THE OUTLETS HIROSHIMA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
THE OUTLETS HIROSHIMA
ジ アウトレット ヒロシマ
地図
店舗概要
所在地 731-5196
広島県広島市佐伯区石内東4丁目1番1号
座標 北緯34度24分33.8秒 東経132度23分51秒 / 北緯34.409389度 東経132.39750度 / 34.409389; 132.39750座標: 北緯34度24分33.8秒 東経132度23分51秒 / 北緯34.409389度 東経132.39750度 / 34.409389; 132.39750
開業日 2018年 (平成30年) 4月27日
施設管理者 イオンモール株式会社
設計者 株式会社大本組
施工者 株式会社大本組
敷地面積 268,000 m²
延床面積 72,000 m² (容積率27%)
商業施設面積 53,000 m²
中核店舗 イオンスタイル
店舗数 200
営業時間 9:00 - 20:00
駐車台数 4,000台
駐輪台数 1,200台
商圏人口 120万人
最寄駅 広域公園前駅
最寄IC 五日市IC
外部リンク THE OUTLETS HIROSHIMA
AEON MALL logo.svg

THE OUTLETS HIROSHIMA (ジ アウトレット ヒロシマ) は、広島県広島市佐伯区に所在し、イオンモールが運営・管理するアウトレットモールである[1]

概要[編集]

広島市佐伯区石内地区において広島電鉄が開発した、住宅団地・物流団地[注釈 1]が集積するニュータウン西風新都グリーンフォートそらの」の商業施設エリア[3]にイオンモールが「西風新都プロジェクト」[4]として建設したアウトレットモールである。

イオンモールのアウトレットモール業態としてはイオンレイクタウン (埼玉県越谷市) の「レイクタウンアウトレット」に次ぐ2店舗目で、新規開発から手がける施設としては初の店舗となる。イオンモールは「THE OUTLET」の業態を単なる本格的アウトレットモールではなく「エンターテイメント」や「地域との出会い」を絡めた「地域創生型アウトレット」と位置づけており[5]、中四国/広島県初出店となる店舗を中心とした127店のアウトレットショップの他、通年オープンのスケートリンク映画館 (シネマコンプレックス) 、ボウリング場、瀬戸内や広島の名産品を扱う物産店など[6]、アウトレットに「コト消費」の要素を織り交ぜた複合施設となっている[7]

テナント[編集]

建物は2階建てで、1階が「ライフデザインフロア」と銘打ち、従来のイオンモール同様、エンクローズドモール型のモール形式で、イオンスタイルや書店、娯楽施設、フードコート、郵便局[8]などの従来のイオンモール同等のテナントが入居している。

一方2階は「本格アウトレットフロア」と銘打ったオープン型のアウトレットゾーンとなっている。ライフデザインフロアには中央にイオンスタイルを核とした「よりみちマルシェ」を配置し、一方にフードコートとイオンシネマ広島西風新都 (後述) とカプコンのアミューズメント施設の入居する「ほしかげシティ」、その中間にフードコート「にしかぜダイナー」、反対側にフタバ図書の大型店舗や専門店、広島電鉄から寄贈された路面電車等が配置される「なみのわガレージ」とエリア分けされている。

イオンシネマ広島西風新都[編集]

イオンシネマ広島西風新都
情報
完成 2018年
開館 2018年4月27日
開館公演 ママレード・ボーイ
となりの怪物くん
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
いぬやしき
レディ・プレイヤー1
クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜
名探偵コナン ゼロの執行人
ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
収容人員 (9スクリーン) 1,389人
設備 ドルビーデジタルDTS、デジタル3D (3・6・8スクリーンのみ) 、クリスティviveスピーカー (6スクリーンのみ) 他
用途 シネマコンプレックス
運営 イオンエンターテイメント株式会社
所在地 THE OUTLETS HIROSHIMA 1階
外部リンク イオンシネマ広島西風新都

イオンシネマ広島西風新都 (イオンシネマひろしませいふうしんと) は、THE OUTLETS HIROSHIMA 1階の「ほしかげシティ」に出店するシネマコンプレックスイオンエンターテイメントの展開する「イオンシネマ」の一つで、広島県では広島イースト (広島段原ショッピングセンター) 内の「イオンシネマ広島 (旧ワーナー・マイカル・シネマズ広島)」に次ぐ2店舗目。9スクリーンあり、全館に「コクーンシート」と呼ばれるシートを採用している。最大収容の6スクリーンには、高画質映像と立体音響を備えた3Dシステム「ULTIRA」(ウルティラ) が採用されている。

シアター名 一般座席数 (内の車いす座席数) 備考
1スクリーン 79 (2)
2スクリーン 79 (2)
3スクリーン 152 (2) デジタル3D
4スクリーン 182 (2)
5スクリーン 284 (2)
6スクリーン 324 (4) デジタル3D・クリスティviveスピーカー
4Kプロジェクター・ULTIRA
7スクリーン 100 (2)
8スクリーン 110 (2) デジタル3D
9スクリーン 79 (2)
合計 1,389 (20)

周辺の競合店[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「西風新都グリーンフォートそらの」の物流団地エリアには日本郵便が、一般向けの窓口を持たない郵便局 (広島県西部における地域区分局) である広島郵便局が2017年4月10日に開局している[2]

出典[編集]

  1. ^ 地域創生型商業施設 「THE OUTLETS HIROSHIMA」 4月27日(金)AM10:00 全館グランドオープン!” (PDF) (プレスリリース), イオンモール株式会社・イオン株式会社, (2018年3月23日), http://www.aeonmall.com/files/management_news/1059/pdf.pdf 
  2. ^ “広島郵便局 (地域区分郵便局) の開局” (プレスリリース), 日本郵便中国支社, (2016年11月21日), http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2016/10_chugoku/1121_01_01.pdf 2018年5月6日閲覧。 
  3. ^ 街区計画”. 西風新都グリーンフォートそらの. 広島電鉄. 2018年5月6日閲覧。
  4. ^ “「 (仮称) 西風新都プロジェクト」の開発計画について” (PDF) (プレスリリース), イオンモール, (2017年3月27日), http://www.aeonmall.com/files/management_news/932/pdf.pdf 2018年5月6日閲覧。 
  5. ^ THE OUTLETS HIROSHIMA、2018年春開業ーイオン、西風新都にアウトレットモール”. 都市商業研究所 (2017年10月4日). 2018年2月11日閲覧。
  6. ^ “広島・西風新都にアウトレットを核にした大型商業施設 イオンモールが来春開業へ”. 広島経済新聞. (2017年10月25日). https://hiroshima.keizai.biz/headline/2686/ 2018年2月11日閲覧。 }
  7. ^ “イオン、広島市で新型SCを開業”. 日本経済新聞. (2018年4月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2992196027042018000000/ 2018年5月6日閲覧。 
  8. ^ “ジ・アウトレット広島内郵便局(広島県)の開局” (PDF) (プレスリリース), 日本郵便株式会社中国支社, (2018年6月20日), https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2018/10_chugoku/0620_01_01.pdf 2018年8月2日閲覧。 

外部リンク[編集]