鈴木敏也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 敏也(すずき としや、1885年明治18年)10月13日 - 1945年昭和20年)12月9日)は、日本国文学者。広島文理科大学教授[1]。族籍は愛知県士族[1]。号は菫村[2]

人物[編集]

愛知県出身。光雄の長男[1]1914年7月、東京帝国大学文科大学国文学科卒業[3]広島高師教授をへて1929年広島文理大教授となる[2]1945年8月6日、広島市への原子爆弾投下により被爆[2]。学長事務取扱に任命された[2]。1945年12月9日に死去した[2]。著作に『近世日本小説史』、『近代国文学素描』などがある。

家族・親族[編集]

鈴木家 

愛知県、広島市牛田本町[1]

  • 父・光雄(愛知県士族)[4]
  • 妻・満壽枝[4]
1895年 -
  • 長男、長女、二女、三女、二男、三男[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『人事興信録 第14版 上』ス74頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e 鈴木 敏也とはコトバンク。2017年10月18日閲覧。
  3. ^ 『東京帝国大学一覧 從大正4年 至大正5年』226頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月18日閲覧。
  4. ^ a b c 『大衆人事録 第12版 近畿・中国・四国・九州篇』広島16頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 東京帝国大学編『東京帝国大学一覧 從大正4年 至大正5年』東京帝国大学、1913-1924年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版 近畿・中国・四国・九州篇』帝国秘密探偵社ほか、1938年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。