木下栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

木下 栄(きのした さかえ、1882年明治15年)5月-1952年昭和27年)5月26日)は日本の政治家、実業家。衆議院議員(3期)、神姫合同自動車(現神姫バス社長

略歴[編集]

1882年(明治15年)5月、兵庫県に生まれる。和仏法律学校(現・法政大学)で学んだ後、台湾総督府法院書記として勤める。その後、満州日日新聞神戸又新日報の社員を経て、神姫合同自動車社長に就任する。

大日本帝国憲法下での最後の総選挙である第22回衆議院議員総選挙第23回衆議院議員総選挙第24回衆議院議員総選挙に当選する。

芦田内閣運輸政務次官を務め、党では国民協同党中央執行委員、国民民主党総務委員会長を歴任する。

1952年(昭和27年)5月26日に死去。

参考[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典』(日外アソシエーツ、2003)
  • 『日本人物情報大系 第30巻』(皓星社、2000)