農学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

農学校(のうがっこう)は、戦前日本において、農業を教授し、農学従事者を育成していた中等教育機関(実業学校)、または高等教育機関である。

歴史[編集]

  • 1881年(明治14年) - 小学校教則綱領。後に小学校農業科が発展。
  • 1883年(明治16年) - 「農学校通則」が制定される(3年後に廃止)。制定時にはすでに10校もの公立農業学校が存在[1]
  • 1886年明治19年) - 中学校令の施行により尋常中学校に農業専修科が置かれる。後に簡易農学校へと発展。
  • 1894年(明治27年) - 「簡易農学校規定」が制定される。
  • 1899年(明治32年)2月 - 実業学校令の施行に伴い、農業学校規程が制定される。(農学校の最初の形式的確立
    • 修業年限と入学資格で甲種(年齢14年以上、修業年限4箇年の高等小学校卒業またはこれと同等以上の学力のある者を収容する3年課程)と乙種(年齢12年以上、修業年限4箇年の尋常小学校卒業あるいはこれと同等以上の学力のある者を収容する3年以内の課程)の2種に分けられたが、後に法規上の区別は廃された。
  • 1922年大正11年)1月15日 - 文部省令第4号により農学校に関して以下のように規定される。
    • 修業年限 - 尋常小学校卒業程度を入学資格とする場合は2年ないし3年である。いずれも特別の必要のある場合に限り1年以内、これを延長することができる。
    • 学科 - 土地の状況によって農業、養蚕、園芸、畜産、林業のうち1学科または複数の学科が置かれる。
      • 学科目 - 修身、公民科、国語、数学、物理および化学、博物、体操(武道を含む)、農業にかんする学科目および実習であり、修業年限、土地の状況等によって地理、歴史、簿記、図画、手工、外国語、工業、商業、水産その他の学科目を加設することができる。女子については家事と裁縫を必修科目に加える。
      • 農業に関する学科目 - 作物、園芸、土壌、肥料、作物病虫害、畜産、家畜生理、蚕病、製糸、農業経済、造林、森林保護、森林利用、森林数学、森林経理、農林工学、獣医その他必要な事項から選択する。
      • 毎週教授時数は実習をのぞいて24時間以内とし、実習は1箇年につき2か月以内を課すことができる。
    • 本科生の他に中学校または高等女学校卒業者のために二部、特別な希望者のために選科および専修科がある。
    • 獣医学校(農学校の一種)
      • 修業年限 - 4年(特別の必要があるときは1年以内、延長することができる)
      • 入学資格 - 年齢14年以上、高等小学校卒業程度の学力を有するものを収容する。
      • 学科目 - 農学校とほとんど同じだが、実業に関する学科目および実習は獣医に関するものであり、解剖および組織、生理、病理、衛生、薬物および調剤、内科、外科、産科、獣医警察、蹄鉄、畜産等である。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革により、農学校は廃止され大半が新制の農業高等学校となった。

おもな農学校[編集]

北海道[編集]

東北[編集]

青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県

関東[編集]

茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
  • 足柄上郡農業補習学校(神奈川県立吉田島農林高等学校)
  • 組合立乙種鳩川農学校(1911年、組合立鳩川実科高等女学校)
山梨県
  • 山梨県農学校(1882年の山梨県農事講習所から)

信越[編集]

長野県
新潟県

北陸[編集]

富山県
石川県
  • 石川県農学校、石川県立農学校、石川県立松任農学校(農業講習所1877年から。のち石川県立松任農業高等学校 石川県立翠星高等学校
  • 石川県立農学校附設石川県立農業教員養成所(1918年、石川青年師範学校
  • 啓明学校、石川県専門学校(第四高等学校 (旧制)へ)
  • 穴水町立穴水農学校、石川県穴水高等学校(1946年、現:石川県立穴水高等学校
  • 石川県立津幡農学校(石川県立津幡高等女学校と統合し、石川県立津幡高等学校に)
福井県

東海[編集]

岐阜県
静岡県
愛知県
三重県

近畿[編集]

滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
  • 組合立上富田実業学校、和歌山県立西牟婁農学校、和歌山県立熊野農林学校、和歌山県立熊野林学校(1923年、現:和歌山県立熊野高等学校

中国[編集]

鳥取県
  • 久米川村農学校、倉吉農学校、鳥取県立農学校(1881年)
  • 鳥取県立農業学校教員養成所(1918年鳥取青年師範学校
島根県
岡山県
  • 岡山県農事講習所、岡山県農学校、岡山県高松農学校(1899年、現:岡山県立高松農業高等学校
  • 岡山県実業学校教員養成所(1922年、岡山県高松農学校内 岡山青年師範学校
  • 井原町立岡山県井原実業学校、岡山県後月農学校、岡山県立井原高等学校(現:岡山県立精研高等学校
  • 岡山県興除農学校、岡山県興除農学校(1929年、現:岡山県立興陽高等学校
広島県
山口県

四国[編集]

徳島県
香川県
愛媛県
高知県

九州・沖縄[編集]

福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

台湾[編集]

外地[編集]

  • 日本工農学校(中国 延安)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三好信浩(2016)『日本の産業教育:歴史からの展望』名古屋大学出版会. p.210

関連項目[編集]