庚午 (広島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
庚午
—  町丁  —
庚午の位置(広島県内)
庚午
庚午
座標: 北緯34度22分58.34秒 東経132度24分50.09秒 / 北緯34.3828722度 東経132.4139139度 / 34.3828722; 132.4139139
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Hiroshima Prefecture.svg 広島県
市町村 Flag of Hiroshima.svg 広島市
西区
人口 平成25年7月末現在
 - 計 49,351人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 733-0821・733-0822・733-0823
市外局番 082
ナンバープレート 広島
※座標は庚午三叉路付近
高須駅 / 1922年開業。駅名は地区外の地名であるが庚午地区内に所在。
広島の新開地発展図(『概観広島市史』1955年) / 「庚午新開」が明治期の造成であることが示されている。

庚午(こうご)は、広島市西区地名。ここでは名称に「庚午」を冠する各町(庚午北・庚午中・庚午南)について取り扱う。庚午北、庚午中はそれぞれ一丁目から四丁目まで、庚午南は一丁目から二丁目まである。当地域の人口は19,736人[1]。旧町名は「庚午町」( - ちょう)。

地理[編集]

太田川放水路下流域の西岸に位置する[2]

歴史[編集]

1869年(明治2年)広島では凶作により多数の困窮者が発生し、その救済のため広島藩は大規模な干潟干拓工事を行った。1870年(明治3年)現在の庚午地区に整備された干拓地は、この年の干支庚午(かのえうま、こうご)」にちなみ「庚午新開(こうごしんがい)」と命名された。

隣接する草津地区が古くからの漁村であることと対照的に、庚午地区ではサツマイモ大根などの野菜の栽培に力を入れた。戦後の困窮期には学校の校庭でもサツマイモが盛んに作られ、広島市立庚午中学校は地元民から「イモ中」と呼ばれた。

その後、食糧事情の安定と共に農業は商工業に推移していき、現在では新興の住宅や店舗が立ち並ぶ近代的な町並みに発展し、人口は近年も増加傾向にある。

  • 1869年:現在の庚午地区一帯の干潟干拓工事着工。
  • 1870年:干拓工事竣工。整備された土地は「庚午新開」と命名。
  • 1889年町村制施行により草津村が設置。「佐伯郡草津村大字庚午新開」。
  • 1909年:草津村が町制施行され草津町に。「佐伯郡草津町大字庚午新開
  • 1929年:草津町が広島市に編入合併。「広島市草津町大字庚午新開」。
  • 1933年:草津町大字を「草津東」「草津本町」「草津南町」「草津浜町」「庚午町」に再編。
  • 1967年:庚午町を「庚午中」「庚午南」「庚午北」に再編。
  • 1980年:広島市の政令指定都市移行の際「広島市西区」に編入され、現在の地名「広島市西区庚午中1丁目 - 4丁目、庚午南1丁目・2丁目、庚午北1丁目 - 4丁目」となる。

交通[編集]

バス[編集]

広島バス25号線(草津線)が国道2号線を通過する。 広島バス50号線(東西線)[国道2号線-広島市道霞庚午線]も通過する。

鉄道[編集]

広島電鉄宮島線の以下の駅が最寄りである。(場所により最寄りとなる駅が異なる)

施設[編集]

教育施設[編集]

宗教施設[編集]

  • 庚午神社

スポーツ施設[編集]

  • 西区スポーツセンター
  • 草津公園野球場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年7月末現在、住民基本台帳調査による。広島市調べ
  2. ^ 国土地理院発行2万5千分の一地形図

関連項目[編集]