岩手県立花巻農業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩手県立花巻農業高等学校
過去の名称 蚕業講習所
稗貫郡立農蚕講習所
稗貫農学校
岩手県立花巻農学校
岩手県立花巻農業学校
岩手県立花城農業高等学校
岩手県立花巻農業学校
国公私立の別 公立学校
設置者 岩手県
併合学校 岩手県立北上農業高等学校
設立年月日 1906年11月
創立記念日 5月25日
共学・別学 男女共学
分校 花巻農業高等学校 笹間分校(酪農家)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 生物科学科
環境科学科
食農科学科
学期 2学期制
高校コード 03117J
所在地 025-0004
岩手県花巻市葛第1地割68番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

岩手県立花巻農業高等学校(いわてけんりつはなまきのうぎょうこうとうがっこう)は、岩手県花巻市にある公立農業高等学校である。

略称は「花農」(はなのう)。宮沢賢治教諭として勤務した花巻農学校の後身に当たる学校として知られる。

設置学科[編集]

  • 全日制課程
    • 生物科学科
    • 環境科学科
    • 食農科学科

沿革[編集]

  • 1906年(明治39年) - 稗貫郡会において蚕業講習所設置。
  • 1919年(大正08年) - 稗貫郡立農蚕講習所と改称。
  • 1921年(大正10年) - 稗貫農学校と改称。
  • 1923年(大正12年) - 岩手県立花巻農学校と改称。
  • 1948年(昭和23年) - 岩手県立花巻農業高等学校と改称。
  • 1949年(昭和24年) - 岩手県立花城農業高等学校と改称。
  • 1952年(昭和27年) - 岩手県立花巻農業高等学校と改称。
  • 2003年(平成15年) - 岩手県立北上農業高等学校と統合し、新・花巻農業高等学校となる。

所在地[編集]

  • 岩手県花巻市葛第1地割68番地

アクセス[編集]

校名論争[編集]

現在の花巻農高は花巻市の姉妹都市である北上市との両県立農業高校を統合する形で2003年に発足したが、統合に当たっては場所や校名などをめぐって激しい議論が起きた。

北上農高OBや北上市農協(現・花巻農業協同組合)関係者らでつくる市民の会は、「どちらかの旧校名になると後々まで禍根が残る」と牽制し、新校名を「イーハトーブ高校」とするよう提案したが、結局宮沢賢治ゆかりの花巻農学校を前身とする花巻農業高校の名を残すことで決着した[1]

その他[編集]

校内に「賢治先生の家」と呼ばれる建物が保存されている。これは、もとは宮沢家の別宅だったもので賢治が独居自炊していたこともある(羅須地人協会)。賢治の生前は現在の花巻市桜町にあったが賢治の没後に売却されて現在地に民家として移築され、その後1969年に本校が移転した際に偶然にもそこに建っていたという曰くがある。外部の人も学校で鍵を借りて中を見学することが可能。玄関に掲げてある黒板には「下ノ 畑ニ 居リマス 賢治」と書かれてあり、当時の様子を偲ぶことができる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://matinoakari.net/news/item_36275.html 賢治ゆかりの校名論争

関連項目[編集]

外部リンク[編集]