邊峻範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
邊 峻範 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ビョン ジュンボン
ラテン文字 BYEON Jun-Byum
ハングル 변준범
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1991-02-05) 1991年2月5日(27歳)
出身地 済州特別自治道済州市
身長 185cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府
ポジション DF
背番号 3
利き足 右足
ユース
華北小学校
2004-2006 済州中学校
2007-2009 大起高等学校朝鮮語版
2010-2013 建国大学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2016 日本の旗 サンフレッチェ広島 0 (0)
2016 日本の旗 清水エスパルス (loan) 10 (0)
2016-2017 日本の旗 清水エスパルス 7 (1)
2017 日本の旗 ツエーゲン金沢 (loan) 5 (0)
2018- 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

邊 峻範(ビョン ジュンボン、ピョン・ジュンボム、朝鮮語: 변준범{{{2}}}ラテン翻字: Byeon Jun-Byum1991年5月2日 - )は、大韓民国出身のプロサッカー選手。ポジションはディフェンダーJリーグヴァンフォーレ甲府所属。

来歴[編集]

済州島出身。父親は元テコンドーの選手[1]

小学校の同級に池東沅がおり、中学校時代に共に南中部済州選抜として全国少年体育大会(大韓民国全国体育大会少年大会)に出場し3位入賞している[2]

2008年大起高等学校朝鮮語版時代にも済州選抜に選ばれ主力センターバックとして大韓民国全国体育大会(2種)に出場、優勝を飾る[2]。U-18韓国代表に選出された[2]

2010年、韓国大学サッカーの名門である建国大学校へ進学する[2]。大学2年生からCBとしてレギュラーに抜擢され[2]、2013年大学4年時はキャプテンを務めた。2013年デンソーカップ韓国大学選抜、同年度韓国大学界屈指のCBと評価されていた[1]。これに広島の足立修スカウトが獲得に向け動いたことと、大学の1年先輩である金範容の存在が、Kリーグではなく日本行きへと向かった[1]

2014年、サンフレッチェ広島と契約する[1]。同期入団は、皆川佑介茶島雄介高橋壮也大谷尚輝川辺駿宮原和也

2016年、清水エスパルスに期限付き移籍。同年8月に完全移籍[3]

2017年7月、ツエーゲン金沢に期限付き移籍[4]

2018年、ヴァンフォーレ甲府へ完全移籍[5]

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 広島 3 J1 0 0 0 0 1 0 1 0
2015 0 0 2 0 1 1 3 1
2016 清水 15 J2 17 1 - 2 0 19 1
2017 J1 0 0 4 0 0 0 4 0
金沢 33 J2 5 0 - 0 0 5 0
通算 日本 J1 0 0 6 0 2 1 8 1
日本 J2 22 1 - 2 0 24 1
総通算 22 1 6 0 4 1 32 1
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2014 広島 3 0 0
通算 AFC 0 0
  • 公式戦初出場 : 2014年7月12日 天皇杯2回戦対福岡大学戦(竹ヶ端)
    • 先発出場、52分塩谷司と途中交代
  • 公式戦初得点 : 2015年11月11日 天皇杯4回戦対徳島ヴォルティス戦(鳴門)
    • 先発出場、90+3分ゴール

代表歴[編集]

  • 2008年 U-18韓国代表
  • 2013年 韓国大学選抜

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]