対満事務局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

対満事務局(たいまんじむきょく)は、1932年(昭和7年)の満州国成立にともない、対満州国行政を一元化する目的で設置された日本の官庁[1]

概要[編集]

1934年(昭和9年)12月26日設置。初代総裁には林銑十郎が就任した。内閣総理大臣の管理下に置かれ、関東庁および拓務省所管の南満州鉄道株式会社満洲電信電話株式会社の業務を監督した[1]。また、拓務省の所管だった、満州における拓殖事業関連の事務も引き継いだ[2]

本局の設置にあたっては、関東軍陸軍が主導権を掌握しようとしたため、関東庁職員および満州国警察署長の全員がこれに反発して辞職したこともあった[1]

1942年(昭和17年)11月、大東亜省の設置により、同省の満州事務局に改組された[1]

歴代総裁[編集]

陸軍大臣の兼務。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『昭和史事典』毎日新聞社〈別冊1億人の昭和史〉、1980年5月、212頁。
  2. ^ 対満事務局』 - コトバンク

参考文献[編集]