新潟県立水原高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新潟県立水原高等学校
過去の名称 新潟県立水原農学校など
国公私立の別 公立学校
設置者 新潟県
設立年月日 1911年4月10日
閉校年月日 2007年3月31日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
所在地 959-2032
新潟県阿賀野市学校町3-9
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

新潟県立水原高等学校(にいがたけんりつ すいばらこうとうがっこう)は、新潟県阿賀野市学校町に存在した県立高等学校。新潟県立阿賀野高等学校の設立により2005年度(平成17年度)以降募集を停止し、2007年(平成19年)3月に閉校した。

概要[編集]

1911年明治44年)、水原農学校として開校。1948年昭和23年)に新制高校へ改組、1949年(昭和24年)に普通科設置に伴い水原高校と改称する。小学区制による高校入試が行われていた1965年(昭和40年)頃までは学区トップ校として位置付けられ、国立大学に於いては新潟大学を始め、旧帝国大学クラスにも少数ながら進学者を輩出していた。しかし1966年(昭和41年)に学区拡張により新発田学区と同学区になると、地元の生徒が新発田市内の公立高校へ多数流出し、代わりに新発田市内の公立高校へ進学出来ない生徒が多数入学するようになった。その為、徐々に学力低下や生徒の素行不良が問われる様になり、緩やかに凋落していってしまい、閉校する頃には学区内の公立高校では下位に甘んじてしまっていた。

沿革[編集]

教育目標[編集]

  • 互いに協力する
  • 自らの責任を果たす
  • 互いを尊重する

校歌[編集]

蒲原平野 空広き

水原町の 端にして

立つ研学の 我校舎

立つはふさわし 純朴の

民に沃土の 豊けきに


東に望む 秀嶺の

五頭山高し 三千の

尺もそのもと 低き土

日本海に そそぎ入る

阿賀の河波 影清し


自然の黙示 身にしみて

業を勤むる 我子弟

剛健の徳 質実の

風を重んじ 心して

行け向上の 一筋に

交通[編集]

主な卒業生[編集]

関連項目[編集]