海上空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

海上空港(かいじょうくうこう)は、周囲をに囲まれた立地の空港である。

建造[編集]

建造法としては、次の2つに分けられる。

  1. 海上のを空港施設として造成し、開港したもの。
  2. 空港の設置を目的に、沖合人工島を作り、開港したもの。

1.の例として長崎空港、2.の例として中部国際空港関西国際空港が挙げられる。東京国際空港などは陸地と接してはいるが、一部海上を埋め立てて造られた空港も、海上空港とみなす場合がある。

特徴[編集]

  • 陸地とある程度離れているため、騒音公害の懸念が少なく、運用時間の制約も少ない[1]航空事故の場合にも市街地に被害が出にくい[要出典]
  • 陸地に用地が確保できなくても、海上に空港を設置することで用地問題を解決できる場合がある[2]。ただし漁業権[3]航路[4][5]の障害はある。
  • 強い海風を受けることがある[要出典]。湾内などの空港に限り、気象変化の影響を受けにくい[要出典]
  • 陸地から離れているため、空港へのアクセスはやや不便になる場合がある[要出典]またはトンネルが必要だが、橋の場合は荒天時にアクセス不能になる場合がある[6]。ただし距離的には、郊外の陸上に作る場合に比べて必ずしも遠くはならない[要出典]
  • 海を埋め立てた場合、建設費用が高額になる[3]。また埋立地では地盤沈下が起こるため、大規模な沈下や不等沈下などが予想される場合は特別な対策が必要になる[7]
  • 海鳥が集まりやすく、バードストライクの危険性が高い。中部国際空港では2007年に1万羽近いウミネコが集まったために、滑走路が使用不能になったことがある[8]

主な海上空港[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新関西国際空港株式会社|技術情報|関空の沈下への取り組み”. 新関西国際空港. 2011年10月20日閲覧。
  2. ^ 空港施設がわかる本 2007/11 久保利 俊明 (著), 佐々木 善朗 (著) 山海堂 P6
  3. ^ a b 杉浦一機 『空港大改革 空港のネットワーク化を利用せよ』 中央書院、2002年ISBN 978-4887321083
  4. ^ 首都圏第3空港調査検討会. “羽田空港再拡張による船舶航行への影響に関する検討状況”. 国土交通省. 2013年10月22日閲覧。
  5. ^ 東京国際空港(羽田空港)再拡張事業の概要 (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局 東京空港整備事務所. p. 13. 2013年10月22日閲覧。
  6. ^ 関西国際空港#空港へのアクセスを参照のこと。
  7. ^ 関西国際空港土地保有株式会社|技術情報|沈下への取り組み|沈下の状況 ~沖積層、洪積層の沈下の特徴~”. 関西国際空港土地保有. 2011年10月20日閲覧。
  8. ^ ウミネコに悩む中部空港 滑走路閉鎖、抜本対策なし47NEWS
  9. ^ 長崎空港ホームページ-長崎空港について”. 長崎空港ビルディング. 2011年10月20日閲覧。
  10. ^ 関西国際空港:OSAKA-INFO 大阪観光情報”. 大阪観光局. 2011年10月20日閲覧。

関連項目[編集]