三菱ふそう・エアロキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BKG-MU66JS エアロキング
WillerBus BKG-MU66JS No.2779.jpg
WillerBus BKG-MU66JS No.2779 Back.jpg
WILLER BUS東海

三菱ふそう・エアロキング(Aero King)は、かつて三菱自動車工業(現:三菱ふそうトラック・バス)が製造・販売していた2階建バスである。

概要[編集]

1983年東京モーターショーで発表され、翌年から発売された。発売当時は2階建バスブームで観光バスとしての需要が多かったが、道路運送車両法の関係で車高が3.8m以内に抑えられているため、室内高を高くすることができず、居住性の問題から1980年代末までに観光バスとしての需要はほとんどなくなった。

その後、1990年代に入ると規制緩和で高速道路でのワンマン運行が可能になったため、定員を多くとれるメリットから夜行高速バスへの使用が増えてきた。そのため、最終モデルではあらかじめ長距離路線の運行へと特化されたパッケージングとなっていた[1]

夜行高速バスとして一定台数の生産が行われてきたが、絶対的な需要は少ないため1983年の登場以来根本的な改良は行われず、エンジンの排出ガス規制対応以外での変化は少ない。

開発には中央観光バス(現・ジパング)が参加し、特に第3軸目の構造においての技術指導が行われた。後に中央観光バスは1991年に同車を「ジパング・ルグラン」の名称で3台導入、その後中古導入ながら追加で2台を「ジパング・エトランゼ」の名称で導入した。

ユーザーについて[編集]

2階建てバスのユーザーは限られるが、導入事業者によって使用目的が大きく異なり、特に着席人数が多い点に注目するか、高さや2階建てによる観光客集客を目指しているかで導入目的や仕様が異なる。[2]

1985年の発売当初は、眺望の良さを生かした観光バスとしての導入が中心だったが、車両限界の問題により2階部分の居住性に問題があったため、近年はその定員の多さを生かした長距離高速バス用としての大量導入された。2008年発売の最終モデルでは、特に長距離バス専用に特化したパッケージングとなっていた。

特にJR系バス事業者北海道東北を除く)が高速路線用に大量導入しており、経年後にそれらが中古車として売却されるケースも多い。

シリーズの変遷[編集]

P-MU515TA[編集]

P-MU515TA エアロキング
Himejikankou aeroking P-MU515TA.jpgHimejikankou aeroking P-MU515TA ria.jpg
姫路観光バス

1984年発売開始。車体はエアロクィーンKと同じ新呉羽製で、エンジンはエアロクィーンWと同じ8DC9ターボ (380PS) を搭載。

なお、販売後期にあたる1986年1987年は1台も販売されなかった[3]

U-MU525TA改[編集]

U-MU525TA改 エアロキング
Oosakatyuuoukannkou LE GRAND MU525.jpgOosakatyuuoukannkou LE GRAND MU525 ria.jpg
大阪中央観光 ジパング・ルグラン

1990年、平成元年排出ガス規制適合に伴い改良、型式はエアロクィーンWと同じMU525TAだが改造扱いになった。前後のバンパー周りの形が変更されている。日本交通(大阪・鳥取)の車両はリアのテールランプがエアロクィーンMVと同様バンパーに移動している。京阪バスの車両は前後のバンパー周りの形がP-MU515TAと同じになっている。

なお、この型式は販売後期の1995年は1台も販売されなかった[3]

リアのテールランプがバンパーに移動した例(日本交通の高速バス仕様車) リアのテールランプがバンパーに移動した例(日本交通の高速バス仕様車)
リアのテールランプがバンパーに移動した例(日本交通の高速バス仕様車)
前後のバンパー周りの形がP-MU515TAと同じ例(京阪バス U-MU525TA改(左) P-MU515TA(右)) 前後のバンパー周りの形がP-MU515TAと同じ例(京阪バス U-MU525TA改(左) P-MU515TA(右))
前後のバンパー周りの形がP-MU515TAと同じ例(京阪バス U-MU525TA改(左) P-MU515TA(右))


KC-MU612TA[編集]

KC-MU612TA エアロキング
JRsikokubus aeroking pink KC-MU612TA.jpgJRsikokubus aeroking yellow ria KC-MU612TA.jpg
四国旅客鉄道(当時)

1995年、平成6年排出ガス規制に伴い改良。正式な型式を取得した。前面ヘッドライト周りのスタイル変更が行われ、KC-MS8系エアロバスに近い姿となっている。またエンジンをKC-MS8系エアロクィーンに搭載される8M21 (420PS) に変更。1997年には衝撃吸収式ステアリングを採用している。

