高須駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高須駅
広電宮島口方面ホーム
広電宮島口方面ホーム
たかす
Takasu
M20 東高須 (0.4km)
(0.7km) 古江 M22
所在地 広島市西区庚午北三丁目11-1[1]
駅番号 M21
所属事業者 広島電鉄
所属路線 宮島線
キロ程 1.4km(広電西広島起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,690人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1922年(大正11年)8月22日
備考 1日当たりの乗車人員は、年間乗車人員を日数で除することで算出した参考値
テンプレートを表示
広電西広島方面ホーム

高須駅(たかすえき)は、広島県広島市西区庚午北三丁目にある広島電鉄宮島線である。

歴史[編集]

高須駅は宮島線が1922年(大正11年)に営業を開始した際に開設された。開業当時の路線は己斐町から草津町までの2.8キロメートルあまりで、当駅は古江駅とともに中間駅として設けられた[2]

  • 1922年(大正11年)8月22日 - 宮島線の己斐町 - 草津町間の開通と同時に開業[3][4]

駅構造[編集]

当駅はホームが地面に接する地上駅という形態をとる[5]。ホームは2面あり、2本の線路を挟んで配置されているが、互いのホーム位置は斜向かいにずれている[5][6]。路線の起点から見て手前に広電西広島駅方面へ向かう上りホームが、奥に広電宮島口駅方面へ向かう下りホームがある[5][6]。両ホームの間には道路が通り、踏切が設けられている。

利用状況[編集]

以下の情報は、広島市統計書に基づいたデータである。1日平均乗車人員データは、年度毎の乗車総数を365(閏年は366)で割った値を小数点2位を丸めて小数点1位の値にした物である。広島電鉄のデータは1,000で丸めて提供されているので、1年毎ではプラスマイナス500の誤差があり、1日当たりでは1.4人程度の誤差が発生する。

年度 1日平均
乗車人員
1年毎
乗車総数
1年毎
定期
1年毎
定期外
出典
1998年(平成10年) 1,591.8 581,000 127,000 454,000 [7]
1999年(平成11年) 1,486.3 544,000 120,000 424,000 [7]
2000年(平成12年) 1,471.2 537,000 118,000 419,000 [7]
2001年(平成13年) 1,443.8 527,000 121,000 406,000 [8]
2002年(平成14年) 1,427.4 521,000 110,000 411,000 [9]
2003年(平成15年) 1,469.9 538,000 118,000 420,000 [10]
2004年(平成16年) 1,342.5 490,000 118,000 372,000 [11]
2005年(平成17年) 1,413.7 516,000 118,000 398,000 [12]
2006年(平成18年) 1,413.7 516,000 117,000 399,000 [13]
2007年(平成19年) 1,426.4 522,000 123,000 399,000 [14]
2008年(平成20年) 1,463.9 534,000 126,000 408,000 [15]
2009年(平成21年) 1,427.4 521,000 128,000 393,000 [16]
2010年(平成22年) 1,460.3 533,000 124,000 409,000 [17]
2011年(平成23年) 1,480.9 542,000 124,000 418,000 [18]
2012年(平成24年) 1,504.1 549,000 128,000 421,000 [19]
2013年(平成25年) 1,531.5 559,000 132,000 427,000 [20]
2014年(平成26年) 1,567.1 572,000 140,000 432,000 [21]
2015年(平成27年) 1,596.3 584,000 143,000 442,000 [22]
2016年(平成28年) 1,690.4 617,000 147,000 470,000 [23]

駅周辺[編集]

北を山陽本線が並走していて、当駅付近で特に近接している[5]

隣の駅[編集]

広島電鉄
宮島線
東高須駅 (M20) - 高須駅 (M21) - 古江駅 (M22)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 路線・電停ガイド - 宮島線”. 広島電鉄. 2015年8月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月14日閲覧。
  2. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』 広島電鉄、2012年、67頁。
  3. ^ 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、150-157頁。ISBN 4-533-05986-4
  4. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1922年8月26日(国立国会図書館デジタル化資料)
  5. ^ a b c d 川島令三 『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、15・86頁。ISBN 978-4-06-295157-9
  6. ^ a b 川島令三 『全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社2009年、118頁。ISBN 978-4-7942-1711-0
  7. ^ a b c 『広島市統計書』平成13年版
  8. ^ 『広島市統計書』平成14年版
  9. ^ 『広島市統計書』平成15年版
  10. ^ 『広島市統計書』平成16年版
  11. ^ 『広島市統計書』平成17年版
  12. ^ 『広島市統計書』平成18年版
  13. ^ 『広島市統計書』平成19年版
  14. ^ 『広島市統計書』平成20年版
  15. ^ 『広島市統計書』平成21年版
  16. ^ 『広島市統計書』平成22年版
  17. ^ 『広島市統計書』平成23年版
  18. ^ 『広島市統計書』平成24年版
  19. ^ 『広島市統計書』平成25年版
  20. ^ 『広島市統計書』平成26年版
  21. ^ 『広島市統計書』平成27年版
  22. ^ 『広島市統計書』平成28年版
  23. ^ 『広島市統計書』平成29年版

参考文献[編集]

  • 広島市企画総務局編 『広島市統計書』各年版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]