ウラジオストク国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウラジオストク空港から転送)
移動先: 案内検索
ウラジオストク国際空港
Международный аэропорт "Владивосток"
Vladivostok International Airport
Vladivostok airport.png
IATA: VVO - ICAO: UHWW
概要
国・地域 ロシアの旗 ロシア
所在地 アルチョーム
母都市 ウラジオストク
種類 公共
運営者 Vladivostok Avia
標高 14 m (46 ft)
座標 北緯43度23分57秒 東経132度09分05秒 / 北緯43.39917度 東経132.15139度 / 43.39917; 132.15139
ウェブサイト 公式ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
06/24 973×20 アスファルト
07R/25L
閉鎖
2,500×60 アスファルト
07L/25R 3,500×60 コンクリート
16/34 602×20 アスファルト
統計 (2008年)
旅客数 1,003,718人
発着回数 5,168回
出典:[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
国内線ターミナルのチェックインホール

ウラジオストク国際空港(ウラジオストクこくさいくうこう、: Международный аэропорт "Владивосток": Vladivostok International Airport)は、ロシア連邦ウラジオストク市郊外アルチョーム市にある国際空港オーロラ(旧ウラジオストク航空)の本拠地。ウラジオストク中心部から北に40km余りの位置にある。

ウラジオストク空港は主要滑走路であるクネーヴィッチ(Кневичи、Knevichi)飛行場と、主に地元の飛行クラブに利用されているオジョールヌイエ・クリュチー(Озёрные ключи、Ozernye Klyuchi)飛行場の二つの飛行場から構成されており、ICAOコードのUHWWは「Knevichi」として登録されているため、ウラジオストク空港をクネヴィッチ飛行場またはクネヴィッチ空港と呼ぶこともある。

沿革[編集]

1993年に民間航空機にも共用されるようになり、1999年3月に国際線ターミナルビルが完成した。2006年には国内線ターミナルビルも完全改築され、オープンした。

その後、2012年ロシアAPEC開催に向け、改修工事が行われ[2]、新国際旅客ターミナルも建設された(2009年着工)[3]

極東の空港としては最新の設備を持ち、ロシア語だけでなく英語での放送も行うなど極東における国際拠点空港として整備されつつある。

新しくなったターミナル

施設[編集]

空港の1階には、マトリョーシカロシア帝国時代の貴族の姿を模った人形等が販売されている土産物店の他、キャビアイクラ、冷凍したタラバガニボタンエビなどの海産物を販売する店、カフェなどがある。また空港の3階には、軽食ができる店や、ジュースや菓子などを販売する売店、郵便局があり出国審査を済ませて搭乗口へ進むと、ウォッカや西欧のブランデーウイスキー化粧品を販売する小規模な免税店がある。

就航航空会社と就航都市[編集]

国内線[編集]

航空会社 就航地
ロシアの旗 オーロラ ノボシビルスクハバロフスクペトロパブロフスク・カムチャツキーユジノサハリンスク、カヴァルロヴォ、テルネイ、ダリネゴルスク、プラストゥン、ダリネレチェンスク
ロシアの旗 アエロフロート・ロシア航空 モスクワ/シェレメーチエヴォ
ロシアの旗 S7航空 イルクーツク、ノボシビルスク、ペトロパブロフスク・カムチャツキー、ユジノサハリンスク
ロシアの旗 ロシア航空 サンクトペテルブルク(季節運航便)、モスクワ・ヴヌコヴォ
ロシアの旗 ヤクーチヤ航空 ヤクーツク
ロシアの旗 ウラル航空 エカテリンブルク、サンクトペテルブルク、ノボシビルスク、イルクーツク
ロシアの旗 Taimyr Air Company クラスノヤルスク、ノリリスク
ロシアの旗 UTエアー モスクワ/ヴヌーコヴォ
ロシアの旗 イルアエロ イルクーツク、ハバロフスク、チタ、ウラン・ウデ
ロシアの旗 オレンエア モスクワ/ドモジェドヴォ、ノヴォシビルスク

国際線[編集]

航空会社 就航地
ロシアの旗 オーロラ ソウル/仁川釜山北京/首都香港牡丹江
ロシアの旗 S7航空 東京/成田、北京/首都、ソウル/仁川、香港、上海/浦東[4]、バンコク[5]
韓国の旗 大韓航空 ソウル/仁川
中華人民共和国の旗 中国南方航空 ハルビン、長春
朝鮮民主主義人民共和国の旗 高麗航空 平壌

空港アクセス[編集]

アエロエクスプレス

鉄道[編集]

最寄駅は空港ターミナルAに直結しているアエロエクスプレス専用のAirport Knevichi駅。アエロエクスプレスは2012年7月下旬に運航開始し、Airport Knevichi駅からウラジオストク中心部のウラジオストク駅まで54分で結んでいる[6]。空港からウラジオストク駅へは、2016年時点で7:57~17:30までに5本、ウラジオストク駅から空港までは7:21~18:00までに5本づつしかなく運行本数が少ないため注意が必要[7]。かつては、シベリア鉄道ナホトカ支線のアエロポルト駅が最寄駅だった。

クネヴィッチ空港駅[編集]

クネヴィッチ空港駅
所属事業者 極東鉄道
備考 駅コード:98216
АСУЖТコード:982167[8]
テンプレートを表示

バス[編集]

空港のバス乗り場から(107系統)のウラジオストク駅行きのバスが2016年の時点で1日に10往復ある。その他ナホトカ行き(601系統)、ウスリースク行き(564・609・601・555・552・520系統)、アルセーニエフ行き(520・609系統)などがある。また空港のあるアルチョーム市の中心部へはシャトルバス(7系統)で行くことができる。

無料送迎サービス[編集]

2015年に空港のあるアルチョーム市にカジノゴルフ場、高級ホテルを組み合わせたTIGRE DE CRISTALが開業し、空港に無料送迎サービスを行っている。

関連リンク[編集]

脚注[編集]