ウラジオストク航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウラジオストク航空
Владивосток Авиа
Vladivostok Air
Vladivostok Air Logo.svg
IATA
XF
ICAO
VLK
コールサイン
Vladair
設立 1932年
運航停止 2013年オーロラへの合併)
ハブ空港 ウラジオストク空港
焦点空港 モスクワ各空港
マイレージサービス LEADER
航空連合 未加盟
保有機材数 29機(5機発注中)
就航地 ロシア国内線、国際線
本拠地 ウラジオストク空港
代表者 ウラジーミル・サイベリ(代表取締役社長)
テンプレートを表示

ウラジオストク航空(ウラジオストクこうくう、Vladivostok Air、ロシア語Владивосток Авиа)は、極東の沿海都市・ウラジオストク拠点を置いたロシア航空会社であった。2012年からアエロフロート・ロシア航空の子会社となっている。2013年9月、同じアエロフロート傘下、サハリン航空と統合し会社名を「オーロラ」に変更される事が発表され、同年11月に実施された[1]

概要[編集]

1932年に国営アエロフロート・ソビエト航空(現・アエロフロート・ロシア航空)のウラジオストク支社として設立。ソ連崩壊後の1994年、これまでアエロフロート傘下だった当社は国営企業から民営化されたのを機に東アジアへの国際線運航を開始。ロシア国内はもとより諸外国でもヘリコプター機材のリースや地上サービス、ホテル航空貨物、航空燃料販売の充実にも力を注いでいる。

ツポレフ Tu-204-300

定期便の他、チャーター便の運航も積極的で、日本でも成田国際空港東京国際空港(羽田空港)関西国際空港広島空港岡山空港旧北九州空港福岡空港大分空港阿蘇くまもと空港宮崎空港佐賀空港鹿児島空港長崎空港松山空港徳島空港高松空港高知龍馬空港仙台空港鳥取空港出雲縁結び空港南紀白浜空港萩・石見空港福井空港新千歳空港たんちょう釧路空港など多数の空港に飛来している。

1998年には、初の日本路線である新潟-ウラジオストク線が就航したが、これは1991年から運航していたアエロフロートからの移管路線である。2005年には新機材・ツポレフTu-204-300型機を導入、2005年9月からは新潟-ウラジオストク線にもツポレフTu-204-300型機が使用されるようになった。これらの機首には、ロシア貯蓄銀行のロゴが入っている。2007年春に、自社初の西側製航空機となるエアバスA320-200型機、そして2009年春にはロシアの航空会社では2社目となるエアバスA330-300型機アイルランドエア・リンガスから導入した。

また、当社では機体に施す塗装を新しいデザインにしており、最新鋭のツポレフTu204-300型機、エアバスA330-300型機、エアバスA320-200型機、ツポレフTu-154M型機、Yak-40型機にも新塗装を施している。新塗装機の日本飛来は、2005年5月3日-5月5日のウラジオストク-広島線 チャーター便において、新塗装が施されているTu-154M型機が初飛来した。以来、新潟などにその姿を見せている。2008年9月22日、運航停止となったダリアビア航空に代わりハバロフスク-新潟線に週2便で就航した[2]2010年3月28日から東京/成田-ウラジオストク線、ハバロフスク線へ定期チャーター便が就航している。2010年9月20日には、富士山静岡空港にもチャーター便として飛来。

なお、当社はアエロフロートへのグループ再編入に伴い、運航便はアエロフロートとのコードシェア(共同運航)となった後に現在のオーロラへ吸収された。また東京都港区虎ノ門に所在した日本支社は、2012年3月31日をもって閉鎖された。

定期路線[編集]

国際線[編集]

当社のエアバスA320-200型機
日本
週1便運航(運休中)
週1便運航(運休中)
  • 富山 - ウラジオストク
週1便運航(運休中)
週2便運航(運休中 [3][4]
  • 東京/成田 - ハバロフスク
週3便運航(運休中)
週2便運航(夏ダイヤのみ運航、定期チャーター便)
韓国
中国
香港
ベトナム
シンガポール

また、アシアナ航空バンコク線のコードシェアを行っている。なお、これらの路線の運航機材はツポレフTu204-300型機またはエアバスA320-200型機を使用している。

ロシア国内線[編集]

イルクーツクハバロフスクユジノサハリンスクヤクーツクモスクワ(ヴヌコヴォ)、サンクトペテルブルクカムチャツカエカテリンブルクアバカンソチノリリスクケメロヴォアナディールマガダンなどに就航している。

保有機材[編集]

ツポレフTu-154型機 松山空港にて

かつての主力機材であったツポレフTu-154M型機は退役し、同じく退役した一部のYak-40型機と共にウラジオストク空港内に保管中である。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 極東に新航空会社「オーロラ」誕生 - ロシアの声 2013年11月8日
  2. ^ 新潟~ハバロフスク線、直行便を新規就航
  3. ^ ウラジオストク航空、成田発着ウラジオストク、ハバロフスク線を運休へ FlyTeam 2013年10月13日付
  4. ^ オーロラ航空として、2017年に再開。詳細はオーロラの項目を参照。

外部リンク[編集]