浜松信用金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜松信用金庫
Hamamatsu Shinkin Bank
Hamamatsu Shinkin Bank (headquarters).jpg
浜松信用金庫本店(静岡県浜松市中区)
種類 信用金庫
略称 はましん
本店所在地 日本の旗 日本
430-8670
静岡県浜松市中区元城町114-8
設立 1950年昭和25年)4月10日
業種 金融業
法人番号 1080405000017
金融機関コード 1503
事業内容 協同組織金融機関
代表者 御室健一郎(理事長
資本金 12億12百万円(出資金
従業員数 1,074人
支店舗数 59店
主要子会社 はましんビジネスサービス株式会社
はましんリース株式会社
はましん信用保証株式会社
外部リンク 浜松信用金庫
テンプレートを表示
浜松信用金庫のデータ
法人番号 1080405000017
貸出金残高 8,868億円
預金残高 1兆6,063億円
特記事項:
(2017年3月31日現在)
テンプレートを表示

浜松信用金庫(はままつしんようきんこ、英語Hamamatsu Shinkin Bank)は、静岡県浜松市中区に本店を置く信用金庫である。

概要[編集]

静岡県内預金量トップの信用金庫[1]。営業地区は、静岡県浜松市、磐田市袋井市湖西市掛川市御前崎市菊川市周智郡および愛知県豊橋市である。

2017年9月1日、県内預金量4位の磐田信用金庫2019年2月をめどに対等合併すると発表した。新金庫の名称は「浜松磐田信用金庫」とし、理事長に浜松信金の御室健一郎理事長が、副理事長には磐田信金の高柳裕久理事長がそれぞれ就くことも発表した。また、本店は浜松市中区の浜松信金本店に置き、当初は2本部制を敷き、将来的には集約するとした。さらに合計で93となる営業店に関しても12店が重複するが、統合には慎重で地域性を考慮するとしている[2]

2000年代に入りオリジナルのイメージキャラクターが制定された。風貌は星のカービィに似ている。

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “信金も再編の波、静岡で合併2組 19年2月メド、収益環境厳しく”. 日本経済新聞. (2017年9月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO20625180R30C17A8EE9000/ 2017年9月14日閲覧。 
  2. ^ “新名称「浜松磐田信金」19年2月合併、理事長に御室氏”. 静岡新聞. (2017年9月2日). http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/397536.html 2017年9月14日閲覧。 
  3. ^ “地銀・信金、相次ぎバンコク進出 18事務所に”. 日本経済新聞. (2015年2月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDX24H1C_U5A220C1FFE000/ 2017年9月14日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]