テラスモール湘南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テラスモール湘南
Terrace Mall Shonan
北口バスターミナルから見たテラスモール湘南
北口バスターミナルから見たテラスモール湘南
店舗概要
所在地 251-0041
神奈川県藤沢市辻堂神台一丁目3番1号
座標 北緯35度20分19秒 東経139度26分43秒 / 北緯35.33861度 東経139.44528度 / 35.33861; 139.44528座標: 北緯35度20分19秒 東経139度26分43秒 / 北緯35.33861度 東経139.44528度 / 35.33861; 139.44528
開業日 2011年平成23年)11月11日[1]
正式名称 テラスモール湘南
施設所有者 特定目的会社湘南インベストメント
施設管理者 住商アーバン開発株式会社[3]住友商事グループ)
敷地面積 59,147.40 m²
延床面積 168,318 m² (容積率285%)
商業施設面積 約63,000[3]
中核店舗 サミット[4]
KEYUCA[4]
UNIQLO
H&M
ZARA[4]
GAP
無印良品
ロフト[4]
ユザワヤ[4]
ゼビオ
アカチャンホンポ
有隣堂
ノジマ[4]
山野楽器
109シネマズ
店舗数 281店舗[3]
営業時間 レストラン街 11:00 - 23:00
サミットストア 9:00 - 25:00
109シネマズ 9:30 - 24:00
セブン-イレブン 24時間営業
上記以外 10:00 - 21:00
駐車台数 2,500(駐輪台数3,156)台
前身 関東特殊製鋼本社工場[2]
商圏人口 119万人(10 km圏)
最寄駅 辻堂駅
最寄IC 藤沢IC
外部リンク テラスモール湘南 公式サイト
テンプレートを表示
テラスモール湘南
テラスモール湘南の位置(神奈川県内)
テラスモール湘南
情報
用途 ショッピングセンター、駐車場
設計者 大成建設株式会社一級建築士事務所
施工 大成建設横浜支店
建築主 特定目的会社湘南辻堂インベストメント
事業主体 住友商事[3]GICリアルエステート[3]
管理運営 住商アーバン開発
構造形式 鉄骨造
敷地面積 59,147.40 m²
建築面積 41,395.64 m² (建蔽率70%)
延床面積 164,210.85 m² (容積率278%)
階数 SC棟/ 地上:5階、塔屋:1階
駐車場棟/ 地上:6階、塔屋:1階
ヴィレッジ棟/ 地上:2階
高さ 31.95 m
着工 2010年9月29日[5]
竣工 2011年11月
開館開所 2011年11月11日[1]
テンプレートを表示
特定目的会社湘南辻堂インベストメント
種類 特定目的会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内三丁目2番3号 東京共同会計事務所内
業種 不動産業
代表者 荒川真司(取締役
資本金 63億9211万4000円
(2010年12月31日時点)
営業利益 △4億4907万9000円(2010年12月期)
純利益 △4億5005万円(2010年12月期)
純資産 63億9211万4000円
(2010年12月31日時点)
総資産 219億2180万円
(2010年12月31日時点)
決算期 12月末日
主要株主 住友商事GICリアルエステート
特記事項:届出番号:関東財務局長(会)第898号
テンプレートを表示

テラスモール湘南(テラスモールしょうなん)は、神奈川県藤沢市辻堂神台一丁目の湘南C-X内に立地する複合商業施設である。事業主は特定目的会社湘南インベストメントで、住商アーバン開発株式会社が運営している[6][7]

概要[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道線上野東京ライン湘南新宿ライン辻堂駅北口に、2011年平成23年)11月11日にオープンした商業施設[1]湘南地域最大級の大型ショッピングモール[8]。 辻堂駅北口と歩行者デッキで直結している[3]

関東特殊製鋼本社工場跡地を再開発する湘南C-Xの中核のA-1街区にあたり、湘南地域最大の同モールはC-X事業の目玉とされている[2]

