日高慶太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「日髙慶太」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
日髙 慶太 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヒダカ ケイタ
ラテン文字 HIDAKA Keita
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-02-19) 1990年2月19日(28歳)
出身地 東京都世田谷区
身長 177cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ブラウブリッツ秋田
ポジション MF
背番号 8
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2015 モンテディオ山形 1 (0)
2013 FC町田ゼルビア (loan) 6 (0)
2016- ブラウブリッツ秋田 29 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

日髙 慶太(ひだか けいた、1990年2月19日 - )は、東京都世田谷区出身のプロサッカー選手。ポジションは、ミッドフィールダー(MF)。

叔父日本サッカー協会会長の田嶋幸三[1]で、その夫人の土肥美智子は叔母(美智子の姉の子が慶太)、従兄弟はプロサッカー選手の田嶋凜太郎となる[2]

来歴[編集]

少年時代は、横浜市金沢区六浦に拠点を置くクライムイレブンで活躍後、横浜F・マリノスプライマリー、同ジュニアユースを経て、桐蔭学園高校に進学。2006年にはU-16日本代表として北海道国際ユースサッカー大会に出場した[3]慶應義塾大学に進み、1年時には関東大学サッカーリーグ戦1部昇格を経験。

2012年より、モンテディオ山形へ入団[4]2013年7月、FC町田ゼルビア期限付き移籍[5]2014年は山形へ復帰[6]。同年9月28日、J2第34節讃岐戦でJリーグ初出場を果たした。

2016年ブラウブリッツ秋田に移籍[7]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2012 山形 20 J2 0 0 - 0 0 0 0
2013 0 0 - - 0 0
2013 町田 35 JFL 6 0 - - 6 0
2014 山形 20 J2 1 0 - 2 0 3 0
2015 J1 0 0 5 0 1 0 6 0
2016 秋田 6 J3 29 2 - 2 0 31 2
2017 10 15 1 - 1 0 16 1
2018 8 -
通算 日本 J1 0 0 5 0 1 0 6 0
日本 J2 1 0 - 2 0 3 0
日本 J3 44 3 - 3 0 47 3
日本 JFL 6 0 - - 6 0
総通算 51 3 5 0 6 0 61 3

タイトル[編集]

クラブ[編集]

慶應義塾大学

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “秋田今季初勝利 日高が叔父田嶋会長の前でJ初得点” (日本語). 日刊スポーツ. (2016年4月4日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/1626531.html 2016年4月4日閲覧。 
  2. ^ 田嶋会長の息子・凜太郎 慶大サッカー部からVVVフェンロに移籍”. スポニチ (2016年8月4日). 2017年4月5日閲覧。
  3. ^ 【モンテ】新戦力[6]MF日高慶太 複数ポジション対応 山形新聞、2012年2月6日
  4. ^ 慶應義塾体育会ソッカー部所属日高慶太選手 来季加入内定のお知らせ モンテディオ山形オフィシャルサイト、2012年11月13日
  5. ^ 日髙慶太選手 期限付き移籍加入のお知らせ FC町田ゼルビアオフィシャルサイト、2013年7月30日
  6. ^ 日高慶太選手 復帰のお知らせ モンテディオ山形オフィシャルサイト、2013年12月17日
  7. ^ 日髙慶太選手、モンテディオ山形より完全移籍のお知らせ - 2016年1月7日 ブラウブリッツ秋田公式サイト

関連項目[編集]