名古屋駅バスターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のりばの様子(2017年4月)
6番のりばから撮影したバスターミナル内部

名古屋駅バスターミナルとは、愛知県名古屋市中村区名駅一丁目にある、名古屋市交通局バスターミナルである。

概要[編集]

名古屋駅JRゲートタワーJPタワー名古屋の1階にある。[1]

建設の経緯[編集]

名古屋駅には、かつて名古屋ターミナルビルバスターミナルがあったが、2010年12月に建て替えのため閉鎖された。

その後、名古屋市交通局バス停は名古屋駅周辺の路上に分散され、ジェイアール東海バスは太閤通口に新たにバスターミナルを建設した。

そして名古屋ターミナルビルは解体され、跡地にはJRゲートタワーとJPタワー名古屋が建てられ、バスターミナルも新しく建設された。

また、ジェイアール東海バスは新バスターミナル開業後も太閤通口のバスターミナルを使用しているため、名古屋駅バスターミナルは市バス専用になっている。

年表[編集]

構造[編集]

名古屋駅バスターミナルの構内図

JRゲートタワーJPタワー名古屋の1階にあり、それぞれのビルに直結している。北を上にしたとき、左に90度回転させたP字型をしており、おりばは南側に8つ、のりばは東側の南から順に1~5、北側に6、西側の北から順に7~12とある。[1]

内部の歩道とバスレーンはガラスで区切られており、各のりばには自動ドアとそののりばから発車するバスの路線図時刻表LCD式発車標が設置されている。のりばの床には、系統別で区切られたレーンが設けられており、乗客が系統別に並んで待つようになっている。[3](12番のりばには何も設置されていないが、つばめツアーの集合場所となっている)バスが到着すると、運転士の操作により、自動ドアの解錠と、日本語と英語による自動放送が行われる。おりばには自動ドアなどはなく、通り抜けできるようになっている。3番のりば、10番のりば、おりばの中央の向かい側の壁には総合案内板が設置されており、10番のりばの案内板のみタッチパネル式である。[4]

各のりばに設置されているLCD式発車標は5段式で、日本語のほかに、英語中国語ハングルが順に表示される。

各のりばから発車するバス[編集]

1番のりば[編集]

2番のりば[編集]

3番のりば[編集]

4番のりば[編集]

5番のりば[編集]

6番のりば[編集]

7番のりば[編集]

8番のりば[編集]

9番のりば[編集]

  • 名駅16 広小路本町・名古屋駅行[1]
  • C-758 名古屋駅行(大須本町通 経由)[1]

10番のりば[編集]

11番のりば[編集]

12番のりば[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 名古屋駅バスターミナルのご案内」 2017年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 戦災復興誌編集委員会 1984, p. 382.
  3. ^ 名古屋駅に新バスターミナル 4月1日開業」 日本経済新聞 2017年3月30日公開。 2017年4月3日閲覧。
  4. ^ 案内パネルでバス便利に…ターミナル公開」 YOMIURI ONLINE 2017年3月30日公開。 2017年4月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『戦災復興誌』戦災復興誌編集委員会、名古屋市計画局、1984年3月(日本語)。全国書誌番号:85001403

外部リンク[編集]

名古屋駅バスターミナルのご案内 -名古屋市交通局