水腎症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水腎症(すいじんしょう、hydronephrosis)とは、尿路通過障害などのため腎盂尿管が拡張した状態を言う[1]。尿路通過障害のほか膀胱尿管逆流症が原因の場合もある[1]

先天性水腎症では発生異常、後天性水腎症では尿路結石腫瘍炎症などを原因とする。

両側の尿路閉塞では腎後性無尿を生じ、急性腎不全になる。一時的に経皮的腎瘻を造設することもあるが、通過障害の原因を取り除くことが第一である。

脚注[編集]

  1. ^ a b 用語の定義と概念”. 日本緩和医療学会. 2021年12月29日閲覧。

関連項目[編集]

尿流の停滞に伴い、尿路感染症が生じ腎盂腎炎を併発した場合には高熱が生じる。

参考文献[編集]

  • 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(大動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006

外部リンク[編集]