JFEスチール東日本製鉄所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

JFEスチール東日本製鉄所(ジェイエフイースチールひがしにほんせいてつしょ)は、JFEスチール銑鋼一貫製鉄所である。京浜地区と千葉地区に分かれており、前者は川崎市川崎区扇島1-1、後者は千葉市中央区川崎町1にある。また、兵庫県西宮市に西宮工場がある。

日本鋼管と川崎製鉄の統合に伴い誕生した。京浜地区は旧・日本鋼管京浜製鉄所、千葉地区は旧・川崎製鉄千葉製鉄所(川鉄千葉)である。

京浜地区[編集]

地区概要[編集]

沿革[編集]

  • 1946年(昭和21年)4月 - 日本鋼管川崎製鉄所操業開始。
  • 1947年(昭和22年)6月 - 鶴見製鉄所操業開始。
  • 1959年(昭和34年)2月 - 水江製鉄所操業開始。
  • 1962年(昭和37年)11月 - 水江製鉄所第1高炉火入れ。
  • 1968年(昭和43年)4月 - 川崎・鶴見・水江の3製鉄所を統合し、京浜製鉄所発足。
  • 1976年(昭和51年)11月 - 扇島第1高炉火入れ。
  • 1979年(昭和54年) - 第2高炉火入れ。
  • 1990年(平成2年) - 高炉1基体制化。
  • 2003年(平成15年)12月1日 - JFEスチール東日本製鉄所に再編。
  • 2008年(平成20年)8月‐新型シャフト炉稼働。

生産品[編集]

  • 厚板鋼板
  • 熱延鋼板
  • 冷延鋼板
  • 鋼管

高炉[編集]

  • #1高炉  1976年火入れ、2004年頃まで稼働、以後休止中
  • #2高炉  1979年火入れ、1990年に休止。#1高炉の休止に伴い2004年3月火入れ(2次)、炉容積5,000立方メートル
  • シャフト炉  2008年火入れ、鉄スクラップを溶解し再資源化。高炉に比べCo2排出量を約半分に抑える。

アクセス[編集]

扇島地区・池上地区
川崎駅東口から川崎市バスおよび川崎鶴見臨港バス・川21系統(水江町行き・ゼロエミッション工業団地行き)で「JFE扇島正門前」下車。
池上地区の場合は上記系統に乗り、手前の「JFE池上正門前」下車。
扇島は道路を含む全域が私有地のため、2010年現在、関係者以外が許可なく島に立ち入ることはできない。
渡田地区
JR浜川崎駅下車(鶴見線南武線浜川崎支線)
川崎駅東口から川崎市バス川40系統(小田栄経由水江町行き)、または川崎鶴見臨港バス・川24系統(鋼管循環)・川28系統(京町循環)で「JFE前」下車
蒲田駅東口から羽田京急バス蒲45系統で終点「JFE前」下車(なお、この路線は平日の通勤時間帯朝晩1本ずつの運行のため利用の際は注意が必要)

千葉地区[編集]

JFEスチール東日本製鉄所(千葉地区)

地区概要[編集]

  • 所在地:千葉市中央区川崎町1
  • 敷地面積 832万m2東京ドームおよそ176個分)

計画[編集]

  • 事業費:163億円
  • 銑鉄:35万トン(年)
  • 粗鋼:50万トン(年)
  • 鋼材:40万トン(年)
  • 当初敷地面積:200万m2(昭和15年竣工、内務省埋め立て地)

沿革[編集]

  • 1950年(昭和25年) - 川崎製鉄、山口・千葉を候補地とする製鉄所開設計画を通産省に届出。千葉市市有地(埋め立て地)の無償提供を受け進出を決める。
  • 1951年(昭和26年)2月1日 - 川崎製鉄千葉工場起工。隣接海面の埋め立て開始。
  • 1952年(昭和27年)5月 - 第1期工事竣工(高炉1基、平炉3基、分塊ミルなど)
  • 1953年(昭和28年)6月 - 西山弥太郎社長、第1号高炉に火入れ。
  • 1956年(昭和31年) - コールドストリップミル(圧延)完成。
  • 1958年(昭和33年) - 2高炉火入れ、第1冷間圧延工場操業開始(銑鋼一貫体制を確立)。川崎製鉄、千葉県に初納税。
  • 1965年(昭和40年) - 第5高炉火入れ。
  • 1977年(昭和52年) - 第6高炉火入れ。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - JFEスチール東日本製鉄所に再編。

生産品[編集]

  • 熱延鋼板
  • 冷延鋼板
  • ステンレス鋼板
  • 鋼管
  • 鉄粉

など

高炉[編集]

  • #1高炉  1953年火入れ、解体済み
  • #2高炉  1958年火入れ、解体済み
  • #3高炉  解体済み
  • #4高炉  解体済み
  • #5高炉  1965年火入れ、1991年12月火入れ(4次) 炉容積2,584立方メートル、2004年6月30日休止、2010年解体
  • #6高炉  1977年火入れ、1998年5月火入れ(2次)、炉容積5,153立方メートル

アクセス[編集]

西宮工場[編集]

千葉地区より原料を調達する、ステンレス鋼製造工場である。高級品や特殊品の製造を行っている。所在地は兵庫県西宮市朝凪町1番50号。

沿革[編集]

  • 1929年(昭和4年)10月 - 川崎造船所(後の川崎重工業)の西宮工場として発足。
  • 1950年(昭和25年)8月 - 川崎製鉄が継承。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - JFEスチール東日本製鉄所西宮工場に再編。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]