    2. ^ a b “小松空港きょう開港50年 交流・物流の拡大に貢献”. 北國新聞 (北國新聞社). (2011年12月20日)[要ページ番号]
    3. ^ a b 小松空港の利便性向上に努めています”. 福井県総合政策部交通まちづくり課 (2017年5月11日). 2018年9月27日閲覧。
    4. ^ “管内空港の利用状況概況集計表(平成28年度速報値)” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省大阪航空局, http://www.ocab.mlit.go.jp/about/total/report/pdf/riyou_h28d.pdf 
    5. ^ “小松空港利用、18年度6.5%増 新幹線金沢開業後で最多”. 日本経済新聞. (2019年5月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45233720U9A520C1LB0000/ 2020年2月8日閲覧。 
    6. ^ a b 小松空港について(小松空港協議会 / 小松空港国際化推進協議会)
    7. ^ 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)166ページ。
    8. ^ a b 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)40ページ。
    9. ^ 『石川のトリセツ』(2021年2月1日、昭文社発行)46ページ『日本海側で唯一の戦闘機部隊を配備 官民共用で発展する小松飛行場』より。
    10. ^ a b 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)41ページ。
    11. ^ 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)43ページ。
    12. ^ a b c 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)44ページ。
    13. ^ a b 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)45ページ。
    14. ^ a b 大阪防衛施設局長「小松飛行場-その運用と周辺対策-」『調和 基地と住民』No.33 1989年9月15日[要ページ番号]
    15. ^ 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)49 - 50ページ。
    16. ^ 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)49 ページ。
    17. ^ 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)72、178ページ。
    18. ^ a b 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)73ページ。
    19. ^ 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)83ページ。
    20. ^ 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)85ページ。
    21. ^ 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)110ページ。
    22. ^ https://www.ana.co.jp/pr/09-0103/09-011.html
    23. ^ 小松-静岡便、7月23日運航開始-石川と静岡、海外誘客拡大で連携(2009年5月7日、金沢経済新聞)2020年10月25日閲覧
    24. ^ FDA、静岡―小松便を来年3月撤退へ(2010年9月29日、日本経済新聞)2020年10月25日閲覧
    25. ^ FDAの小松~静岡線、運休へ-利用低迷で事実上の路線撤退とも(2010年10月4日、みんなの空港新聞)2020 年10月25日閲覧
    26. ^ <空の玄関口>小松空港 新幹線に苦戦[リンク切れ]読売新聞 2016年2月14日)
    27. ^ 北陸新幹線の陰で危機に瀕する、富山空港の粘り腰”. ダイヤモンド・オンライン (2016年1月5日). 2020年2月8日閲覧。
    28. ^ 小松−羽田便、全日空が減便[リンク切れ]福井新聞 2016年3月26日)
    29. ^ 2016年度 ANAグループ航空輸送事業計画を策定(ANAプレスリリース 2016年1月20日)
    30. ^ “北陸路線(富山空港・小松空港・能登空港)相互利用取り扱い終了のお知らせ” (プレスリリース), 全日本空輸, (2016年1月20日), https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/notice160120/ 2019年5月10日閲覧。 
    31. ^ タイガーエア・台湾、小松〜台北/桃園線を開設 来年1月18日から週2便
    32. ^ “ORC/ANA 共同リリース ORCとANAのネットワークがさらに広がります!~ ORCが開設する1路線で、ANAとのコードシェアを開始します ~” (PDF) (プレスリリース), オリエンタルエアブリッジ・全日本空輸, (2018年8月21日), https://www.orc-air.co.jp/wp-content/uploads/2018/08/%E3%80%90%E5%85%B1%E5%90%8C%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%80%91%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E6%8B%A1%E5%A4%A7.pdf 2018年9月26日閲覧。 
    33. ^ “ORC、小松就航 福岡からANAのQ400で”. Aviation Wire. (2018年10月29日). https://www.aviationwire.jp/archives/158816 2019年5月10日閲覧。 
    34. ^ “キャセイパシフィックグループ 小松/香港線を開設” (プレスリリース), キャセイパシフィック航空, (2018年12月13日), https://news.cathaypacific.com/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97-%E5%B0%8F%E6%9D%BE-%E9%A6%99%E6%B8%AF%E7%B7%9A%E3%82%92%E9%96%8B%E8%A8%AD 2019年5月10日閲覧。 
    35. ^ “キャセイパシフィック香港-小松空港線、来春就航へ 小松の国際線就航は11年ぶり”. 香港経済新聞. (2018年12月14日). https://hongkong.keizai.biz/headline/1050/ 2019年5月10日閲覧。 
    36. ^ “小松空港に香港定期便就航 週2往復”. 日本経済新聞. (2019年4月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43294210T00C19A4LB0000/ 2019年5月10日閲覧。 
