田中晃 (哲学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 晃
人物情報
生誕 1906年12月10日
日本の旗 日本 山口県防府市
死没 (1998-05-17) 1998年5月17日(91歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 九州帝国大学卒業
学問
研究分野 哲学
日本精神哲学
道元の研究
研究機関 山口大学
九州帝国大学
山口女子大学
宇部工業高等専門学校
学位 文学博士
称号 山口大学名誉教授
山口女子大学名誉教授
主な業績 正法眼蔵の哲学研究
学会 日本哲学会
西日本哲学会
九州大学哲学会
主な受賞歴 勲二等旭日重光章(1978年)[1]
テンプレートを表示

田中 晃(たなか あきら、1906年12月10日 - 1998年5月17日[1])は、日本の教育者哲学者山口大学第2代目学長[2]。同大名誉教授[3]文学博士(1944年、九州大学にて取得)[4]雅号は周陽[1]

略歴[編集]

1906年山口県防府市の生まれ。1930年九州帝国大学哲学科を卒業。1938年に広島高等学校教授兼九州帝国大学助教授、1944年より九州帝国大学専任となる[1]。1952年[1]より山口大学文理学部西洋哲学科教授[5]。1944年8月、九州大学にて、「プラトンとアリストテレス」で文学博士。1958年山口大学第2代目学長に就任(1962年まで)。同大名誉教授、1970年より[1]山口女子大学(現・山口県立大学)学長・名誉教授。宇部工業高等専門学校初代校長でもある。1998年5月17日、胸部大動脈瘤破裂のため死去[1]

研究・論文・活動[編集]

  • 1969年 - 第20回 西日本哲学会 提題「意識と存在」
  • 「道元禅解釈の一視点 ―「即心是仏」の心について」(九州大学哲学会、哲学論文集、1986年)[6][7]

著書・共著[編集]

  • 『意識と存在』(山口女子大学、1975年)[8]
  • 『正法眼蔵の哲学』(法蔵館、1982年)

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『現代物故者事典 1997~1999』(日外アソシエーツ、2000年)p.365
  2. ^ 歴代学長 国立大学法人山口大学
  3. ^ 道元「有時」を読む 一橋大学 齊藤誠のページ
  4. ^ 博士論文 - 学術データベース 田中晃
  5. ^ 鴻文第15号 会報1995年12月15日 西洋哲学研究室 田中晃先生を囲む
  6. ^ 九州大学哲学会 哲学論文集
  7. ^ 九州大学附属図書館 田中晃
  8. ^ 意識と存在 - J-Stage 田中晃