なお、この型式は販売初期の1995年は1台も販売されなかった[3]

MU612TX[編集]

MU612TX エアロキング
744-05994 Tokai MU612TX front.jpg744-05994 Tokai MU612TX rear.jpg
ジェイアール東海バス

2000年、平成11年排出ガス規制適合に伴い改良。この際、正式な型式を取得せず試作車扱いでの登録となっている。そのため排出ガス規制の識別記号 (KL-) は付かず、単にMU612TXとなっている。ステアリングも変更されたがエアバッグは装備されなかった。エンジンはKL-MS8系エアロクィーンと同じ8M21-3 (430PS) に変更。

構造上1階へはステップはなかったが、交通バリアフリー法対応のため、2001年製の車両から1階に車いすスペースを装備した。2005年、排出ガス規制やその他の事情[4]により製造中止となった。

BKG-MU66JS[編集]

BKG-MU66JS エアロキング「ハイウェイライナー」
694-8950 Shikoku BKG-MU66JS front.jpg694-8950 Shikoku BKG-MU66JS rear.jpg
ジェイアール四国バス
エアロキングの運転席 (BKG-MU66JS) 西日本鉄道

新長期規制に適合させたモデルで、2007年度に型式認定を取得[5]、2008年4月2日に3年ぶりに発売された[6]。今回の型式から「ハイウェイライナー」が示すように、あくまでも都市間高速路線への運用に特化されたモデルとなった。搭載されるエンジンはエアロエース・3代目エアロクィーンと同様に直列6気筒ターボの6M70型エンジン。排気ガス後処理装置として尿素SCRシステムを搭載。エンジンが従来のV型8気筒から直列6気筒に変更されたため、同社のエアロクィーンI・エアロクィーンII・エアロバスが2005年のマイナーチェンジ時にエンジンがV型8気筒から直列6気筒に変更された時と同じく、ホイールベースを150mm短縮するかわりにリアオーバーハングを150mmを延長してエンジン搭載スペースを確保している。外観はフロントは2代目エアロバスに準じたデザインのままだが、灯火器基準の適合に合わせ、側面に反射器材が装着され、テールランプがリアのバンパーに移動している。ちなみに2007年から2010年までUDトラックス(旧:日産ディーゼル)との業務提携・バス事業の相互OEM供給が行われていたが、エアロキングについては日産ディーゼルにはOEM供給されなかった。

2010年6月8日、同年8月末でエアロキングの生産・販売を中止にする方針が明らかにされた[7][8]ポスト新長期規制に対応するにはコスト面から困難であると判断されたことが理由とされた。

その後、2010年8月末で正式に生産を終了。これにより、国産の2階建バスの製造が終了[9]となるとともに、1992年の2代目エアロバス/エアロクイーン登場時より続いたフロントマスクが完全に廃止された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 独立3列シートの場合、事業者によって異なるがエアロクィーン(MS8系ハイウェイライナー)で乗客定員29人に対し、エアロキングでは2階席30人+1階席6~8人=36~38人まで確保できる。通常の2+2列では2階席52人+1階席14人=66人(はとバス購入車)、JRバスの青春ドリーム号仕様では2階席42人+1階席10人=52人となっている[1]
  2. ^ https://trafficnews.jp/post/79360
  3. ^ a b c ぽると出版「バスラマエクスプレス11 The King」(ISBN 978-4-89980-018-7) P62「販売台数の推移」より。営業車のみのカウントで、自家用車はカウントされていない。
  4. ^ この時の排出ガス規制対応で、このクラスのエンジンがV型8気筒自然吸気エンジンから直列6気筒インタークーラーターボエンジンに変更となったため、エンジン搭載スペースがV型8気筒エンジンに対応していたエアロキングは新型エンジンの搭載ができなくなった。
  5. ^ 国土交通省公式サイト低排出ガス認定自動車に関する公表内の「低排出ガス車認定型式一覧表」11ページに、「ふそうエアロキング」として掲載されている。
  6. ^ 三菱ふそうトラック・バスの「2008年4月2日付プレスリリース」による。
  7. ^ “三菱ふそう2階建てバス生産中止/国産で唯一”. 四国新聞. (2010年6月8日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/economy/20100608000411 2016年1月16日閲覧。 
  8. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻524号(2010年6月号)p155では「2010年3月、関東自動車への納入を最後に生産を終了した」旨が書かれていたが、これは誤りで、実際には2010年度に入ってからもエアロキングの生産は継続されており、プレミアムドリーム号向けなどに増備されている(JRバス関東公式HPより)。
  9. ^ その結果、日本国内で新車の2階建てバスが2016年バンホール・アストロメガが発売されるまで買えなくなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]