鈴木俊平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 俊平(すずき しゅんぺい、1927年5月7日 - 2006年6月9日[1])は、日本の小説家。

略歴[編集]

茨城県、現在の北茨城市出身。本名・鈴木俊一。早稲田大学文学部卒業。生家は酒造業「住の友酒造」。作家の星新一は母の従兄弟(祖母が、星新一の父である星一の妹[2])。

少年時代から同人誌活動を続け、1957年『発酵』を自費出版した。1982年、結核性腸腫瘤にかかったが、一命をとりとめた。1984年、茨城県五浦海岸の風船爆弾の基地跡に記念碑を建てた[3][要追加記述]

著書[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木俊平さん死去[2018年1月]
  2. ^ 鈴木禎、住の友酒造 日本釀造協會雜誌 1983年 78巻 4号 p.279, doi:10.6013/jbrewsocjapan1915.78.279
  3. ^ 『現代日本人名録』