招徳酒造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
招徳酒造株式会社
Shoutoku Brewery Co.,LTD
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
612-8338
京都府京都市伏見区舞台町16
設立 1645年創業(会社設立は1943年昭和20年1945年))
業種 食料品
事業内容 日本酒を中心とした各種酒類の製造・販売
代表者 木村紫晃(代表取締役社長、佛教大学講師、伏見酒造組合副理事長)
外部リンク 招徳ホームページ
テンプレートを表示

招徳酒造(しょうとくしゅぞう)は、日本酒純米酒を中心に各種の酒類を製造する酒造会社。

概要[編集]

正保2年(1645年)洛中にて酒造業を営んでいた木村家が大正中期に名水の里・伏見の現在地に移転。

昭和18年に戦時企業整備令により、酒井家、藤井家ならびに木村家の3家系・4酒造場が木村酒造を中心に企業合同し、共栄酒造株式会社として認可された。存続工場となった木村家は正保2年(1645年)に洛中で酒造を始めた。

木村酒造は明治6年から京都の中心、四条河原町の西南角で清酒味醂醸造をしていたが、大正末期の京都市の都市計画のために伏見の現在地へ移転した。その後、共栄酒造はさらに木村本家(坂宗)酒造を加え、昭和39年には酒銘と同じ招德酒造に変更して今日に至る。

招徳の由来は禅語の「福以徳招」(福を以て徳を招く)から。

特徴[編集]

  • 京都府京都市京都府立大学などとともに「京野菜機能性活用推進連絡会」を設立し、京野菜の健康成分の研究や加工品の開発の支援を行っている[1]
  • かねてより「純米酒こそは清酒本来の姿」と考えいちはやく、昭和40年代より純米酒の製造販売に取り組む一方、純米酒の普及に取り組んでいる。伏見醸友会会員。
  • 永年、兵庫県但馬杜氏福井県糠杜氏が酒造りを率いてきたが、十年以上の期間をかけて技術の継承を行い、現在は糠杜氏から引継いだ生え抜きの大塚真帆が杜氏を務めている。前の杜氏達は3時半からしていたりしたが大塚杜氏になってから勤務時間が約7:30-17:00に減らしたり、生もとを始めたりした。[2]デザインも手がけている。[3]題字は暁星によるもの。
  • 主に水曜土曜に事前予約20名限定で蔵見学を行っていた。
  • 農家との連携を進め、直接の契約栽培を増やしている。京都市嵯峨越畑の棚田では京都だけの酒米日本晴の契約栽培を行い、京都府下のJAS有機米農家認定第1号である綾部市の西山農場では、五百万石の栽培を行う一方、農薬の施用低減を目指した特別栽培の試みや、旭(朝日)4号や山田錦などの特色ある品種の栽培にも取り組んでいる。他に美山錦、アキヒカリ、京の輝き、アキタコマチなど。
  • 仕込水は蔵内にある井戸より汲み上げた、硬度のやや低い中軟水(中硬水とも)。寒仕込み
  • 2011年から10月頃と3月ごろに蔵開きを行っている。3月は伏見酒祭りに合わせ他の蔵と合同で行っている。沖縄料理などの屋台も出る。10月の蔵開きには越畑フレンドパークから十割蕎麦の屋台も出る。
  • 方針は、守るべきものは守る、変えるべき所はかえる。
  • 室はヤヱガキ製の天幕式。
  • 純米酒の復活と普及に力を注ぐ。純米酒製造は漸次増加して、総量の9割超を占めるようになった。生産量は約1200石。
  • 種麹は菱六や樋口松之助商店、糀屋三左衛門などから。麹歩合は20%以上。
  • 協会9号や京の琴、京の華などの清酒酵母を主に使っている。生もとなどは協会701号などの泡なし酵母。昔は高温糖化酛だった。
  • 2014年から(花洛シリーズの)米が100%京都産になった。[4]
  • タンクはホーロー製。
  • 浸漬は5つあった。

沿革[編集]

  • 正保2年(1645年) - 洛中にて創業。
  • 明治6年 - 四条河原町西南角で酒造。
  • 大正中期に京都市の都市計画のために伏見の現在地へ移転。
  • 昭和18年 - 戦時企業整備令により、酒井家、藤井家ならびに木村家の3家系・4酒造場が木村酒造を中心に企業合同し、共栄酒造株式会社として認可された。
  • 共栄酒造はさらに木村本家(坂宗)酒造を加え、昭和39年には商号を酒銘と同じ招徳酒造に変更
  • 昭和中期にから出火して蔵が焼ける。
  • 1995年 - 阪神淡路大震災で被害を受け、2つあったを1つに統合した。それまでは但馬杜氏と糠杜氏の4人の杜氏が隣り合った蔵で、別々に酒を造っていた。
  • 木村紫晃が戻ってきて代表取締役社長になる。
  • 2005年頃 - 大塚真帆が杜氏になる。
  • 2013年 - 最新の洗米機を導入。[5]
  • 2014年 - 冷蔵庫を増設。商品をリニューアル。
  • 2015年 - 創業370周年を迎える。売り上げが底を打つ。タンクが水冷になる。を導入するなど設備を大幅に刷新。めでたの申を発売。蔵開きで酒粕つめ放題や、振る舞い酒が行われた。

所在地[編集]

本社の近くには玉乃光、キザクラカッパカントリー松本酒造月桂冠大倉記念館寺田屋十石船伏見港などの歴史的建造物が多く建っている。キンシ正宗、鶴正、松山・共同酒造、都鶴などの酒蔵も近くにある。月桂冠の大倉酒造研究所や北蔵が近くにあったが2014年に取り潰され、再開発されることになった。

交通アクセス[編集]

主な銘柄[編集]

花洛(からく)
日本酒
花洛の銘柄は、若い女性杜氏を中心に名付けられた[要出典]。2009年から展開している[6]
京都産の酒造好適種米である山田錦五百万石日本晴を使用している。全て京都産の米を使用しており、自産自消をアピールしている[6]
純米酒 花洛 生酛 - 乳酸を添加しない伝統的な醸造方法の生酛造りで仕上げている。精米歩合60%。綾部市西山農場産五百万石・日本晴。
純米大吟醸 花洛 -米(祝)、水、酵母(京都生まれの酵母「京の琴」)すべて京都産。精米歩合50%。
特別純米 花洛 辛口原酒 -精米歩合60%。京都の契約栽培米100%を使用。(西山農場産米)
純米吟醸 花洛 山田錦 -精米歩合60%。京都で契約栽培された山田錦を100%使用。(西山農場産米)
純米吟醸 花洛 京の琴-精米歩合60%。低温の冷蔵庫で貯蔵。「京の琴」。
純米吟醸 花洛 甘口 -精米歩合60%。
純米吟醸 花洛 - 精米歩合60%。
純米酒 花洛 祝 - 京都市嵯峨越畑産の祝。精米歩合70%。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 京都府など、京野菜普及で連絡会 日本経済新聞 2013/9/13(2014/1/9閲覧)
  2. ^ 関西大学ニューズレター2014
  3. ^ http://www.sankei.com/west/news/150109/wst1501090017-n2.html
  4. ^ 近鉄ニュース第815号
  5. ^ http://shoutoku-shop.com/?pid=81737775
  6. ^ a b 京都産酒米の清酒、生産強化 酒造各社、地産地消アピール : 京都新聞”. 2015年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]