京橋町 (広島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 広島県 > 広島市 > 南区 (広島市) > 京橋町 (広島市)
京橋町
京橋
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 広島県
広島市 南区
人口
2017年10月末現在[1]
 • 合計 667人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
732-0828

京橋町(きょうばしちょう)は、広島市南区町名住居表示実施済み。丁番の設定がない単独町名である。郵便番号は732-0828(宇品郵便局管区)。

地理[編集]

広島駅から猿猴川を挟み南側に位置し、西側には京橋川を挟んで中区と隣り合っている。

歴史[編集]

毛利氏在城の時、たびたびに入覲した[2]。往復し、通り過ぎる所の郭門を京口門と称し、橋を京橋と称した[2]。町名はその橋名に起因する[2]1880年1月、段原村の内265歩を当町に属した[2]

地名の由来[編集]

町内にかかる京橋より名づけられた。京橋がかかる川は京橋川と呼ばれる。

人口[編集]

1925年末の戸数・人口は、198・884[3]2017年10月末の世帯数・人口は、424・667[1]

経済[編集]

産業[編集]

アパホテル広島駅前大橋
店・企業
広島支店エリアマーケティンググループ、同支店総括スタッフ、同支店販売グループ・産業燃料グループ
コンビニ
旅館・ホテル
  • アパホテル広島駅前大橋
  • 広島グランドインテリジェントホテル
金融機関
かつて存在した企業
  • 島本商事[4]
目的・金融及び土地家屋、有価証券の所有[4]資本金・20万円[4]。設立・1921年10月[4]。無限責任社員・島本幸助、島本静吾[4]

地域[編集]

教育[編集]

施設[編集]

宗教

かつて存在した施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

町内に鉄道駅はないが、JR西日本JR西日本広島駅山陽新幹線山陽線可部線芸備線呉線)、広島電鉄本線稲荷町電停などが徒歩圏内にある。

出身・ゆかりのある人物[編集]

経済[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 人口、世帯数(町丁目別)、広島市公式サイト。
  2. ^ a b c d 『広島市史 第4巻』172頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年5月7日閲覧。
  3. ^ 『広島市統計年表 大正14年(第21回)』28頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年5月12日閲覧。
  4. ^ a b c d e 『日本全国諸会社役員録 第44回』下編424頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年1月1日閲覧。
  5. ^ a b c d 税理士情報検索、税理士情報検索サイト。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 『日本紳士録 第28版』広島1-34頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 『日本紳士録 第44版』広島1-28頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月20日閲覧。
  8. ^ a b c d 『日本紳士録 第40版』広島1-28頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月2日閲覧。
  9. ^ a b 『広島県紳士名鑑』125頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月27日閲覧。
  10. ^ 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』10頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月1日閲覧。
  11. ^ a b c d e 『広島県紳士録 昭和8年版』1-101頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』時事新報社、1916年。
  • 『広島県紳士名鑑』国民教育普及社、1917年。
  • 広島市編『広島市史 第4巻』広島市、1922年-1925年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第28版』交詢社、1924年。
  • 広島市編『広島市統計年表 大正14年(第21回)』広島市、1927年。
  • 『広島県紳士録 昭和8年版』西日本興信所、1933年。
  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 第44回』商業興信所、1936年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第40版』交詢社、1936年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第44版』交詢社、1940年。