進藤亮佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
進藤 亮佑 Football pictogram.svg
名前
カタカナ シンドウ リョウスケ
ラテン文字 SHINDO Ryosuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-06-07) 1996年6月7日(24歳)
出身地 北海道札幌市
身長 183cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 セレッソ大阪
ポジション DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2020 北海道コンサドーレ札幌 119 (10)
2015 Jリーグ・アンダー22選抜 14 (2)
2021- セレッソ大阪
代表歴2
2019 日本の旗 日本 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年12月21日現在。
2. 2019年12月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

進藤 亮佑(しんどう りょうすけ、1996年6月7日 - )は、北海道札幌市白石区出身のサッカー選手セレッソ大阪所属。ポジションはDF日本代表

来歴[編集]

2012年にコンサドーレ札幌U-18に入る。2014年10月31日にトップチームへの昇格が発表された[1]。同年にU-18Jリーグ選抜に選出。2015年にコンサドーレ札幌のトップチームに入団した。

2017年は8試合の出場にとどまったが、翌2018年は監督のミハイロ・ペトロヴィッチにその才能を見出され、3バックの右に定着。プロ4年目で初のリーグ戦全試合フル出場を果たした[2]

2019年5月4日、第10節のヴィッセル神戸戦で美しいバイシクル・キックで得点を決め、直近4試合で3得点という活躍を見せた[3]。この試合での得点はチーム内では令和最初のゴールとなり、先の4月28日にも平成最後のゴールも決めていたため、両方記録した選手として話題になった[4][3]

同年の11月6日、国際親善試合のベネズエラ戦に挑む日本代表に初選出された[5]

2021年シーズンよりセレッソ大阪でプレーすることが発表された[6]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 札幌 35 J2 0 0 - 2 1 2 1
2016 23 0 - 0 0 23 0
2017 J1 8 0 8 1 1 0 17 1
2018 34 4 0 0 1 0 35 4
2019 3 33 6 7 0 0 0 40 6
2020 21 0 4 0 - 25 0
2021 C大阪
通算 日本 J1 96 10 19 1 2 0 117 11
日本 J2 23 0 - 2 1 25 1
総通算 119 10 19 1 4 1 142 12

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2015 J-22 - J3 14 2 14 2
通算 日本 J3 14 2 14 2
総通算 14 2 14 2

タイトル[編集]

チーム[編集]

北海道コンサドーレ札幌

代表歴[編集]

出場大会[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 札幌U-18DF進藤のトップチーム昇格が決定 ゲキサカ (2014年10月31日記事) 2016年7月14日閲覧
  2. ^ タフ且つクリーンな証拠! 今季のJリーグで全試合フルタイム出場を果たした選手たち サッカーキング (2018年12月4日記事) 2018年12月27日閲覧
  3. ^ a b 直近4戦3発! 札幌22歳DF、FW顔負けの圧巻バイシクル弾に称賛「持っている男」FOOTBALL ZONE(2019年5月4日)
  4. ^ 札幌進藤オーバーヘッド弾「頭の片隅に」美技を想定 日刊スポーツ 2019年5月4日
  5. ^ 札幌DF進藤「人生で1番うれしい」A代表初選出日刊スポーツ(2019年11月6日)2019年11月17日閲覧。
  6. ^ 進藤 亮佑選手 完全移籍加入のお知らせセレッソ大阪 2020年12月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]