    37. ^ “トランプ専用機を優先、大阪行き便が小松空港に着陸”. 日刊スポーツ. (2019年6月27日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201906270001359.html 2020年2月8日閲覧。 
    38. ^ 大統領機優先 民間機の行き先を変更”. 河北新報 (2019年6月28日). 2020年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年6月28日閲覧。
    39. ^ “東京―金沢の大動脈が遮断、北陸新幹線運休に旅客困惑”. 日本経済新聞. (2019年10月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50966920U9A011C1000000/ 2020年2月8日閲覧。 
    40. ^ “ANAとJAL、羽田-富山・小松臨時便や大型化 北陸新幹線不通で”. Aviation Wire. (2019年10月15日). https://www.aviationwire.jp/archives/186933 2020年2月8日閲覧。 
    41. ^ “ANAとJAL、北陸新幹線の一部不通に伴い臨時便設定”. トラベルWatch. (2019年10月17日). https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1213191.html 2020年2月8日閲覧。 
    42. ^ “ANA、羽田-富山・小松25日から通常運航 北陸新幹線が直通再開”. Aviation Wire. (2019年10月21日). https://www.aviationwire.jp/archives/187556 2020年2月8日閲覧。 
    43. ^ “NEXCO中日本、北陸道 安宅スマートICを3月29日から24時間化。小松空港の運用時間延長に対応”. トラベルWatch. (2020年2月20日). https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1236408.html 2021年6月28日閲覧。 
    44. ^ a b 小松―成田・仙台線の運航休止 アイベックス(2020年8月20日、日本経済新聞)2020年10月25日閲覧
    45. ^ a b アイベックスエアラインズ、成田・小松撤退 6路線運休、2路線開設(2020年8月20日、TRAICY)2020 年10月25日閲覧
    46. ^ オリエンタルエアブリッジ、10月下旬から福岡/小松線に新規開設 FlyTeam 2018年8月21日付
    47. ^ “航空輸送統計年報の概要 令和元年度(2019年度)分” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 総合政策局情報政策課交通経済統計調査室, (2020年6月30日), オリジナルの2020年8月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200831055012/https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001350930.pdf 2020年8月31日閲覧。 
    48. ^ 『設立50周年記念誌 翼広げて50年』154および155ページ - 北陸エアターミナルビル(2010年10月発行)
    49. ^ アイベックスエアラインズ、成田・小松撤退 6路線運休、2路線開設(2020年8月20日、TRAYCY)2020年10月25日閲覧
    50. ^ a b “稲田朋美防衛相、8月15日の靖国神社参拝見送り 13日からジブチ訪問で自衛隊員を激励”. 産経ニュース. (2016年8月12日). https://www.sankei.com/article/20160812-TQZBF4WK2BJ2LPKTWHPHTZLIKQ/ 2021年6月28日閲覧。 
    51. ^ a b 『40年のあゆみ 北陸エアターミナル株式会社設立40周年記念誌』(2000年10月、北陸エアターミナル株式会社発行)49 - 50ページ。
    52. ^ 日米安全保障条約第6条に基づく施設及び区域、日米地位協定第2条第4項(b)の適用による
    53. ^ イカロス出版 Jwing No.43 2002年3月号 89頁 「行くぞ!NEWSマン 自衛隊NEWS」
    54. ^ a b “石川県の小松基地で2年ぶりの「航空祭」”. 日テレNEWS24. (2012年9月23日). https://www.news24.jp/articles/2012/09/23/07214378.html 2020年2月8日閲覧。 
    55. ^ “小松の空、12万人くぎ付け 航空祭、ブルーインパルス6機飛行”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北國新聞). (2019年9月17日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000021367 2020年2月8日閲覧。 
    56. ^ “小松基地訴訟・騒音を放置していいのか”. 琉球新報 (琉球新報社). (2007年4月17日). オリジナルの2017年4月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170409002501/http://ryukyushimpo.jp/editorial/prentry-23045.html 2017年4月9日閲覧。 
    57. ^ 鳩山由紀夫 (2009年12月1日). “米軍の航空機騒音に係る訴訟における損害賠償金等に関する質問に対する答弁書”. 質問主意書答弁書. 防衛省. 2012年12月3日閲覧。
    58. ^ 小松基地所属F-15の機外タンク落下について[リンク切れ]
    59. ^ “JR金沢駅-芦原温泉の無料バス運行開始 毎日1往復”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(福井新聞). (2015年9月20日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000004149 2019年5月10日閲覧。 
    60. ^ 金沢・あわら無料バス「KANAZAWARA号」の運行について”. グランディア芳泉 (2018年4月3日). 2019年5月10日閲覧。
    61. ^ お知らせ一覧”. 石川県タクシー協会. 2020年12月29日閲覧。

    参考文献[編集]

    歴史・年表
    • 『設立50周年記念誌 翼広げて50年』 - 北陸エアターミナル(2010年10月)
    • 『基地と空港に関する資料 基地と小松 平成25年度』 - 小松市行政管理部飛行場課(2013年)
    • 「小松飛行場 - その運用と周辺対策 - 」『調和 基地と住民』1989年3月15日
    • 「小松飛行場 その運用と周辺対策等」『調和 基地と住民』2005年3月
    • 『Cargo』(海事プレス社)2004年4月号、2008年6月号(いずれも小松空港特集)

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]