冨金原俊二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

冨金原 俊二(ふきんばら しゅんじ、1935年(昭和10年)12月8日 - )は、日本の大蔵官僚。元経済企画事務次官

略歴[編集]

  • 島根県立浜田高等学校京都大学経済学部卒業
  • 1958年(昭和33年)4月:大蔵省入省
  • 北海道開発庁予算課長
  • 大蔵省大臣官房会計課長
  • 日本専売公社管理調整本部総務部長
  • 経済企画庁総合計画局審議官
  • 1987年(昭和62年)6月:経済企画庁物価局長
  • 1988年(昭和63年)6月:経済企画庁調査局長
  • 1989年(平成元年)6月:経済企画庁総合計画局長
  • 1992年(平成4年)1月:経済企画事務次官
  • 1993年(平成5年)8月:株式会社さくら総合研究所特別顧問
  • 1998年(平成10年)4月:日本鋪道株式会社顧問
  • 2001年(平成13年)4月:SMBCコンサルティング株式会社特別顧問
  • 2001年(平成13年)6月:株式会社イーバンク銀行常勤監査役
  • 2003年(平成15年)6月:日本鋪道株式会社監査役

同期入省者[編集]

尾崎護長富祐一郎(関税局長)など。

その他役職[編集]

  • 財団法人磁気健康科学研究振興財団理事
  • 財団法人塩事業センター評議員