滝中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
滝中学校・高等学校
Taki Gakuen main building ac.jpg
過去の名称 滝実業学校
滝実業高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人滝学園
校訓 報恩感謝
質実剛健
勤勉力行
設立年月日 1926年大正15年):滝実業学校
1947年昭和22年):滝中学校、高等学校
創立者 滝信四郎
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
設置学科 普通科
高校コード 23535A
所在地 483-8418
愛知県江南市東野町米野1番地

北緯35度20分7.42秒 東経136度51分21.56秒 / 北緯35.3353944度 東経136.8559889度 / 35.3353944; 136.8559889座標: 北緯35度20分7.42秒 東経136度51分21.56秒 / 北緯35.3353944度 東経136.8559889度 / 35.3353944; 136.8559889
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
滝学園本館
滝学園講堂
滝学園図書館

滝中学校・高等学校(たきちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、愛知県江南市東野町米野にある私立中学校高等学校。中学・高校ともに男女共学である。

概要[編集]

中高一貫教育を実施するが、高校からの入学者も一部受け入れる。

ほとんどの教員が中高両方の授業を担当しており、中学から高校まで一貫した指導を中学一年時から行っている。

舟木一夫のヒット曲『高校三年生』にちなんだ主演映画『高校三年生』のロケが行われた学校である。

愛知県小牧市に本社を置く食料品製造業のタッキーフーズ株式会社(1965年設立)は、滝実業高等学校の農業科を分離し設立されたものである[1]

2020年令和2年)度より中学校にiPad,全教室に液晶テレビを導入して[2]、学習のICT化を図っている。また、この設備を利用して2021年(令和3年)度に分散登校とハイブリッド授業を実施した。[3]

制服は男子は標準的な学ラン、女子はブレザーとなっている。[4]

滝学園には、江南市名古屋市一宮市稲沢市祖父江町を含む)、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町岐阜県などから多くの生徒が通学している。

2021年令和3年)10月から、一宮駅 - 滝学園間のスクールバスの運行が開始された。

2022年(令和4年)春には、江南駅 - 滝学園間のスクールバスの運行が開始される。

歴史[編集]

創業者の滝信四郎は青少年の教育を重要と考え、1915年大正4年)に私立図書館の瀧文庫を設立する。その後、1926年(大正15年)に滝実業学校を開校した。

沿革[5][編集]

  • 1926年大正15年) - 滝実業学校開校(商業部・農業部)。
  • 1947年昭和22年) - 滝中学校併設。
  • 1948年昭和23年) - 学制改革により、滝実業学校を滝実業高等学校に改組(商業科・農業科)。
  • 1949年昭和24年) - 高等学校に普通科を新設。
  • 1962年昭和37年) - 農業科を畜産園芸科に改称。
  • 1964年昭和39年) - 滝実業高等学校を滝高等学校に改称。
  • 1967年昭和42年) - 畜産園芸科募集停止。
  • 1998年平成10年) - 商業科募集停止。
  • 2000年平成12年) - 普通科のみとなる。
  • 2001年平成13年) - 滝学園本館(1926年(大正15年))、同講堂(1933年(昭和8年))が国の登録有形文化財になる。
  • 2007年平成19年) - 滝学園2号館、3号館、および報恩館を取り壊し、新中学校舎を建設開始。
  • 2008年平成20年) - 新中学校舎完成、旧中学校舎の改装工事開始。
  • 2017年平成29年) - 図書館が文化審議会の答申で、登録有形文化財(建造物)に選ばれる[6]
  • 2019年令和元年)‐ 第4グランドが売却され、跡地が薬店になる。
  • 2021年令和3年)‐ 中学校と高等学校の各々に校長を設置。

年間行事[編集]

学園祭[編集]

毎年9月に長月祭と呼ばれる学園祭が開催される。2日間の文化祭と2日間の体育祭で構成される。

1991年(平成3年)は雨上がり決死隊よゐこ他1組、2004年(平成16年)は川嶋あい2005年(平成17年)にはMi2006年(平成18年)にはUNDER GRAPH2007年(平成19年)には鬼太鼓座2008年(平成20年)には175Rがゲストとしてライブを行っている。2004年(平成16年)までは所属生徒とその家族らのみを対象とした公開だったが、2005年(平成17年)には初のチケット制による一般対外公開が行われた。2011年(平成23年)には東京03TKOカルテット.、みちゃこ(本校卒業生の現・村瀬みちゃこ)、O☆SUなど多数のゲストが招かれた。なお、2012年(平成24年)から2年間、試験的に、招待券制度を廃止している。

2020年(令和2年)度と2021年(令和3年)度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止の措置がとられている。

土曜講座[編集]

2002年(平成14年)度から「学校5日制」の実施に伴い、新たな教育フィールドとして設けられた。年8回実施される。この他、毎年4月にはさまざまな分野で活躍している講師を招いた土曜講座記念講演会が江南市民会館で実施される。

また、生徒が講座を開講することも可能で生徒による個性を生かした講座が開かれている。


記念講演会の講師一覧

# 氏名 備考欄
1 ジェローム・フリードマン
宮川繁
2 梅原猛
3 李遠哲
4 C・W・ニコル
5 鎌田實
6 池田香代子
7 秋山仁
8 大谷貴子 [注釈 1]
9 渡辺興亜
10 斎藤孝
11 池田清彦
12 森永卓郎
13 小柴昌俊
14 養老孟司
15 丹羽宇一郎
16 天野浩
17 前刀禎明
18 森島邦博 [注釈 2]
19 岸博幸

