千葉青年師範学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千葉青年師範学校
(千葉青師)
創立 1944年
所在地 千葉県千代田町
(現・四街道市)
初代校長 鴫原篤二
廃止 1951年
後身校 千葉大学
同窓会 千葉大学
教育学部同窓会

千葉青年師範学校 (ちばせいねんしはんがっこう) は、1944年昭和19年) に設立された青年師範学校である。

概要[編集]

  • 1920年大正9年) 設立の千葉県立茂原農学校附属農業教員養成科を起源とする。
  • 1944年、千葉県立青年学校教員養成所 (1935年設立) が国に移管されて千葉青年師範学校となった。
  • 第二次世界大戦後の学制改革により、新制千葉大学学芸学部 (現・教育学部) の母体の一つとなった。

沿革[編集]

  • 1920年: 千葉県立茂原農学校 (現・千葉県立茂原樟陽高等学校) に茂原農学校附属農業教員養成科を設置。
    • 修業年限1年。小学校本科正教員資格を持つ者が対象。
  • 1921年4月: 千葉県実業補習学校教員養成所と改称。
    • 小学校本科正教員資格を持つ者および師範学校卒業者が対象。
  • 1932年: 入学者僅少により生徒募集停止。
  • 1935年千葉県立青年学校教員養成所と改称。
  • 1943年: 修業年限3年に延長。
  • 1944年4月1日: 官立移管され千葉青年師範学校設置 (本科3年制)。
  • 1945年長生郡本納町の本納実業学校校舎に移転。
  • 1946年4月: 四街道に移転。
  • 1947年: 家庭科 (女子部) を新設。
  • 1949年5月31日: 新制千葉大学発足。
  • 1950年4月: 千葉大学学芸学部を文理学部と教育学部とに改組。分校 (2年課程) を設置。
  • 1951年3月: 旧制千葉青年師範学校、廃止。

校地[編集]

千葉青年師範学校は、前身校の母体となった県立茂原農学校 (現・千葉県立茂原樟陽高等学校) に併設されたが、1945年に長生郡本納町の本納実業学校校舎に移転したのち、1946年4月、印旛郡千代田町 (現・四街道市) の旧陸軍野戦砲兵学校跡に移転した。同地には、戦災を受けた千葉師範学校女子部が前年9月に移転してきていた。四街道校地は後身の千葉大学学芸学部に引き継がれ、1950年、教育学部 (学芸学部から改称) 分校が置かれた。教育学部分校は1962年3月に廃止され、千葉市弥生町に統合移転した。

歴代校長[編集]

官立千葉青年師範学校
  • 校長: 鴫原篤二(1945年4月1日 - )
  • 校長: 宮瀬睦夫(1945年11月24日[1] - )
  • 校長: 水野治隆

著名な出身者[編集]

参考文献[編集]

  • 百年史編集委員会編 『百年史 : 千葉大学教育学部』 百年史刊行会、1981年11月。
  • 官報

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5664号、昭和20年11月28日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]