2007年春に発表された当初計画は地上5階地下1階(一部6階)建て総床面積も約20万m2であったが、リーマンショック後の不況の影響で地下駐車場をなくす等規模が縮小され、完成も当初の予定より1年3カ月遅れることになった[9]。 建物は地上4階建て(駐車場は一部5階まで)で、延床面積17万m2(うち、店舗面積は約6万3000m2)となった[2]

上層階へ向かって段丘状に外壁を後退させて緑を配置した緑の丘をイメージした建物となっている[2]。 「人々が集う丘」をコンセプトに、相模湾に面した湘南エリアの特徴を活かしつつ、ファッションを中心に世界初や日本初出店、神奈川県内初出店の36店舗も含め281店舗が出店している。

当館にシネマコンプレックス109シネマズが出店[4]することの影響を受け、2010年(平成22年)8月31日フジサワ中央が閉館することとなった[10]

開業前の想定では東は大船駅から西は小田原駅までの範囲を商圏として初年度売上高400億円を目指していたが[8]、横浜市内や静岡県内からも集客して初年度は来館者数約2370万人で売上高は約509億円[11]、2013年(平成25年)度の売上高が約522億円で神奈川県内のショッピングセンターではラゾーナ川崎プラザに次いで2位となる[6]など、順調に集客と売り上げを伸ばしている。

集客力が想定を上回ったため、平日の夕方や休日には周辺の道路が渋滞し、辻堂駅北口を発着する路線バスの遅延の慢性化などの弊害も生じている[8]

主要施設の営業時間はスーパーコンビニエンスストア、映画館、飲食店を除き10:00 - 21:00となっている。

フロアは各階ごとに個別のコンセプトを持つ。

「湘南マルシェ」と称する食品販売ゾーンと、「湘南ヴィレッジ」と称する戸建店舗ゾーンがある。
  • 2階 - ファッション中心の「都市型ファッションフロア」
  • 3階 - ホビー雑貨とファッションの「カジュアルアイテムフロア」
「潮風キッチン」と称するフードコートがある。
  • 4階 - 書籍家電、映画館の「時間消費型フロア」

テナント[編集]

各テナントの詳細は下記の公式サイト「ショップガイド」を参照。

沿革[編集]

アクセス[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “「テラスモール湘南」オープン、エコや防災の設備充実”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2011年11月11日)
  2. ^ a b c d “計約280店の「都市型多核モール、湘南C‐X商業施設の計画概要発表”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2010年1月19日)
  3. ^ a b c d e f g “湘南最大の商業施設「テラスモール湘南」、辻堂駅北口にオープンへ”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2011年11月9日)
  4. ^ a b c d e f g “湘南C-Xの中核テナント決定、スーパーなど14店舗”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2011年3月10日)
  5. ^ JR辻堂駅北口前 湘南C-X;A-1街区 大規模商業開発「湘南辻堂プロジェクト 本日着工」 2011年11月開業予定 (PDF) - 住友商事、住商アーバン開発
  6. ^ a b “テラスモール好調、24億増の522億円に 13年度売上高”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2014年4月12日)
  7. ^ 「湘南辻堂プロジェクト」核店舗14店が決定 (PDF) - 住友商事住商アーバン開発
  8. ^ a b c “テラスモール湘南1周年、広域から集客で業績好調 周辺地域では渋滞も”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2012年11月9日)
  9. ^ “湘南C-X商業施設は11年末開業、当初計画より1年3カ月の遅れに”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2009年12月24日)
  10. ^ “60年の歴史持つ映画館「フジサワ中央」が8月末閉館、シネコン急増に対抗できず”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2010年7月27日)
  11. ^ “売上高509億円達成 テラスモール湘南開業1年、目標27%上回る”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2012年11月21日)
  12. ^ a b “湘南C-X来年11月開業へ、大型商業施設が着工”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2010年9月29日)
  13. ^ a b c 都市再生特別措置法に基づく民間都市再生事業計画の認定について (PDF) - 国土交通省都市局まちづくり推進課

関連項目[編集]

外部リンク[編集]