押谷富三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

押谷 富三(おしたに とみぞう、1893年明治26年)2月5日[1] - 1985年昭和60年)4月15日[1][2])は、日本の弁護士政治家衆議院議員

来歴[編集]

滋賀県東浅井郡浅井町(現・長浜市)出身[1]1916年(大正5年)関西大学法科を卒業[1][2]。弁護士となる[1]

大阪府会議員3期を経て、1949年1月、第24回衆議院議員総選挙大阪府第2区から出馬し当選[2]。その後、第25回第26回第28回第30回総選挙で当選し、衆議院議員を通算5期務めた[1][2]。この間、 第4次吉田内閣法務政務次官第3次池田内閣第1次佐藤内閣文部政務次官、衆議院行政監察特別委員長、自由党総務、同政調会法務部長、自由民主党全国組織委員会副委員長兼文化部長、同総務、同在外資産問題議員懇談会副会長、同大阪府連会長などを歴任した[1][2]

1965年昭和40年、勲二等瑞宝章を叙勲。

1985年昭和60年)4月15日死去。

補註[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』142頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』156頁。

参考文献[編集]