大上司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大上 司
おおかみ つかさ
大上司.jpg
「大上司追悼集」より
生年月日 1914年10月2日
出生地 兵庫県赤穂郡上郡町
没年月日 1993年5月
出身校 兵庫県上郡農学校
関西大学経済学部
立命館大学法経学部経済学科卒
所属政党 民主党
民主自由党
自由党
自由民主党
親族 孫・池畑浩太朗
(兵庫県議会議員2期)

選挙区 兵庫県第4区
当選回数 5回
在任期間 1947年4月 - 1963年11月
テンプレートを表示

大上 司(おおかみ つかさ、1914年10月2日 - 1993年5月)は日本の政治家。元衆議院議員(5期)。兵庫県上郡町出身。

来歴[編集]

1932年兵庫県上郡農学校(現・兵庫県立上郡高等学校)卒業、1935年関西大学経済学部卒業、1942年立命館大学法経学部経済学科卒業。1937年に大蔵省官吏(阪神地区税務署近畿財務局)となった後、1941年産経新聞社入社。内外財務研究所理事長などを経て、1947年第23回衆議院議員総選挙にて、民主党公認で兵庫県第4区姫路市相生市飾磨郡神崎郡揖保郡赤穂郡佐用郡宍粟郡)より出馬し初当選。

以後、民主自由党自由党自由民主党と変遷し、通算当選5回。 その間、1958年第28回衆議院議員総選挙では当選したものの公職選挙法違反を問われた。1960年第29回衆議院議員総選挙では再選し、1961年第2次池田内閣第1次改造内閣自治政務次官を務めた。1963年第30回衆議院議員総選挙では落選した上、ふたたび公職選挙法違反を問われた。1967年に行われた第31回衆議院議員総選挙にも出馬したものの自民党の公認が得られなかったこともあり落選。その後は政界から引退して、大阪市を拠点に経営コンサルタント業を行った[1]

議員時代は「宏池会」所属。当選同期に田中角栄・鈴木善幸・中曽根康弘・増田甲子七・中山マサ・松野頼三・倉石忠雄・石田博英・原田憲・園田直・櫻内義雄・根本龍太郎・佐々木秀世・中村寅太など。

孫に元衆議院議員、元国土交通大臣政務官市村浩一郎の元秘書で、元兵庫県議会議員(2期)の池畑浩太朗がいる。

座右の銘[編集]

「以和為貴」(和を以て貴しと為す) -論語より-

エピソード 駅名「赤穂」を「播州赤穂」に[編集]

1998年(平成10年)11月1日 日曜日 朝日新聞 播磨

衆議院員を五期務め、六一年に自治政務次官になった大上司=故人、三二年卒=の初当選は、戦後二回目の総選挙(四七年)。当時三十二歳の若さで政界入を果たした。敗戦後の混乱期、世間は生きるのに懸命で暮らしに追われる中、地盤も金も看板もない無名の青年の立志に周囲の人たちは驚いたという。 高度成長期を前に政界から姿を消したが、「上郡が生んだ政治家」をたたえ一昨年、追悼集が刊行された。大上司追悼集発行会代表だった同級生の元兵庫食糧事務所出納課長三浦吉男=上郡郡竹万=は、その中で大上の総選挙立候補宣言をこう書いた。「神戸より帰る車中で彼と再会し、(中略)私は非常に驚いた。その時彼が証紙の貼ってある十円札束二拾万円を持って帰るのを見せられ驚きと本気であることも確認した」 旧国鉄の赤穂線開通時、駅名が「赤穂」だったのが住民の陳情で「播州赤穂」になり、智頭線からいったん削られた佐用-上郡間が復活したのも「大上の尽力」と明かす。 同級生の一人、高砂市教育長を十二年間務めた香山茂美(八四)=上郡町大持=は、大上の印象を「小柄でひょうきんな一面もあった。えらそばるところがなかった。選挙の時だけでなくいつも気さくな庶民派だった」と懐かしむ。

[2]

ギャラリー[編集]

ありし日の大上司と池田勇人内閣総理大臣「自由民主党大会」

大上司と池田勇人内閣総理大臣

脚注[編集]

  1. ^ 大上元政務次官 三十八年に落選『朝日新聞』1976年(昭和51年)10月10日朝刊、13版、23面
  2. ^ 1998年(平成10年)11月1日 日曜日 朝日新聞 播磨