クラブ活動[編集]

一部高校のみのクラブ活動もあり、基本的に中高別で活動している。中学1年、高校1年はクラブ活動への登録が必須とされている。[7] また、基本朝練は禁止、土日の活動も株式会社滝教育研究所に委託しており、教職員の働き方改革の実現にむけて動いている。

中学校[8][編集]

運動部[編集]

文化部[編集]

高等学校[9][編集]

運動部[編集]

文化部[編集]

課程・学科[編集]

高等学校の課程[編集]

全日制課程
  • 普通科 - 第1学年は内進生(内部進学生徒)のみ英語、数学、古典において2段階の習熟度別授業が実施されている。第2学年からは文理別のクラスとなる。人員比率はおよそ理系:文系 = 2:1となる傾向にあり、理系クラスは第3学年より理Iコース(理工農系)・理IIコース(医歯薬系)の2コースに分かれて授業を行う。コース内における人員比率はほぼ同等となる。
  • 商業科 - 1998年(平成10年)4月に募集停止。2000年(平成12年)3月に最後の卒業生を送り出し廃止。
  • 畜産園芸科 - 1962年(昭和37年)4月に農業科から改称。1967年(昭和42年)4月に募集停止。1969年(昭和44年)3月に最後の卒業生を送り出し廃止。
特別授業
  • 中学校、高校、共に春期・冬期休業時に5日間、夏季休業時には約3週間もの特別授業を毎年実施している。
  • 中学校では年に5回行われる定期考査での成績不振者を対象に、火曜学習会を実施している。
  • 1年間に8回、土曜講座が設けられている。
  • 尚、高校1年生で公立中学校出身者は、土曜講座開講日に、通常授業を強制的に3コマ受けることになっている。

施設[編集]

滝学園本館・講堂・図書館[編集]

滝学園本館は、1926年(昭和元年)に滝実業学校の開校に合わせて建設されたもので、鉄筋コンクリート造、2階建て。設計は村瀬國之助、施工を安藤建設が担当。講堂は、1933年(昭和8年)に建設されたもので鉄筋コンクリート造、屋根鉄骨トラス組、一部2階建て。設計は本館と同様に村瀬國之助が担当した[10]

講堂は学校行事による利用の他、放課後には演劇部によって使用されている。

2011年(平成23年)には、本館・講堂共に「国土の歴史的景観に寄与しているもの」として、国の登録有形文化財に登録された[10]

2021年(令和3年)現在、講堂は、天井の漆喰の崩落のため利用できない。

進路[編集]

例年、地元の名古屋大学名古屋工業大学を目指す学生が多いが、東京大学京都大学大阪大学慶應義塾大学早稲田大学東京理科大学明治大学といった非中部圏の大学への進学者も一定数輩出している。[11]

例年多くの生徒が医学部に進学する。

著名な出身者[編集]

アクセス[編集]

  • 名鉄バス:「滝学園前」バス停、「滝学園口」バス停、「滝学園北」バス停下車、徒歩ですぐ。
  • 名鉄犬山線 江南駅より徒歩で約20分(1.5km)。
  • 名鉄犬山線 布袋駅より徒歩で約30分(2.0km)。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 全国骨髄バンク推進連絡協議会会長である。
  2. ^ 2020年(令和2年)度は新型コロナウイルス感染拡大のため茂木健一郎の講演が予定されていたが中止となった。

出典[編集]

  1. ^ タッキーフーズ株式会社が会社分割により新設、ブロイラー鶏肉事業会社の株式取得に関するお知らせ (PDF)”. ユニーグループ・ホールディングス (2013年11月11日). 2014年1月8日閲覧。
  2. ^ タブレット端末説明会 / 中学校での学校生活 / 学校生活 / ホーム - 滝中学校・滝高等学校”. www.taki-hj.ac.jp. 2021年11月27日閲覧。
  3. ^ 分散登校とハイブリッド授業の様子 / 中学校での学校生活 / 学校生活 / ホーム - 滝中学校・滝高等学校”. www.taki-hj.ac.jp. 2021年11月27日閲覧。
  4. ^ 制服紹介 / 学校生活 / ホーム - 滝中学校・滝高等学校”. www.taki-hj.ac.jp. 2021年11月27日閲覧。
  5. ^ 沿革 / 沿革 / 学校案内 / ホーム - 滝中学校・滝高等学校”. www.taki-hj.ac.jp. 2021年11月27日閲覧。
  6. ^ 相坂穣 (2017年3月11日). “文化審議会答申 県内対象 重要文化財 万葉集(紀州本) 登録有形文化財 県立高13校正門など”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 県内版 26 
  7. ^ 滝学園の教育 / 学校生活 / ホーム - 滝中学校・滝高等学校”. www.taki-hj.ac.jp. 2021年11月27日閲覧。
  8. ^ 中学校部活紹介 / クラブ活動 / 学校生活 / ホーム - 滝中学校・滝高等学校”. www.taki-hj.ac.jp. 2021年11月27日閲覧。
  9. ^ 高校部活紹介 / クラブ活動 / 学校生活 / ホーム - 滝中学校・滝高等学校”. www.taki-hj.ac.jp. 2021年11月27日閲覧。
  10. ^ a b 滝学園本館・講堂(たきがくえんほんかん・こうどう)”. 文化財ナビ愛知. 2014年1月8日閲覧。
  11. ^ 卒業生の進路状況 / 大学進学に向けて / ホーム - 滝中学校・滝高等学校”. www.taki-hj.ac.jp. 2021年11月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]