土肥美智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土肥美智子 (どひ・みちこ、: Dohi Michiko1965年10月20日 - ) は、日本のスポーツ医学者である。夫は日本サッカー協会会長の田嶋幸三、甥(姉の子)はプロサッカー選手日高慶太

概要[編集]

1965年生まれ、東京都出身。白百合学園高校千葉大学医学部を卒業。現在、国立スポーツ科学センタースポーツ医学研究部に副主任研究員(内科医)として所属している[1]。専門はスポーツ外傷診断学。2008年に行われた北京オリンピック2010年に行われた広州アジア大会2012年に行われたロンドンオリンピックにおいてスポーツドクターとして選手団に帯同している[2][3][4]。また、現在FIFAの医学委員会委員、女子委員会委員を務めている[5][6]日本サッカー協会においてはスポーツ医学委員を2010年と2011年に務めている[7]。以前は、福島県楢葉町Jヴィレッジ内にある、FIFAゴールプログラムとして世界初のスポーツ医学施設[8]であるJFAメディカルセンターに勤務していた[9]。 2002年 東京慈恵会医科大学 医学博士 論文は「レーザー照射時におけるグラディエントエコーを用いた組織モニタリングの実験的評価」[10]

論文[編集]

  • スポーツ医学における女性医師の役割について : 女性アスリート138名を対象としたアンケート調査結果の解析
  • 北京オリンピックにおけるメディカルサポート
  • 画像診断医からみたアスリートの特徴 (特集 スポーツドクターとアスリート)
  • 時差症候群 (予防としてのスポーツ医学--スポーツ外傷・障害とその予防・再発予防) -- (内科・その他の疾患とその予防)
  • スポーツ外傷・障害のMRI検査のコツと診断のピットフォール(13)疲労骨折とシンスプリント
  • スポーツ外傷・障害に対する高気圧酸素療法 : トップアスリートを対象として

他多数

脚注[編集]

  1. ^ スポーツ医学研究部 国立スポーツ科学センター公式サイト、2012年10月18日閲覧。
  2. ^ 国立スポーツ科学センター アスリートのためのMRI装置の現状と未来を探る hitachi-medical.co.jp、2012年10月18日閲覧。
  3. ^ The 16th Asian Games Guangzhou 2010 Headquarters (PDF) 日本オリンピック委員会公式サイト、2012年10月18日閲覧。
  4. ^ プロフィール 本部員(メディカルスタッフ/ドクター)土肥 美智子(どひ みちこ) 日本オリンピック委員会公式サイト、2012年10月18日閲覧。
  5. ^ Committee for Women's Football and the FIFA Women's World Cup (TM) FIFA.com、2012年10月18日閲覧。
  6. ^ Medical Committee FIFA.com、2012年10月18日閲覧。
  7. ^ 平成23年1月9日 大分県別府市ビーコンプラザにて第2回全国医学委員長会議を開催 jfa.or.jp、2012年10月18日閲覧。
  8. ^ JFAメディカルセンターのセレモニーにFIFAブラッター会長が出席 jfa.or.jp、2012年10月18日閲覧。
  9. ^ 世界が注目するスポーツ医学施設:JFAメディカルセンター 1.2TオープンMRI「OASIS」による研究を開始 innervision.co.jp、2012年10月18日閲覧。
  10. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]