ハンドレページ ジェットストリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェットストリーム31
ジェットストリーム31
Description
初飛行 1967年 8月18日
全幅 14.65m
全長 15.85m(31型)
高さ 5.33m
翼面積 25.08 m2
乗員 2名
乗客 19
巡航速度 426km
エンジン ギャレット・エアリサーチ社製 TPE331-10UFターボプロップ双発
馬力 840hp × 2
実用上昇高度 7,620m
イースタンエアウェズのジェットストリーム31

ハンドレページ ジェットストリームHandley Page HP.137 Jetstream) とは、イギリスの航空機メーカであったハンドレページリージョナル路線投入用に開発した与圧された胴体を持つターボプロップ小型旅客機である。軍用機としても運用されている機体も多い。

その後、ブリティッシュ・エアロスペース(現BAEシステム)に統合されたため、現在ではBAe ジェットストリーム31と呼称されている。

概要[編集]

1960年代にハンドレページは大型旅客機を開発する資金が無かったため、競合する機体もなく比較的競争力があった乗客12から18席クラスの旅客機を開発することになった。

開発は1965年から始まり、当初はHP137と呼ばれていたが、ジェットストリームの愛称が付けられた。当時のライバル機が非与圧かつ機内で人が立てないのに対し、当機は与圧されている上に人が立てるほどの機内容積が確保され、加えてコストパフォーマンスの向上が図られたために、アメリカの航空会社の注目が集まり、生産型の図面が完成する前に20機の注文を取ることに成功した。1967年8月18日に初飛行したこの機体にはフランス製のアスタズーエンジンが搭載されていたが、アメリカ空軍が公募した軍用機コンテストに参加するため、ギャレット・エアリサーチ社製のエンジンに換装したモデルも製作された(この公募はハンドレページの納期の遅れからキャンセルされた)。1969年から顧客への納入が開始されたものの、間もなく明らかになった性能不足と、2件続けて発生した事故が本機の評判を悪くし、経営破綻の原因になってしまった。

経営破綻以降は残された機体と部品を購入したジェットストリーム社によって製造が続けられたが、間もなく機体製造権を購入したスコティッシュ・エビエーション社に引き継がれ、イギリス空軍向けにもジェットストリームT1としての量産が行われた。その後BAeに統合されたが、ギャレット・エアリサーチ社製のエンジンを搭載したジェットストリーム31が1980年3月28日に初飛行し、生産は継続された。このモデルは大幅な性能向上を果たしたことからリージョナル路線向けに数多くの機体が就航した。

日本では1991年2003年の間ジェイエアが使用していた。最盛期には5機が在籍していた。

派生型[編集]

  • Riley ジェットストリーム :
  • ジェットストリーム 31 :
  • ジェットストリーム 31 コーポレート : 会社重役用の機体
  • ジェットストリーム 31EP :エンジン強化タイプ
  • ジェットストリーム 31EZ : EEZ もしくは海洋パトロール用
  • ジェットストリーム Executive Shuttle : 12席仕様
  • ジェットストリーム 31 スペシャル :
  • ジェットストリーム QC :

軍用オペレーター[編集]

外部リンク[編集]