木暮武太夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1932年

木暮 武太夫(こぐれ ぶだゆう、1893年明治26年)2月17日 - 1967年昭和42年)7月10日)は、日本実業家政治家衆議院議員参議院議員運輸大臣。群馬県多額納税者[1][2]。木暮旅館主[1]。日本温泉協会会長。旧名は正一[1]

人物[編集]

群馬県北群馬郡伊香保町(現渋川市)出身。木暮武太夫の長男[1]。木暮家の祖先は武田家遺臣であり、天正年間伊香保に土着し[3]、群馬きっての旧家として知られ、「県下唯一の金持ち」と称せられていた[4]

1917年慶應義塾大学部理財科を優等にて卒業[1][4]三井銀行に勤めた[5]旅館業を営んだ[1]1924年、衆議院議員に当選以来、当選8回[5]。1926年、家督を相続し正一を改め襲名した[1]第1次近衛内閣幣原内閣で商工政務次官を務めた[5]

1956年群馬地方区参議院議員となり当選2回[5]第2次池田内閣では運輸大臣を務めた。また伊香保自動車取締役、群馬大同銀行会長、関東いすゞ自動車販売社長などを務めた[5]。趣味は読書、旅行[1]。宗教は仏教[1]。族籍は群馬県平民[6]

略歴[編集]

1953年


所属政党[編集]

エピソード[編集]

  • 公職追放から復帰後、衆議院議員に返り咲くが、このとき木暮の当選のあおりを食って小渕光平(第84代内閣総理大臣小渕恵三の実父、小渕優子の祖父)が落選した。
  • 群馬中央バス事件:自らが社長を努める群馬バスのライバル会社である群馬中央バスの免許申請を運輸大臣として却下した。利権絡みの政治的事件として行政法の判例でも有名な事件。

家族・親族[編集]

木暮家

群馬県北群馬郡伊香保町[1]

1860年 - 1926年
慶應義塾福沢諭吉の薫陶を受けた[8]1890年、衆議院議員に選ばれた[8]。国会開設以来自由党の名士として知られた[4]
  • 母・キヨ(群馬県士族、堤金之亟の長女)[1]
1865年 -
1902年 -
  • 妻・サエ(群馬、井田金七の妹)[1]
1894年 -
1918年 - 1988年
  • 長女(嫁ぐ)[1]
1921年 - 2016年
親戚
  • 井田金七(群馬県多額納税者、酒造業)
  • 稲茂登三郎(実業家、政治家・衆議院議員)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『人事興信録 第14版 上』コ79頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月29日閲覧。
  2. ^ 『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』群馬県23頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月17日閲覧。
  3. ^ a b 『人事興信録 第4版』こ37-38頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月17日閲覧。
  4. ^ a b c 『新代議士名鑑』79頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e 木暮 武太夫とはコトバンク。2016年10月29日閲覧。
  6. ^ a b 『人事興信録 第7版』こ58頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月29日閲覧。
  7. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年270頁。NDLJP:1276156 
  8. ^ a b 『群馬県の代表的人物並事業』63-65頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月28日閲覧。
  9. ^ 木暮, 武太夫, 1918-1988、国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 蛯名慶五郎『群馬県の代表的人物並事業』蛯名慶五郎、1917年。
  • 加藤紫泉『新代議士名鑑』国民教育会、1924年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』交詢社、1933年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。