奈良県立山辺高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奈良県立山辺高等学校
奈良県立山辺高等学校.jpg
過去の名称 豊農塾
組合立山辺農学校
奈良県立山辺農業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 奈良県の旗 奈良県
学区 全県一学区
全国(馬術部、ライフル射撃部、サッカー部入部希望者のみ)
校訓 友愛・努力・創意・開拓魂
設立年月日 1935年(昭和10年)
創立記念日 12月1日
共学・別学 男女共学
分校 山添分校
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
生物科学科
学科内専門コース 生活文化コース(普通科)
学期 3学期制
高校コード 29110C
所在地 632-0246
奈良県奈良市都祁友田町937番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

奈良県立山辺高等学校(ならけんりつ やまべこうとうがっこう、英語表記:Nara Prefectural Yamabe Senior High School)は、奈良県奈良市都祁友田町(旧・都祁村)に所在する公立高等学校

概要[編集]

歴史
1935年昭和10年)創立の農村青年修練城「豊原塾」を前身とする。農学校を経て1948年昭和23年)4月の学制改革で一旦新制農業高等学校となった後、同年9月の公立高等学校統合・再編により、普通科・農業科・家庭科を有する総合制の高等学校となった。1995年平成7年)に学科改編を行い、総合学科を設置し、2年後の1997年(平成9年)に従来の普通科・農業科・家庭科を廃止した。
奈良県の公立高等学校の中で唯一総合学科を設置していたが、入学する生徒の実態に合っていなかった。2013年(平成25年)に普通科と生物科学科(農業に関する学科)が新設され、事実上16年ぶりの復活となる。2015年(平成27年)に総合学科は廃止された。
2012年(平成24年)に創立75周年を迎えた。
分校
山添分校
所在地 - 〒630-2344 奈良県山辺郡山添村大西45-1(地図
設置課程・学科
本校
  • 全日制課程 2学科
    • 普通科(2013年(平成25年)4月新設)- 学びの開拓コース・生活文化コース
    • 生物科学科(2013年(平成25年)4月新設)- 地場産業である茶の栽培や製茶、また犬などの伴侶動物の飼育を学習することが特徴
山添分校
4年次は授業時間を少なくして、各自の課題に取り組む。
校訓
  • 「友愛」(個性を尊重し、心のつながりを大切にする人間)
  • 「努力」(常に粘り強い意志と、実行力を大切にする人間)
  • 「創意」(未来につながる希望と創造性を大切にする人間)
※また、以前農業学校であったこともあり、「開拓魂」が建学の精神となっている。
校章
1950年(昭和25年)に制定。創案は卒業生の高倉規作による。6つの峰を六芒星の形に似せて図案化し、中央に「高」の文字を置いている。
校歌
歌詞は3番まであり、1番に校名の「山辺」が登場する。

沿革[編集]

