招徳酒造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
招徳酒造株式会社
Shoutoku Brewery Co.,LTD
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
612-8338
京都府京都市伏見区舞台町16
設立 1645年創業(会社設立は1943年昭和20年1945年))
業種 食料品
事業内容 日本酒を中心とした各種酒類の製造・販売
代表者 木村紫晃(代表取締役社長、佛教大学講師、伏見酒造組合副理事長)
外部リンク 招徳ホームページ
テンプレートを表示

招徳酒造(しょうとくしゅぞう)は、日本酒純米酒を中心に各種の酒類を製造する酒造会社。

概要[編集]

正保2年(1645年)洛中にて酒造業を営んでいた木村家が大正中期に名水の里・伏見の現在地に移転。 昭和18年に戦時企業整備令により、酒井家、藤井家ならびに木村家の3家系・4酒造場が木村酒造を中心に企業合同し、共栄酒造株式会社として認可された。存続工場となった木村家は正保2年(1645年)に洛中で酒造を始めた。 木村酒造は明治6年から京都の中心、四条河原町の西南角で清酒味醂醸造をしていたが、大正末期の京都市の都市計画のために伏見の現在地へ移転した。その後、共栄酒造はさらに木村本家(坂宗)酒造を加え、昭和39年には酒銘と同じ招德酒造に変更して今日に至る。

招徳の由来は禅語の「福以徳招」(福を以て徳を招く)から。

特徴[編集]

沿革[編集]

  • 正保2年(1645年) - 洛中にて創業。
  • 明治6年 - 四条河原町西南角で酒造。
  • 大正中期に京都市の都市計画のために伏見の現在地へ移転。
  • 昭和18年 - 戦時企業整備令により、酒井家、藤井家ならびに木村家の3家系・4酒造場が木村酒造を中心に企業合同し、共栄酒造株式会社として認可された。
  • 共栄酒造はさらに木村本家(坂宗)酒造を加え、昭和39年には商号を酒銘と同じ招徳酒造に変更
  • 昭和中期にから出火して蔵が焼ける。
  • 1995年 - 阪神淡路大震災で被害を受け、2つあったを1つに統合した。それまでは但馬杜氏と糠杜氏の4人の杜氏が隣り合った蔵で、別々に酒を造っていた。
  • 木村紫晃が戻ってきて代表取締役社長になる。
  • 2005年頃 - 大塚真帆が杜氏になる。
  • 2013年 - 瓶燗機が新型になる。最新の洗米機を導入。[5]
  • 2014年 - 冷蔵庫を増設。商品をリニューアル。
  • 2015年 - 創業370周年を迎える。

所在地[編集]

本社[編集]

近くには玉乃光キザクラカッパカントリー松本酒造月桂冠大倉記念館寺田屋十石船伏見港などの歴史的建造物が多く建っている。キンシ正宗、鶴正、松山・共同酒造、都鶴などの酒蔵も近くにある。月桂冠の大倉酒造研究所や北蔵が近くにあったが2014年に取り潰され、再開発されることになった。

交通アクセス[編集]

近商ストア(スーパーマーケットKINSHO)丹波橋店の北隣。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 京都府など、京野菜普及で連絡会 日本経済新聞 2013/9/13(2014/1/9閲覧)
  2. ^ 関西大学ニューズレター2014
  3. ^ http://www.sankei.com/west/news/150109/wst1501090017-n2.html
  4. ^ 近鉄ニュース第815号
  5. ^ http://shoutoku-shop.com/?pid=81737775

外部リンク[編集]