領土・主権対策企画調整室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

領土・主権対策企画調整室(りょうど・しゅけんたいさくきかくちょうせいしつ)は、日本内閣官房に設置された政府機関である。略称は領土室領土対策室[1]

概要[編集]

2012年(平成24年)11月22日に内閣官房に設置された竹島問題対策準備チーム[2]を改組して、2013年(平成25年)2月5日に設置された。発足当時の担当大臣は、沖縄及び北方対策担当大臣であった山本一太[3]

尖閣諸島竹島北方領土などの領土をめぐる日本の主張を発信することを目的としている。外務省文部科学省などの出身者によって構成されている。北方対策本部などと連携して、領土や主権に関する広報活動を行っている[4]

日本のこの組織の設置に対して韓国は抗議している。韓国外交通商部の趙泰永報道官は、日本政府は竹島の侵奪、占拠という歴史的行為を反省しておらず、韓国政府は領土・主権対策企画調整室設置の撤回を促すとした。そして、竹島は歴史的にも地理的にも韓国固有の領土であり、日韓間には領土紛争は存在していないとし、何の根拠もない竹島の領有権主張を直ちにやめ、歴史を直視し過ちを正すように日本に要求した[5]

歴代の担当大臣[編集]

氏名 内閣 就任日 退任日 党派 備考
国務大臣(海洋及び領土問題に関する施策を集中的かつ総合的に
推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整担当)
Ichita Yamamoto cropped 4 Ichita Yamamoto and Voltaire Gazmin 20130905.jpg 山本一太 第2次安倍内閣 2012年12月26日 2014年9月3日 自由民主党
Replace this image JA.svg 小川惠里子   改造内閣 2014年9月3日 2014年12月24日 自由民主党
第3次安倍内閣 2014年12月24日 2015年10月7日 自由民主党 再任
島尻安伊子プロフィール写真.gif 島尻安伊子   第1次改造内閣 2015年10月7日 2016年8月3日 自由民主党
Replace this image JA.svg 松本純   第2次改造内閣 2016年8月3日 2017年4月1日 自由民主党
国務大臣(領土問題に関する施策を集中的かつ総合的に
推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整担当)
Replace this image JA.svg 松本純   第2次改造内閣 2017年4月1日 2017年8月3日 自由民主党
Tetsumaru Esaki-20061120.jpg 江崎鉄磨   第3次改造内閣 2017年8月3日 (現職) 自由民主党

歴代室長[編集]

氏名 在任期間 前職 後職
林肇 2013年(平成25年)2月5日
- 2014年(平成26年)7月4日[6]
インド次席公使 外務省欧州局長
相川一俊 2014年(平成26年)7月4日
- 2015年(平成27年)7月28日
外務省官房参事官 外務省軍縮不拡散・科学部長
市川正樹 2015年(平成27年)7月28日
- 2017年(平成29年)7月11日
内閣府経済社会総合研究所総括政策研究官 経済社会総合研究所次長
併任官房審議官
高田潔 2017年(平成29年)7月11日
-
財務総合政策研究所副所長
併任財務省官房参事官
現職

脚注[編集]

外部リンク[編集]