  • 1935年(昭和10年)4月2日 - 農村青年修練場「豊農塾」が開塾。
  • 1938年(昭和13年)4月1日 - 奈良県に移管される。
  • 1939年(昭和14年)8月1日 - 満州移民訓練所を併置。
  • 1946年(昭和21年)4月16日 - 「組合立山辺農学校」(実業学校)が開校。
  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)が行われる。
      • 農学校が廃止され、県立移管の上、新制高等学校奈良県立山辺農業高等学校」が発足。
    • 9月1日 - 高校三原則に基づく公立高等学校の統合・再編により、総合制の「奈良県立山辺高等学校」が発足。通常制普通課程・農業課程・家庭課程を設置。
    • 12月1日 - 本館が完成し、使用を開始。この日を創立記念日とする。
  • 1949年(昭和24年)2月1日 - 波多野分校を設置。
  • 1950年(昭和25年)
  • 1956年(昭和31年)3月31日 - 波多野分校を「山添分校」に改称。東里分校を奈良県立榛原高等学校に移管。
  • 1969年(昭和44年)3月31日 - 本館が新築完成。
  • 1973年(昭和48年)3月31日 - 運動場を拡張。格技室が完成。
  • 1974年(昭和49年)
    • 3月31日 - 寄宿舎と食堂が完成。
    • 12月20日 - 農機具実習室、車庫、燃料庫が完成。
  • 1976年(昭和51年)12月25日 - 体育館を改築。
  • 1978年(昭和53年)12月31日 - 第2運動場が完成。
  • 1981年(昭和56年)3月19日 - 北館を改築。
  • 1982年(昭和57年)10月30日 - ライフル射撃練習場が完成。
  • 1984年(昭和59年)3月30日 - 新校門が完成。
  • 1987年(昭和62年)3月10日 - 西館(特別教室棟)が完成。
  • 1991年(平成3年)3月25日 - 製茶実習室を改築。
  • 1992年(平成4年)3月31日 - 寄宿舎を閉鎖。
  • 1994年(平成6年)11月4日 - 情報処理基礎実習室と多目的情報処理室が完成。
  • 1995年(平成7年)4月1日 - 普通科・農業科・家庭科の募集を停止し、総合学科を新設。
  • 1996年(平成8年)
    • 3月31日 - 総合学科関連施設(学習センター、生物工学棟、自動車整備棟、福祉室等)が完成。
    • 11月20日 - 同窓会館「山翠庵」が完成。
    • 12月1日 - 創立50周年を記念して校歌碑を建立。
  • 1997年(平成9年)
    • 2月27日 - 校訓碑を建立。
    • 3月28日 - Ship21事業の一環として「山辺ふれあいパーク」が完成。
    • 3月31日 - 普通科・農業科・家庭科を廃止。
  • 1998年(平成10年)10月31日 - 格技場を改築。
  • 2000年(平成12年)11月7日 - 体育館を改築。
  • 2003年(平成15年)1月19日 - 第1回総合学科発表会を開催。
  • 2006年(平成18年)4月 - この年の入学生から制服を改定。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 総合学科の募集を停止し、普通科と生物科学科を新設(普通科と農業に関する学科が16年ぶりに復活)。[1][2]
  • 2015年(平成27年)3月31日 - 総合学科を廃止。

特色[編集]

  • 許可を取れば、単車免許・二輪免許(中免)・自動車免許(3年生夏期休業以降の長期休業中のみ)の免許取得が可能。
  • 通学条件を満たせば、許可を受けての単車通学も可能である。
  • 許可を受けて、休日アルバイト(特別アルバイト)、長期休業中のアルバイトも可能である。
  • 地元の奈良市立都祁中学校、天理市立福住中学校、山添村立山添中学校の3校の生徒が、全体の4分の1以上を占めている。
  • 馬術部、ライフル射撃部、サッカー部入部希望者を対象として、全国募集も実施している。

部活動[編集]

ライフル射撃部・馬術部は、高校総体(インターハイ)での優勝実績などもあり、全国でも強豪であり、高校総体や国体の常連でもある。

運動部
文化部
部局
  • ヒューマンライツクラブ
  • 総合学科企画
  • 吹奏楽
  • SSH連携

エピソード[編集]

  • 平成21年2月23日(月)毎日放送「ちちんぷいぷい」の「たむけん」の学校へいこうで紹介された。

著名な出身者[編集]

高等養護学校分教室[編集]

奈良県立高等養護学校の分教室が設置されている。2年次から受け入れ、農園芸コースの生徒が在校生と共に学習する[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “13年度公立高入試概要 県立全日制、8498人 募集人員、過去最少に”. 朝日新聞奈良版. (2012年10月17日) 
  2. ^ 平成25年度奈良県公立高等学校入学者募集人員 (pdf)”. 奈良県教育委員会 (2012年10月16日). 2012年10月20日閲覧。
  3. ^ http://www.pref.nara.jp/secure/121899/h27_48.pdf

関連項目[編集]

外部リンク[編集]