東高須駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東高須駅
広電宮島口方面ホーム
広電宮島口方面ホーム
ひがしたかす
Higashi-takasu
M19 広電西広島 (1.0km)
(0.4km) 高須 M21
所在地 広島市西区庚午北二丁目12-30[1]
駅番号 M20
所属事業者 広島電鉄
所属路線 宮島線
キロ程 1.0km(広電西広島起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,003人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1964年昭和39年)12月1日
備考 1日当たりの乗車人員は、年間乗車人員を日数で除することで算出した参考値
テンプレートを表示
広電西広島方面ホーム

東高須駅(ひがしたかすえき)は、広島県広島市西区庚午北二丁目にある広島電鉄宮島線である。

歴史[編集]

1922年(大正11年)に宮島線が開業した際、当地に駅は開設されておらず、東高須駅が開業したのはそれから40年ほど経過した1964年(昭和39年)のことである。

駅構造[編集]

当駅はホームが地面に接する地上駅である[3]。ホームは2面あり、2本の線路を挟み込むように置かれている[3]。ただし互いのホーム位置は斜向かいにずれていて、起点から見て手前に広電西広島駅方面へ向かう上りホームが、奥に広電宮島口駅方面へ向かう下りホームがある[3][4]。両ホームの間には道路が通っていて、踏切が設置されている。

利用状況[編集]

以下の情報は、広島市統計書に基づいたデータである。1日平均乗車人員データは、年度毎の乗車総数を365(閏年は366)で割った値を小数点2位を丸めて小数点1位の値にした物である。広島電鉄のデータは1,000で丸めて提供されているので、1年毎ではプラスマイナス500の誤差があり、1日当たりでは1.4人程度の誤差が発生する。

年度 1日平均
乗車人員
1年毎
乗車総数
1年毎
定期
1年毎
定期外
出典
1998年(平成10年) 1,227.4 448,000 60,000 388,000 [5]
1999年(平成11年) 1,021.9 374,000 57,000 317,000 [5]
2000年(平成12年) 972.6 355,000 50,000 305,000 [5]
2001年(平成13年) 926.0 338,000 47,000 291,000 [6]
2002年(平成14年) 931.5 340,000 48,000 292,000 [7]
2003年(平成15年) 939.9 344,000 49,000 295,000 [8]
2004年(平成16年) 846.6 309,000 48,000 261,000 [9]
2005年(平成17年) 906.8 331,000 45,000 286,000 [10]
2006年(平成18年) 890.4 325,000 46,000 279,000 [11]
2007年(平成19年) 897.3 328,000 50,000 278,000 [12]
2008年(平成20年) 910.6 332,000 55,000 277,000 [13]
2009年(平成21年) 846.6 309,000 55,000 254,000 [14]
2010年(平成22年) 868.5 317,000 58,000 259,000 [15]
2011年(平成23年) 898.9 329,000 58,000 271,000 [16]
2012年(平成24年) 895.9 327,000 57,000 270,000 [17]
2013年(平成25年) 909.6 332,000 60,000 272,000 [18]
2014年(平成26年) 920.5 336,000 64,000 272,000 [19]
2015年(平成27年) 960.9 352,000 75,000 277,000 [20]
2016年(平成28年) 1,002.7 366,000 77,000 289,000 [21]

駅周辺[編集]

当駅の広電西広島寄りで、宮島線は国道2号西広島バイパスと交差している[3]

隣の駅[編集]

広島電鉄
宮島線
広電西広島駅 (M19) - 東高須駅 (M20) - 高須駅 (M21)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 路線・電停ガイド - 宮島線”. 広島電鉄. 2015年8月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  2. ^ 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、156-157頁。ISBN 4-533-05986-4
  3. ^ a b c d 川島令三 『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、15・86頁。ISBN 978-4-06-295157-9
  4. ^ 川島令三 『全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社2009年、118頁。ISBN 978-4-7942-1711-0
  5. ^ a b c 『広島市統計書』平成13年版
  6. ^ 『広島市統計書』平成14年版
  7. ^ 『広島市統計書』平成15年版
  8. ^ 『広島市統計書』平成16年版
  9. ^ 『広島市統計書』平成17年版
  10. ^ 『広島市統計書』平成18年版
  11. ^ 『広島市統計書』平成19年版
  12. ^ 『広島市統計書』平成20年版
  13. ^ 『広島市統計書』平成21年版
  14. ^ 『広島市統計書』平成22年版
  15. ^ 『広島市統計書』平成23年版
  16. ^ 『広島市統計書』平成24年版
  17. ^ 『広島市統計書』平成25年版
  18. ^ 『広島市統計書』平成26年版
  19. ^ 『広島市統計書』平成27年版
  20. ^ 『広島市統計書』平成28年版
  21. ^ 『広島市統計書』平成29年版

参考文献[編集]

  • 広島市企画総務局編 『広島市統計書』各年版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]